29歳で大手企業の未経験の業界、職種に転職できた転職体験談。絶対無理なわけではない。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

29歳で大手企業の未経験の業界、職種に転職できた転職体験談。絶対無理なわけではない。

新卒が優遇される日本の採用活動。

20代前半、第二新卒としてであれば未経験の職種であってもまだ選択肢はそれなりに豊富で転職もしやすいですが、20代後半になるとかなり難易度は増すのが現実です。

ただ中には20代後半でも全くの未経験の業界、職種へ、しかも名の知れた大手企業への転職を成功させた人もいます。

今回紹介するのは実際に29歳に未経験の仕事で大手企業への転職を成功させた人の話。

現在転職するかどうか迷っている人、転職しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

29歳から大手企業への未経験者転職成功体験談

私が転職したのは約2年前。29歳の時にそれまでとは全く違い業界、職種へと転職しました。

今回そんな私の転職体験談を話していきたいと思います。

新卒で就職してから転職まで

元々仕事に対しては不満しかありませんでした。

就職活動もあまり上手く行かずに希望の業界には行けずじまい、職種も配属先が希望通りにいかずじまい。

数年経てば、仕事ができるようになってくれば楽しくなるなんて言う人もいましたが、私の場合は残念ながら全くそんなこともありませんでした。

ただだからと言って転職するという決断にはなかなか至りませんでした。

最初はとりあえず3年は働かないとという思いが強かったし、勤めていた会社はそれなりに大手で待遇も決して悪くはない会社。

仕事内容には不満があったものの、それなりに高い評価は貰っていて人間関係も良好。

気が付けば3年たった後もずるずると働き続けて、気が付けば29歳。その頃にはもうこの仕事から離れることはないのかななんて気持ちを持つようになっていました。

転職活動をはじめたきっかけ

そんな私が転職活動を始めたきっかけは、たまたま見た求人。

就職してからとりあえず登録して放置していた転職サイトで、たまたま大手企業の求人を見かけたのです。

その求人では第二新卒と書かれていながらも年齢は30歳未満なら応募可。

あれば望ましいと書かれている職種経験はあったものの、必須の経験はなし。

職種経験は全くないもののスキルとして歓迎されていた英語力は海外勤務が1年だけあったのでそこそこ自信あり。

もしかしたらといけるのではないか思いました。

転職を意識し、転職活動を始めたのはこれがきっかけ。そこから具体的に転職エージェントに登録して転職活動を開始しました。

半ば諦め、でもやるだけやってみた

転職エージェントに登録してみると、未経験でも可能で自分の希望をそれなりには満たす求人が多少はあることを改めて知りました。

決して多かったわけではないし、転職エージェントの担当者からもおすすめされたわけではありません。

ただ最低限の応募要件には満たしていました。

もちろん応募要件に満たしているからといって楽観的になれるほど馬鹿ではありません。

応募したところで未経験者なら若い人の方がいい。29歳というぎりぎりの年齢である自分が受かる可能性は相当低いでしょう。

ですからまあ無理だろうと半ば諦めてはいました。ただ別に受けてみても損することはないし、やれるだけやってみようと思い、応募に踏み切ったのです。

転職活動でアピールしたこと

受けた5社のうち3社は書類選考に通りませんでしたが、2社は面接に進むことができました。

結論から言うと、その2社から内定がでることになります。

どちらも大手有名企業。まさかここまで上手くいくとは思いませんでした。

転職活動では、前職でどういった仕事をやってきたか、どういう実績を残してきたかということを、数字を出して説得力を強めながらアピールしました。

特に重要視したのは、どんな仕事でも通じること。

コミュニケーション力はもちろん、いかに周りを巻き込むか、いかに論理的に考えて行動するか、どのように目標を立てるかといったことを重視しました。

そういった点を評価してくれたのでしょうか。

転職後のこと

29歳から未経験で全くの未経験の仕事に就くというのは中々大変なイメージを持っている人も多いかもしれません。

ただ私の中ではそこまでめちゃくちゃ苦労したという実感はありません。

確かに最初は知識が全くわからないうえに会社のシステムもわからないし、人脈もないので中々頼れない。

20代前半の人ならまだしも、30歳直前の人に中々優しくもしてくれませんしね。

ただ大手だと全く違う仕事に異動することも少なくはないこと。

私自身一度1年間の海外転勤を経験していて、全くではないものの近い状態を経験していましたし、前の会社にいたっていずれはそうなっていたと思ったらそんなにストレスにはなりませんでしたね。

実際、3ヶ月も経てばなんだかんだ仕事は進めれるようになるし、職場にも馴染めることはできました。

29歳での未経験業界、未経験職種への転職難易度について

今回の転職事例のように、29歳からであっても未経験者であっても大手に転職できた人もいます。

ただ皆が皆、そんなに簡単にできるかというとそういうわけではないのも事実。

ここで改めて、29歳からの未経験転職の難易度について確認しましょう。

難易度は高いが大手へ転職できる可能性もゼロではない

未経験業界への転職に限れば実はそれほど難易度が高いものではありません。

ただ職種を変えるとなると、難易度は格段に高くなります。

まず選択肢はかなり少ないのが現実。

30歳未満可、年齢不問といった求人の多くは中小企業が多かったり、販売職や営業職といった仕事が中心。

20代前半で第二新卒として転職する場合に比べると選択肢がかなり減ってしまいます。

もちろん今回紹介したように大手でかつ上記で紹介したような職種以外の求人もゼロではありません。

ただそういった求人は当然倍率も高くなりますし、第二新卒者等若い人もばんばん受けます。

29歳という30代間近の年齢であれば、それなりに実績を積んだ人でないと内定を貰えることはできないでしょう。

ただ転職できる可能性を考えればゼロではありません。いくら求人自体が少なくても倍率が高くても、受かる人はいますからね。

30歳になると可能性は格段に低くなってしまう

これが30歳、たった一つ年齢が増えるだけで可能性は格段に低くなってしまいます。

求人のうち30代未満、ようするに20代であることを条件にしているものは多く、30歳になっただけで応募できる求人が格段に減ってしまうのです。

28歳と29歳の違いと、29歳と30歳の違い、どちらもたった1歳差ではありますが、経験者採用の場合と違って未経験者採用の場合は全く違います。

だめで元々、とにかくやってみることが大事

正直狙っている職種、これまでの実績次第ではいくら売り手市場の現在であっても希望通りの転職ができるとは限りません。

実際、やってみたけどだめだったという人もいるでしょうし、そもそも希望の求人は見つからなかったという人もいると思います。

ただだめで元々、やるだけやってみる価値はあるのではないかなと思います。

少なくとも求人については調べてみるくらいはしたほうがいいでしょう。

まだまだ先の長い会社生活。今のまま何もせずにすごすより、少しでも可能性があるならチャレンジしてみて下さい。

ただ調べると言っても単に転職サイトで調べるだけではだめ。

求人のほとんどは非公開求人となっているので転職エージェントに登録して非公開求人に狙いの求人があるか確認して貰わなくてはなりません。

まずは転職サービスで求人をチェック

もしあなたが今の仕事に不満があるならぜひ転職サービスで求人をチェックするところから確認してください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ