有利なはずの20代の転職活動が上手くいかない原因。自信が過信になっては絶対だめ。

仕事を覚えるのが早い、職場になじみやすい、成長に期待できるといった理由から転職市場での人気が高く転職活動を有利に進めることができるのが20代。

特に近年は若手の人材不足が深刻化しており、転職のしやすさはさらに強くなってきています。

ただそんな20代でも転職活動を始めてみると中々上手くいかないと悩む人、そして転職すること自体を諦めてしまう人も実は少なくありません。

まずは面談をして自分の市場価値を確認しよう

自分のスキルや年齢を考慮した年収の目安を知りたい方はまず面談をしてみましょう。

転職サイトに登録するだけでも情報は確認できますが、面談をすることでより市場価値の把握が正確になります。

自分は年収が上がらないと思っていても、面談を通じて自分の市場価値の高さに気がつけるかもしれません。

おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

20代は転職市場でかなり有利、でもうまくいかない人もいる

転職するなら20代のうちにしておくべき。そんな言葉もあるくらい、転職での20代の優位性は際立っています。

そしてそれはデータでも明らか。

転職活動に要する期間では、20代の9割が3ヶ月以内に終わらせることが出来るのに対し、30代では8割、40代では6割と年齢が高くなるにつれて長くなります。

また平均応募社数も20代が14社程度であるのに対して30代で17社、40代だと23社程度と年齢が高くなるにつれて増えていきます。

また未経験者採用などでは30代未満という年齢制限を課している場合も少なくはなく、選択肢の幅広さという観点で見ても際立っています。

ひと昔前までは入社3年以内に転職する人は忍耐力がないすぐ辞める人なんてイメージを持たれ転職が不利になる要因になっていたのですが、現在は第二新卒採用が活発になりそんなこともなくなりました。

企業にとって20代は仕事に馴染みやすく長期的な視点でも成長を期待でき、それでいて新卒よりも経験があるかなりありがたい存在。それ故に多くの企業が20代を望んでいるのです。

実際30代になってから転職を始めた人の中には20代のうちに転職しておけば良かったと感じる人も少なくはありません。

もちろん30代、40代になったから転職が難しいというわけではなく、経験者採用で高いスキルを望まれる場合は年齢が高い方を望まれる場合もありますからどんな場合でも20代が有利であるとは限りませんが、求人数や採用ハードルの高さで言うと20代であることはかなりのメリットであると言えます。

ただそんな20代であっても中々転職活動がうまくいかないという人は少なくないのが現実です。

いくら応募しても内定を貰えない、書類選考に通過しない。転職活動が長期化して途中で諦め転職活動自体を辞めてしまう人だっています。

いくら有利な20代とは言え、皆が皆希望通りの転職を実現することができているわけではないというのが現実なのです。

20代の転職活動が上手くいかない原因

有利であるはずの20代の転職。これが上手くいかない原因はいくつか考えられます。

20代であることに過信しすぎている

いくら年齢面で有利であるとは言え、やるべきことをやらなくては転職活動は上手くいきません。

履歴書や職歴書の書き方、面接での態度、対応、答え方、面接時の服装。内定にたどりつくには手を抜かずに守るべきルールを守りしっかり準備しなくてはなりません。

30代に比べて20代に人は転職が厳しいもの、大変なものだという認識が少なく、それ故に覚悟を持ってしっかり準備をしていない場合が散見されます。

自分を過信している

20代にありがちなのが根拠のない自信を持ち、それが過信に繋がってしまっていることです。

何の経験もないのに、何も実績を挙げていないのに自分はできるはず、優秀なはずであると決めつけ、自分を客観的に見ることができていません。

そういった人は周りのせいにしてばかりで自分の弱みに気づくことができないことも多いので嫌がられることが多いです。

根拠のない自信が全てだめなわけではありません。自分を認めることというのも時には大切なことです。

ただそれが過剰になってしまわないように気を付けなくてはなりません。

必要なことをアピールできていない

20代の場合、転職時にはポテンシャルを期待されていると同時にこれまで社会人として何を学んできたかも重要になります。

これまでのことを全てなかったかのように先のことばかりを話していたってだめだし、かといって実績が足りないにも関わらずスキルをアピールして自慢になってしまっていてもだめです。

またありきたりの言葉でありがちなアピールをしたところでその言葉には信頼性が持たれず面接官の心に響きません。

面接でアピールするというのは中々難しいことなのです。

だからこそしっかり準備が必要。会社についてよく調べ、どういった人材を望まれているかを知り、欲しいと思わせるようなアピールを考える。これが大切なのです。

諦めが早い

30代以降の場合だと転職活動を始めるにあたりそれ相応に覚悟を持って望んでいる為、最初なかなかうまくいかなくてもすぐに諦めずに粘り強く進めます。

一方20代の場合は転職活動に対する覚悟が浅く、それ故に最初あまり上手くいかないとすぐに諦めてしまいがち。

20代と言えども平均応募社数は10社以上。数社受けて終わらないことは珍しいことではないのです。

仕事に対して甘えがある

仕事自体を甘く考えている人材は、転職したところで結局不満ばかりを言いまたすぐに辞めてしまう場合があるので企業からは望まれない人材です。

会社という組織で給料を貰って働く以上、嫌なことや大変なことというのが全くないなんてことはなく、ある程度は我慢したり乗り越えたりしていかなくてはなりません。

ただ20代で早々に転職を決めてしまった人は、これができずに自分の理想ばかりを述べ仕事に甘えがある人というのも少なくありません。

転職活動時にはいかに仕事に甘えを持っておらず、仕事に対して高い意欲があることを示せるかが大事です。

こだわりやプライドを持ちすぎている

こだわりやプライドはある程度必要ですが、あまりに強くなるとそれが転職がうまくいかない原因になります。

転職活動では無意味なプライドを捨てたりこだわりを捨て地に足をつけなくてはなりません。

もちろん変な形で妥協しては転職する意味がないし、無理に押し切って転職すると後悔することにもなるでしょう。

ただ理想ばかり追い求めたり、他人との比較ばかりするのではなくしっかり現実を見て受け入れることも大切なことなのです。

希望通りの転職先から内定を貰う為に

20代の転職が他の年齢に比べて有利なのは間違いありません。これまでの失敗経験を見直し、しっかり対策を打っていけばこの先きっとうまくいくでしょう。

まずはこれまで自分に欠けていたもの、自分が間違っていたことが何かを見極めるところから始めましょう。

またもし転職サイト、転職エージェントを使っていない人はぜひ使うようにしてください。使うか使わないかでも雲泥の差です。

まず面談をしてみる価値のある転職エージェント

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】ジェイック就職カレッジ


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは、退職済の方の転職支援に特化したサービスです。

企業選びから就職後まで個別でサポートしてくれるからこそ、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高いです

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。