転職活動の期間が半年以上になった場合に見直すべきポイント

転職活動の平均期間は2~3ヶ月。多少長くなる場合もあるので3~4ヶ月が目安となります。

ただ人によってはその期間で終わらせることができず、半年以上たっても全然決まらない、転職活動が終わらないという人がいるのも事実。

そしてそうなってしまった本人にとってみればかなり辛いことですよね。

そこで今回は転職活動の期間が半年以上になった場合に見直すべきポイントを紹介します。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

転職活動期間が半年を過ぎるのはちょっと長いかも

転職活動の期間は短ければ良いというものではないし、それぞれの状況によって大きく変わる部分でもあります。

仕事を辞めて転職活動に集中している人に比べると在職中に転職活動に注げる時間は少ないし、面接も日程調整しなくてはいけないのである程度時間が空いてしまいます。

ただそうはいっても転職活動期間が半年というのはそれでもちょっと長いです。

エン・ジャパンの調査結果によると、転職活動に半年以上かかってしまう人の割合はたったの3%。年代別だと以下の通り。

  • 20代・・・1.9%
  • 30代・・・0%
  • 40代・・・5.9%

かなりの少数派であるのが現実です。

dodaリクルートエージェントといった大手転職エージェントも、転職活動のサポート期間は3ヶ月。

やる気があれば3ヶ月程度で転職先は決まると考えており、半年で決まらないというのは想定されていません。

もちろん転職活動は運の影響も少なからずあるものですから、多少長引いてしまうことはります。

ただ半年以上というのはそれだけで片付けることはできず、何かしら問題があると考えた方がいいです。

転職活動期間が半年を過ぎた場合に見直したいこと

もちろん転職活動は運の影響も少なからずあるものですから、多少長引いてしまうことはります。

ただ半年以上というのはそれだけで片付けることはできず、何かしら問題があると考えた方がいいです。

まずは以下の点について、転職活動の見直しを行ってみてください。

これまで不採用となった企業の振り返り

まず行うべきがこれまで不採用となった企業を振り返ること。

どんな会社を受けて、書類選考をどれくらい通過できたのか、1次面接をどれくらい通過できたのか明らかにしてください。

これまで不採用となった会社について振り返るのはなかなか辛いものもありますが、この先成功させる為に対策を打つ為には絶対に必要なことです。

書類選考が通過していない場合

振り返った結果、書類選考の通過率があまりに低い場合は以下の原因が考えられます。

  • 履歴書等の書き方にまずい点がある
  • 経験、年齢、職歴にミスマッチが生じている

履歴書等には守るべき書き方のマナーがあり、それを守っていないと受かるものも受からなくなってしまいます。

これまで書いた履歴書を振り返り、できれば転職エージェントなどに見てもらうなどして問題点がないかチェックしてみてください。

ただ多くの場合は書き方の問題より、応募している企業の求めている人材とミスマッチしていることが原因となっている場合がほとんどです。

企業が求人を出す際には、求めている人材が決まっています。

それに合っていない人が応募したところで書類選考で落ちてしまうのは仕方がないこと。書類選考の質なんて関係ありません。

転職では希望に妥協しないことも大切ですが、自分自身を鑑みて身の丈に合った転職をすることも大切。

それができていないと転職活動は長期化してしまうことになります。

面接で不採用となってしまう場合

書類選考が通過しているということは、職歴面で見ると多少なりとも採用される可能性があったということです。

そして面接で不採用になってしまう場合、それ以外に問題があるということ。

例えば面接が上手くいかない原因として以下の点が挙げられます。

  • 身だしなみができていなく、清潔感が感じられない
  • 自己アピールがアピールになっていない
  • 態度、話し方で相手に不快感を与えてしまっている
  • 受け答えからコミュニケーション能力がないように感じられる

面接には得意、不得意もあるでしょう。

ただ不得意な人でも準備をすればしっかりとした面接をすることが可能。

それができていないというのは、練習不足、準備不足だと言うことです、

次回の面接を成功させる為には、想定できるあらゆる質問の答えを準備し、実際に面接の練習をする。第三者に見て貰って話し方や態度に問題ないかも見て貰ってください。

そもそも応募社数が少ない場合

人によっては転職活動期間は長いものの、応募社数が少ないという人もいます。

半年あれば30社、40社受けることは十分可能。

それが10社程度しか受けていないのであれば、数をこなすということも意識してください。

中途採用での内定率は平均しても1割程度。

どんな人でもそれなりに数をこなすことは必要です。

応募経路を変更する

これまでの転職活動とは違うやり方をしてみるのもおすすめ。

例えば転職サイトで検索して応募していた人はスカウト機能の内容を充実させオファーメール経由で応募するなどです。

できれば転職エージェントを使うことをお勧めします。

履歴書の添削などもやってくれるし、その人に合った求人を紹介してくれるのでミスマッチもなくなります。

自分ひとりでは気づくことができないミスを修正し、正しいやり方で転職することができるようになるので、何でも自力でやるより成功率は高くなります。

転職エージェントに対して、何となくハードルが高そうだと感じる人も多いようですが、実際はそんなことありません。

まずは登録してみて使ってみましょう。

転職が決まらない=価値がないというのは間違い

半年以上転職活動をしているのに転職先が決まらず、落ちてばっかりいるとどこか自分を否定されているように感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

しまいには自分には価値がない、自分は必要とされていない、どこの企業にも転職できないなんてことを考えてしまう人もいます。

ただ実際は決してそんなことはありません。

これまで転職活動が上手くいかなかったのが、あなた自身に問題があるわけではなくミスマッチしていたり、やり方を少し間違っていただけ。

これから少し変えれば、きっとあなたの転職は成功にたどり着けるはずです。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。