第二新卒の転職がうまくいかない、辛いと感じたら何をすべき?

新卒入社3年以内を対象とした第二新卒転職は、近年需要が高まり、大手企業も含めて積極的に採用活動を実施しています。

かなり転職がしやすい状況になっている為、就活で失敗してしまった人にとってはありがたいでしょう。

ただ、そんな第二新卒の転職活動でも皆が皆うまくいくとは限りません。

思ったように内定が貰えずに転職活動が長期化し、転職活動が辛くて辛くて仕方ないという人も存在するでしょう。

そこで今回は、第二新卒としての転職活動がうまくいかない原因や、その時にすべき対処法を紹介します。

第二新卒を活かして今動こう!

年内に内定者を出したい企業が多いため、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

 
理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【業界最大手で転職成功実績No.1】
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
【転職定着率93.6%】
・20代の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上

公式

JAIC(ジェイック)
第二新卒の就活支援に特化】
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
第二新卒は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく
、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

第二新卒での転職がうまくいかなくて辛い

第二新卒での転職がうまくいかない

少し前まで、「とりあえず3年は働かなきゃだめ」「3年働かずに転職してもまともな会社に転職できない」と言われていましたが今は全然違います。

少子化による若手の不足、ブラック企業の認知、第二新卒者に対する能力の高さの認知等によって、第二新卒者の需要は増加、非常に転職しやすい状況になっています。

それ故に、第二新卒の転職活動の平均期間は短く、平均応募社数も少なめです。

大半の人は2ヶ月以内、応募社数も10社以内で転職活動を終わらせています。

ただ、皆が皆そういうわけではありません。

中にはいくら応募しても書類選考で落とされてばかりの人、書類選考は通っても面接で落とされてばかりの人、また仕事が忙しくて転職活動に時間を当てられず応募すらできない人もいるでしょう

そして、気が付けば2ヶ月程度で終わるはずの転職活動が長期化し、3ヶ月以上や半年以上も転職活動に費やしている人だっています。

第二新卒の転職がうまくいかない原因

第二新卒の転職がうまくいかない原因

ここからは、第二新卒の転職がうまくいかない原因として考えられている点を紹介します。

自分がうまくいかない原因がどこにあるか、照らし合わせてみて下さい。

転職を甘く考えすぎている

意外に多いのが転職を甘く考えすぎているパターンです。

とりあえず数を受ければどこか受かるだろう、学歴があるし大丈夫だろうなどと考えて履歴書もしっかり書かずに面接対策もろくにしない。

就職活動からそこまで時間がたっていないので、就職活動を同じやり方、同じ考え方で転職活動を進めてしまっている人もいますね。

第二新卒の転職には第二新卒の転職のやり方、そして対策があります。

社会人経験が短いとは言え一度社会人を経験した身です。

企業の視点に立ち、どういった人が求められるかよく考える必要があり、企業としても応募者にそうあることを望んでいます。

まずは第二新卒としての転職の基本を押さえ、一つ一つの応募に力を入れていきましょう。

志望動機や転職理由から熱意が伝わらない

なぜ前に会社を退職して転職しようと思ったのか、この会社を志望しているのかは何かという質問は必ずと言っていいほどされます。

その質問で企業が知りたいのが仕事に対する熱意、その会社に対する熱意です。

社会人経験が浅い第二新卒者に対して、企業は高いスキルなんて望んでいません。

企業が望んでいるのは、またすぐに辞めない人材であること、そして仕事に対して前向きで入社後にどんどん伸びていってくれる人材であることです。

曖昧にしか答えることができなかったり、馬鹿正直に答えてしまったり、どこにでもあるようなとってつけた答え方をしていれば、不採用となってしまうのも仕方ありません。

自分本位になりすぎている

第二新卒者の中には、自分本位になりすぎている人も良く見受けられます。

もちろん、自分がどういったことを望むかが一番大切です。

ただ、それをそのままアピールしたって仕方がありません。

企業が欲しいのは長期的に見てその企業に利益をもたらしてくれる人材です。

あなたは、企業に利益を出せる人材だと思わせることができていますか?

第一印象が悪い

第二新卒の転職活動では第一印象が非常に大切です。

社会人経験が長い人であれば、経験やスキルといった部分を重要視されますが、第二新卒で重要視されるのは熱意やポテンシャル。

そういった曖昧な部分を重視される場合、印象は非常に重要な役割を果たします。

だからこそ、印象を良くすることには手を抜かないでください。

髪型や服装はもちろん、面接での話し方や態度、表情といった部分で印象を悪くしてしまっている可能性がないかチェックしましょう。

加えて履歴書の写真も要チェックです。

写真くらいどうでもいいと適当な写真で応募してしまうと、それだけでマイナス評価につながる場合だってあるのです。

採用人数が少ない人気職種を志望している

採用人数が少ないのに人気がある職種があるのは就職活動も同様で、例えば文系だと企画職、理系であれば研究職といったものが挙げられます。

こういった職種への転職を狙っているのであれば、転職活動がなかなかうまくいかないのもある程度仕方がありません。

全体の平均である2ヶ月なんて数字はあてにならず、長期化してしまう覚悟も必要です。

ほとんどの場合は非公開求人となっていて転職エージェント等を使っていく必要があります。

とはいえ求人自体はありますから、直すべき点は直しながら転職活動を粘り強く続けて行かなくてなりません。

第二新卒の市場価値は高い

第二新卒の市場価値は高い

第二新卒は、新卒と比べるとビジネススキルが身についていて教育コストがかかりません。

また、決められた時期から採用をスタートしなくていいので、企業が本当に求めているタイミングで採用が可能です。

これらの点から、第二新卒は非常に需要が高まっています。

実際、マイナビ転職が実施した第二新卒の採用に関するアンケートでは、多くの企業が積極的だと回答しています。

第二新卒採用の見通し
画像:マイナビ ジョブ20’s「【2021年更新】第二新卒とは? いつまで?転職市場で求められているのは本当か?」

円グラフを見ると、「本年よりも積極的」が18.1%で「本年と変わらず積極的」が44.1%です。

これを合計すると、実に「18.1+44.1=62.2%」もの企業が積極的だと回答しています。

いかに第二新卒の需要が高いか分かります。

第二新卒の転職を成功させるポイント

第二新卒の転職を成功させるポイント

いくら第二新卒の需要が高まっているとはいっても、いい加減に進めていては上手くいきません。

そこで続いては、第二新卒の転職を成功させるポイントについて解説します。

退職の理由を前向きに表現する

前職の退職理由がネガティブなものの場合、それを正直に伝えることはあまりいいイメージにはなりません。

重要なのは、ネガティブな理由を前向きな理由に言い換える作業です。

例えば、人間関係が悪かったのなら、他の社員と協力して仕事を進めたいと言い換えられます。

他にも、ネガティブな理由は次のような言い換えが可能です。

  • 給料が安い ⇒ 実力を正しく評価してくれる職場で働きたい
  • 仕事が退屈だ ⇒ やりがいを感じられる仕事に就きたい
  • 残業が多い ⇒ しっかりリフレッシュして仕事の効率を高めたい

どんなにネガティブな理由でも、必ずポジティブな内容に言い換えられます。

必ず印象が良い退職理由を考えてください。

長く働きたい意思を明確に伝える

第二新卒の間に退職をした場合、前職の在職期間はそこまで長いものではありません。

そのため、企業からは「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは」という不安を抱かれる恐れがあります。

だからこそ、その業界や企業に対する強い思いや長期的に成し遂げたい目標、自分のなりたい姿などを伝えて、長く戦力になる人材であるとアピールすることが大切です。

第二新卒なら転職エージェントを利用しよう

第二新卒なら転職エージェントを利用しよう

確かに、これまでは転職活動がうまくいかず辛い気持ちになかったかもしれません。

ただ、全体的に見れば第二新卒は転職しやすいタイミングです。

たくさんの企業が採用活動に積極的になっており、諦めなければ今より良い会社にきっと出会えるでしょう。

もし、あなたがどうしても転職活動に前向きになれないなら、まずは転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントの特徴とメリット

転職エージェントを利用すると専任のエージェントがついてくれるため、一人で転職を進めるよりもスムーズな活動ができます。

例えば、あなたが履歴書の書き方に悩んでいる時は、どう書けば良いのかアドバイスをしてくれて、出来上がった書類を添削してくれます。

もし、あなたが面接を苦手としているなら、模擬面接を実施して慣れるまで練習に付き合ってくれるのです。

もちろん、希望条件に合った求人紹介や転職に関する悩み相談にも乗ってくれるので、一人で戦う必要がなくなります。

しかも利用料金は完全無料なので、第二新卒の転職に不安を感じている方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

若手におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、第二新卒の転職支援に特化したサービスです。

第二新卒の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)