在職中にハローワークを使うリスク、デメリット。効率が良くないのでできれば転職サイトを利用しよう。

多くの人は転職のリスク等を考えて在職中に転職活動を行い、内定がでてから退職することになると思います。

ただ在職中に転職活動をする場合、どのように転職活動を進めていくかは良く考えて行かなくてはなりません。

特にハローワークを利用した転職活動は在職中に行う場合にデメリットの部分が多く、もし利用するのであれば気を付けなくてはなりません。

関連:ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職活動で使うべきはハローワークか転職サイトや転職エージェントか

転職活動を行う際に利用するサービスと言えば、国が運営しているハローワークや民間企業が運営している転職サイトや転職エージェントがあります。

両者にはそれぞれメリットがあり、どちらが優れているとは言えません。

例えばハローワークだと地元の中小企業の求人が多い、採用ハードルが低く内定を貰いやすい、失業保険等の手続きと合わせて利用できるといったメリットがあります。

一方で転職サイトや転職エージェントだと、求人の質が高く好条件の企業が多い、ブラック企業が少ない、全国の求人に応募できる、密なサポートを受けることができるといったメリットがあります。

両者一長一短ですから自分に合った方を選べば良いし、どちらも無料ですから両方使っても良いでしょう。

ただ在職中という状況においてはハローワークを使うことはあまり得策とは言えません。

仕事を辞めてから利用する場合にはメリットも多いですが、在職中の場合はメリット面よりもデメリットの面がかなり大きいからです。

在職中にハローワークを利用する場合のデメリット

在職中にハローワークを利用する場合のデメリットとして、以下のことが挙げられます。

行ける時間が限られてしまう

平日は当然仕事をしているわけですから転職活動に時間を当てることは中々できません。

しかしハローワークは基本平日の17時まで。

一部ハローワークでは平日19時まで利用できるところや土曜日もやっているところもありますが、全てのハローワークが対応しているわけではありません。

その為、在職中に転職活動を行おうと思うと平日に有給休暇をとるか残業せずに帰って19時までやっている所に行くか、土曜日もやっている所に行くかしかありません。

有給休暇は面接の時も取らなくてはいけなくなるので求人探しの段階で取るべきではないし、行けるタイミングも限られる為、転職活動自体も長期化してしまいます。

一方で転職サイトは自分の好きなタイミングでWebから応募することができるし、転職エージェントも夜20時、土日祝も行ってくれますし、面談は1回のみで後は電話やメールで転職活動を進めることができるので在職中の転職活動には相性が良いです。

土曜日に行っても応募できない場合が多い

一部のハローワークでは土曜日も開いてくれてはいますが、土曜日に行くと平日に比べて手間が増えます。

ハローワークの場合、応募には紹介状が必要ですがその紹介状を貰うにはハローワークから企業に電話する場合が多いです。

しかし土曜日だと休みの会社も多いのでその日は紹介状を貰えない、貰えても後日自分で平日に電話が必要になってしまいます。

平日であればそのまますんなり言ったものが土曜日だと手間が一つ増えてしまうことになるのです。

知人に会い転職活動していることがばれるきっかけになる

ハローワークは直接出向くことになるので、知り合いに会ってしまう可能性はゼロではありません。

そしてそれがきっかけで会社側に転職活動していることがばれてしまったという事例があります。

一方で転職サイトであれば書類選考まで自宅で完結できますし、転職エージェントも個室なので知り合いにみられる可能性は低く、ばれてしまうのは自分でぼろっと言ってしまった場合です。

在職中で転職活動をしている場合にそれがばれてしまうのは絶対に避けなくてはいけないこと。そう考えたら転職サイトや転職エージェントを使うのがベストです。

関連:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

得られる情報が少ない

転職エージェントであれば気になることをエージェント経由でその企業に聞くことができたり、そもそも最初から見ることができる情報も多いです。

一方ハローワークの場合だと情報量が少なく、その分自力で調べなくてはいけないことも増えます。

さらにハローワークは地元の中小企業、零細企業の求人が多く、ネット等で調べても中々わからないことも多い為、より一層情報収集に時間がかかるでしょう。

在職中の転職活動は時間が少ない為、時間がかかってしまうことは極力避けなければなりません。

効率が悪い

ハローワークは転職サイトや転職エージェントに比べて応募自体の効率も悪い為、不必要に時間がかかってしまうというデメリットがあります。

応募できるのは1度に3~4件まで、求人検索も混んでいる場合は時間制限あり。そう何度も行けるわけでもないのにこの制約は中々面倒です。

また応募の場合、Web応募できず手書きを求める企業も多いので履歴書作成、郵送にも手間がかかり時間もかかります。

転職サイトや転職エージェントであればPCで作ったものを電子データ良いのでWebでさくっと応募することができますし、件数も制約がないので自分ができる範囲でどんどん応募することができます。

在職中は民間の転職支援サービスを利用しよう

在職中の転職活動は少ない時間でいかに効率良く進めることができるかが重要です。

その点を考えると利用すべきはやはり転職サイトや転職エージェントといった民間の転職支援サービス。

特に転職サービスは密にサポートをして貰うことができるのでおすすめです。

転職エージェントは未経験者や正社員経験が無い人は使えないと思っている人もいますが、最近はそういった人向けのものも多数でてきているのでぜひ利用してみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)