ハイクラスの転職とは?年収相場や条件、高年収求人の探し方。

最近は転職をサポートしてくれる転職エージェントサービスが充実していて、複数の会社を選んで利用することができます。

その中でも特に増えてきているのが高年収の人、いわゆるハイクラス層をターゲットとした転職エージェントサービスです。

これまでハイクラス層は転職しにくい傾向がありましたが、現在は優秀な人材確保の動きが盛んになり以前より転職しやすくなっています。

そこで今回はハイクラス転職の概要やメリット、転職に向けての取り組み方を紹介していきます。

 

キャリアアップを目指す方におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda X
【ハイクラス向け転職サービス】
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

転職エージェントでは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
キャリアアップを希望しているのであれば
まずは登録をしてエージェントと面談をすることをおすすめします。 
そうすることで、希望する年収や職場環境を考慮した上であなたを理想の転職先へと導いてくれるでしょう

そもそもハイクラス転職とは?年収相場はどのくらい?

そもそもハイクラス転職とは?年収相場はどのくらい?

最近ネットの広告でもハイクラスの転職、エグゼクティブ向けの転職などの文言をよく見かけます。

年収1000万円の求人多数などのひと目で高年収とわかる広告なら、どんな仕事内容なのか見てみたいと興味をそそられる方もいることでしょう。

ハイクラスの求人とは年収が高い求人のことを指し、役員や管理職として転職するケースや大企業や外資系に転職するケースが多い傾向があります。

ハイクラス向けの転職エージェントサービスが扱う求人にはこうした求人が多いのが特徴です。

ハイクラス転職は「管理職」や「専門職」が中心

ハイクラス転職とは、人材サービスによっても定義が異なるものの、経営目線を持って活躍できるハイクラス人材を募集する求人に応募して転職することを指します。

ハイクラス人材は、CEOや事業責任者、現場の管理職といったマネジメント層の人材や、エンジニアや研究職など高度な専門スキルを持った専門職の人材を指すことが多く、全体的に年収は高い傾向があります。

年収の高さは求人を出す企業により異なるものの、高年収のものでは1,000万円前後の求人もあります。

ハイクラス転職と位置付けられる年収相場

ハイクラス転職の年収のボーダーラインは、一般的には年収750万円から800万円以上がハイクラス転職として位置づけられることが多い傾向があります。

日本のサラリーマンの平均年収は420万円、正社員の男性に限定した場合でも511万円です。

この平均年収と比べると年収800万円は、日本のサラリーマン2人分の年収額で、全労働者のうちたった7%しかいません。

ただ、20代はもう少し低めで年収600万円からハイクラス転職として位置づけられることがあります。

また、ハイクラス求人を多数扱う転職エージェントの中には、2000万円を超える求人もあり、さらにはそれ以上の高年収の求人もあります。

こうした高年収の転職をしたい方は、一般の求人から探すのではなくハイクラスに特化した転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

ハイクラス転職のターゲット層

ハイクラスの転職は、誰でも応募できるわけではありません。

ハイクラスの求人に応募するためには、ハイクラスの転職エージェントサービスに登録して求人を紹介してもらうか、ヘッドハンティングを待つことになります。

ですが、求人を出す企業のターゲット層に合致していないとスカウトされることは期待できず、求人を紹介してもらうことすら期待できないでしょう。

ここでは、ハイクラス転職におけるターゲット層とはどういった人を指すのか見ていきます。

転職前の年収

年収の高さ=能力の高さではなく、優れたスキルを持っているのにもかかわらず低年収で働いている人がいるのも事実です。

ですが、能力の高さを転職の際に一人ひとり見て採用可否を判断するのは難しいものがあり、1つの指標として年収で評価することがあります。

そのため、ハイクラスの転職エージェントサービスでは、一定年収以上の人をターゲット層にしており、各サービスで年収のボーダーラインは違ってくるのですが、平均的に年収600万円未満だと利用するのは厳しい可能性があります。

一応のボーダーラインとして年収600万円以上と考えておきましょう。

年齢

一般的な転職エージェントでは全年齢のビジネスパーソンを対象にしているものの、実際は転職しやすい20代から30代前半が主なターゲット層になっています。

一方で、ハイクラスでは30代~40代が主なターゲット層となり、高いスキルと豊富な経験を評価する傾向があります。

転職先企業で即戦力となることや、管理職や専門職などの経験がある程度あることを踏まえると、年齢が高めになるのは必然的なことと言えるでしょう。

大手転職エージェントのリクルートエージェント では求人の半数以上が20代を対象としていますが、ハイクラス転職エージェントのJACリクルートメントでは20代が15%にとどまり、ほぼ30代と40代が占めています。

各転職エージェントの傾向から見ても、やはりハイクラス転職は年齢が高めになることがわかります。

ハイクラスのターゲット層に合致する方は、後におすすめの転職エージェントを紹介するので、そちらもぜひチェックしてみてください。

学歴

学歴が高くなくてもハイクラスの転職エージェントを利用できますが、高学歴のほうがハイクラス転職には有利になる傾向があります。

求人を出す企業の中には、有名大学卒を必須条件とする場合もあり、より高学歴の人のほうが転職サービス側としても転職させやすい傾向があります。

ただ、学歴で今更悩んでも仕方がないですし、能力次第でカバーできることも多いので、学歴を理由にハイクラス転職をあきらめる必要はありません。

むしろ、今以上にスキルを磨くなどポジティブに進む方が好印象になります。

役職

ハイクラス転職エージェントで扱う求人はプレイヤーとしての求人のほか、管理職の求人も多くなっています。

管理職の求人に応募する場合は、前職でも管理職として働いてきたことが条件となる傾向があり、評価によっては前職より上の役職で採用されることもあります。

また、管理職経験がなければ目指せないのかというとそうでもなく、管理職に昇進することを前提としてプレイヤーからスタートする、といったことも転職エージェントなら交渉可能です。

ハイクラス転職で管理職を目指すなら前職でも管理職に就いている方が強みになるものの、プレイヤーから管理職を目指せる可能性もあるので、管理職経験がないことを弱みだと思わずにチャレンジすることが大切です。

ハイクラス転職の大きなメリット

ハイクラス転職の大きなメリット

ハイクラス転職は、年収アップはもちろん自分自身に対する評価も実感することができます。

また、転職希望者・企業などにもさまざまなメリットをもたらします。

ここでは、ハイクラス転職のメリットについて多角的に見ていきましょう。

転職希望者にとってのメリット

転職希望者にとって、管理職経験や専門職としての専門性を活かせることや、今よりもキャリアも年収もアップできるメリットがあります。

30代~40代の転職は難しいのが一般論でしたが、ハイクラス転職サービスが充実してきたことにより能力次第でチャレンジできる環境が整い、高みを目指す転職希望者の増加、フィールドが拡大したと言えるでしょう。

40代はもう転職できないと思っていたビジネスパーソンの希望となったこともメリットの1つといえます。

企業にとってのメリット

企業の立場で考えると、即戦力の確保、スキルと経験豊富な優秀な人材の確保、専門性の高い人材の確保により、企業の成長や内部の活性化などのメリットがあります。

事業の拡大を検討している企業にとって、その分野に精通する人材が確保できることは強みになり、利益に直結する可能性もあります。

マネジメントの面では、社内のマンネリ化を予防し、時代にマッチしたコミュニケーションを実現できる、若手の人材育成にも貢献するなどさまざまなメリットがあるでしょう。

ハイクラス転職で年収を上げるための4つのポイント

ハイクラス転職で年収を上げるための4つのポイント

ここでは年収アップにスポットを当てて、ハイクラス転職で年収を上げるためのポイントを紹介していきます。

ハイクラス転職を検討している方、今より年収を上げたいと思っている方はぜひ目を通してください。

(1)キャリアの棚卸しを行い、自身だけの強みを明らかにする

ハイクラス転職は、専門性が高く経験や実績も豊富な人材と競い合うため、転職時は魅力的な自己PRが必須となります。

魅力的な自己PRをするには、キャリアの棚卸を行い自分だけの強みを明らかにすることが重要です。

例えば、同じ管理職の経験でも、「年上の部下をマネジメントした経験」がある場合、これは自分自身の強みになります。

近年では年上の部下がいる職場が珍しくなく、実際にどう接してきたか、どんな対応をしてきたかを具体的にアピールできれば企業から高く評価されることもあるでしょう。

(2)企業の求める人材像を深く理解し、面接で効果的にアピールする

ハイクラス転職で年収をアップさせるには、企業の求める人材像を深く理解する姿勢が大切です。

例えば、上場企業の経験者を求める企業もあれば、中小企業の経営視点を持つ人材を求める企業もあります。

こうした募集背景をしっかり把握しておくことで、入社後の役割や職務を正しく把握できるとともに面接で効果的なアピールができるでしょう。

面接で好感触をつかめれば、年収については転職エージェントが交渉してくれます。

企業側としても募集背景や入社後の役割を深く理解する人材を逃したくないため、年収交渉にも応じる可能性があります。

(3)エージェントが持つ非公開求人を活用する

ハイクラス求人は、企業の経営戦略と密接な関わりがあり、競合他社に知られないよう非公開として扱われることがほとんどです。

ハイクラスの非公開求人は、転職エージェントを活用することで閲覧できるようになるためいくつかの転職エージェントに登録することも必要です。

ハイクラス転職で年収をアップさせるには、転職エージェントで多くの非公開求人に触れることが重要なポイントになります。

(4)転職エージェントと一緒に転職活動を進める

ハイクラス転職を検討する際は、1人で転職活動をしないで転職エージェントと一緒に活動することがおすすめです。

ヘッドハンティングを待つとしても、能力の高さをアピールしなければ声がかかることはありません。

自分を売り込むことも含め、転職エージェントに登録し自分の価値を正しく評価してもらい、その上で周囲に知ってもらうことが必要となるでしょう。

転職エージェントは、キャリアの棚卸しや市場価値の分析ができるほか、最適な求人選びを親身にサポートしてくれます。

自分1人では困難な部分までサポートしてもらいながら転職活動を進めることは、ハイクラス転職の成功や年収アップに貢献する武器とも言えるでしょう。

年収アップに妥協したくない、目標年収額を達成したいという場合にも転職エージェントがしっかり支えてくれます。

ハイクラス転職で年収アップを実現するには、転職エージェントの利用がおすすめ!

ハイクラス転職で年収アップを実現するには、転職エージェントの利用がおすすめ!

転職市場では、管理職や専門職で働いてきた方なら30~40代の需要が高く、プレイヤーの方もスキルや経験によりヘッドハンティングのチャンスもあります。

今よりも条件の良いところに転職したいなら、ハイクラス転職を検討してみましょう。

ハイクラス転職は高年収を実現する転職であり、誰でも応募できるようなものではありませんが、自分の能力を活かし今より年収アップが期待できる有効な手段です。

また、ハイクラス転職の際には1人で転職活動をせずに、転職活動全般を手厚くサポートしてくれる転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、高年収が期待できる非公開求人を多数所持していることや、優秀な人材を欲しがる企業とのパイプも数多く保持しています。

転職希望者の市場価値の分析・キャリアの棚卸なども一緒に取り組むため、自分の知らない一面に気づいたり、新しい価値や魅力を見つけるきっかけにもなるでしょう。

転職エージェントのサポートを受けながら転職活動をしていけば、きっと理想や希望に叶う転職を実現できます。

転職エージェントの登録・利用はすべて無料、転職先企業との年収交渉なども無料で代行してくれます。

ハイクラス転職成功のためにも転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

 

キャリアアップを目指す方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

様々な職種に精通した専門コンサルタントが、あなたの希望する年収や職場環境を考慮したうえで、
理想の転職先へと導いてくれるでしょう

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【ハイクラス】doda X


転職エージェント

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス向けの転職サービスです。

高収入を得られる求人が多数あり、将来的に年収800万円以上を目指したい方におすすめです。

また、ヘッドハンターからのスカウトや手厚いサポートも受けれるので、自身の市場価値を向上させながら効率よく転職活動を進めていくことができます。