転職しようと思ったら、ハローワークといった国(厚生労働省)が運営しているものではなく、民間企業が運営している転職サイトや転職エージェントを利用する人も多いでしょう。

これらのものは基本的に無料で閲覧、利用することができます。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

なぜ無料で利用できるの?

民間企業が運営している以上、どこかで収入を得て利益を出す必要があるため、不思議に思う方もたくさんいるでしょう。

その仕組みを簡単に説明していきます。

転職サイトの仕組み

転職サイトを運営している会社の主な収入源は、広告掲載料とスカウトメールの送信料です。

まずは広告掲載料についてですが、昨今では検索するだけでさまざまな求人を見ることができます。

大手の転職サイトである「リクナビネクスト」だと、8000件以上、毎週2500件ほどの新着求人が掲載されています。

このような求人を掲載するには企業が転職サイト側に掲載料を支払わなくてはなりません。

掲載料は転職サイトや掲載する情報量、掲載期間などによって異なり、10万円台のものから100万円、もしくはそれ以上かかるものもあります。

次にスカウトメールです。

登録者の希望条件や自己PRなどを企業が閲覧し、欲しい人材に向けて「応募しませんか」という内容のメールを送るものですが、そのメールにも送信料がかかります。

メールには、1通1000円程度で送れるものから数万円のものまで様々な種類があります。

100通でいくら、メール50通分と基本情報の掲載と合わせていくら、など他の商品と組み合わせて利用できる商品もあります。

このように広告掲載料金があるから、転職希望者は無料で利用できているというわけです。

転職サイト側にとっては、できるだけ多くの求人を掲載できればそれだけ多くの利益が生まれることになります。

企業側にとっては、なるべく短期間の掲載でより多くの人の目に触れて、応募してもらいたい。

それ故、転職サイト側としてはできるだけ多くの人に登録してもらうことが大きなメリットとなり、その為に診断テストや、転職ノウハウ集といったサービスも充実させていくのです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、仕事の紹介だけではなくキャリアの相談や履歴書作成補助、面接対策といったことから、内定後の年収交渉や入社日交渉など、本当に無料でいいのかと思うくらい手厚いサポートを受けられます。

転職エージェント会社の場合は、成果報酬として企業から紹介料を貰うことになります。

企業は転職エージェント会社に求人を依頼、その求人に対してマッチした人材を応募させ、転職が決まると企業からおよそ年収の3割程度の報酬を受け取ると言われています。

ざっくりとした話ですが、年収1000万円の人が採用できた場合、300万円程度の金額が転職エージェント会社に支払われるということになります。

一方で転職が成立しなかったり、他の転職サイトや転職エージェントから転職してしまうと報酬は得られません。

やみくもに転職を強くすすめてきたり、内定率の高そうな案件しか紹介してくれないようなエージェントもいるので注意が必要です。

また、職歴などから転職できる可能性が低いと判断されてしまうと、サポートを断ってくる可能性もあります。寄り添ってくれるエージェント探しもとても大切です。

なぜ企業はわざわざ広告にお金を払うのか?

転職サイトも転職エージェントも、企業が負担する金額は決して安いものではありません。

一方、ハローワークであれば求人情報を無料で掲載することが可能です。

なぜ企業はわざわざ高いお金を払って転職サイトや転職エージェントを利用するのでしょうか。

理由は以下のことが考えられます。

  • 全国から優秀な人材を多く集めることができる
  • 経験者に応募してもらいやすい
  • 非公開求人にすることで求人の殺到をさけ、マッチした求人だけを集めることができる
  • 非公開求人にすることで他社に求人募集していることがバレない

相応の金額をかけて、企業は採用活動を行います。

本当に人材に余裕が無くて仕方なく採用活動をしている企業もいるので一概には言えませんが、求人サイトに掲載されているのは、採用にお金がかけられるくらい経営的、育成的余裕がある企業である、という見方もできます。

無料でどのようなサービスを受けることができる?

では無料でどのようなサービスを受けることができるのか簡単に紹介します。

会員登録なしでできること

転職サイトの場合、会員登録をしなくても利用できるサービスがあります。

まずは求人検索です。職種や勤務地から絞り込み、現在募集している求人を見ることができます。

あとは履歴書の書き方や退職理由、入社準備など転職に関するコラム集を設けている転職サイトが普通になってきましたが、こちらのコラム閲覧も特に会員登録は必要ありません。

会員登録は、簡易的なものであれば数分で終わりますが、それすらも面倒だという人はまずは求人情報を見てみることから始めましょう。

会員登録するとできること

転職サイトや転職エージェントを本格的に利用しようと思ったら、会員登録が必要です。

転職サイトに会員登録をすると、掲載されている求人への応募、テストによるキャリア診断、スカウトメールをもらう、などさまざまなことができます。

転職エージェントに会員登録をすると、メールか電話でエージェントから連絡が入り、まずは面談をすることになります。

無料だけど質は十分

転職サイトや転職エージェントは、利用するのは無料でも質は十分すぎるほどです。

転職には手間も時間もかかりますが、サイトやエージェントを上手く活用できれば大きなメリットがあります。

転職を考えているなら、ぜひ利用してみてください。良いエージェントに出会えますように。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。