年収800万円は高年収?手取りや割合、人数

高年収といわれる年収800万円。

転職市場でも、ハイクラスに位置づけられています。

今回は年収800万円の手取りや、年収800万円以上貰っている人の割合、人数を紹介します。

関連:年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。

関連:30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

年収800万円の手取り

年収800万円と聞くと、年収は高いというイメージがあります。

実際、年収800万円とはどの程度、手取りとして残るのでしょうか。

年収800万円の手取り

年収800万円の手取りはおよそ、600万円から650万円程度になります。

手取り額は、家族形態や住宅ローンの有無等によって異なってきます。

住宅ローンなどの控除を考えなければ、独身の人で手取り600万円程度、扶養人数が1人だと630万円程度になります。

月の手取り額では、46万円~54万円程度。

実際は、ボーナスがある為、月々はもっと少ないことが一般的でしょう。

年収800万円の人数、割合

年収800万円以上の人はどの程度いるのでしょうか。

男女全体

国税庁の民間給与実態統計調査によれば、給与所得者の平均年収は432万円。

各年収別の分布は以下の通りとなっています。

  • 100万円以下・・・8.1%、401万人
  • 100万円~200万円・・・13.7%、688万人
  • 200万円~300万円・・・15.2%、762万人
  • 300万円~400万円・・・17.2%、867万人
  • 400万円~500万円・・・14.9%、748万人
  • 500万円~600万円・・・10.2%、515万人
  • 600万円~700万円・・・6.5%、329万人
  • 700万円~800万円・・・4.4%、221万人
  • 800万円~900万円・・・2.9%、145万人
  • 900万円~1000万円・・・1.9%、93万人
  • 1000万円以上・・・5.0%、249万人

合計すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人割合は9.8%となります。

年収800万円以上だと、上位10%に入るのですから、十分高年収と言えるでしょう。

男性の場合

男性の場合に限ると以下の通りです。

  • 年収800万~900万:人数…1,282千人、割合…4.4%
  • 年収900万~1,000万:人数…845千人、割合…2.9%
  • 年収1,000万~1,500万:人数…1,492千人、割合…5.1%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…302千人、割合…1.0%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…106千人、割合…0.4%
  • 年収2,500万以上:人数…130千人、割合…0.4%

合算すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は3,913千人、割合は13.7%となります。

男性だけの場合に限れば、10%以上の人が年収800万円以上となっています。

女性の場合

女性の場合に限ると以下の通りです。

  • 年収800万~900万:人数…143千人、割合…0.7%
  • 年収900万~1,000万:人数…81千人、割合…0.4%
  • 年収1,000万~1,500万:人数…135千人、割合…0.7%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…36千人、割合…0.2%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…9千人、割合…0.0%
  • 年収2,500万以上:人数…10千人、割合…0.0%

合算すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は421千人、割合は2.0%となります。

男性に比べると、かなり少ないことがわかります。

年数800万円以上の人はほぼ男性なんですね。

企業規模別年収800万円以上の割合

企業規模で年収800万円以上の人の割合を見ていきましょう。

資本金で分けると、以下の通りとなります。

  • 2000万円未満・・・4.4%
  • 2000万円以上、5000万円未満・・・4.5%
  • 5000万円以上、1億円未満・・・5.3%
  • 1億円以上、10億円未満・・・8.9%
  • 10億円以上・・・22.7%

大企業ほど年収が高いということがよくわかる数字です。

資本金が10億円以上となるような、大企業では20%以上が年収800万円を超えているのです。

業種別、年収800万円以上の割合

次に、業種別で年収800万円以上の人の割合を見ていきましょう。

  • 建設業・・・9.0%
  • 製造業・・・12.6%
  • 卸売業、小売業・・・5.4%
  • 宿泊業、飲食サービス行・・・1.2%
  • 金融業、保険業・・・24.1%
  • 不動産業、物品賃貸業・・・10.8%
  • 電気、ガス、水道業・・・32.7%
  • 運輸業、郵便業・・・6.3%
  • 情報通信業・・・19.6%
  • 医療、福祉・・・4.6%
  • 学術研究、教育・・・16.4%
  • 複合サービス業・・・4.3%
  • サービス業・・・4.5%
  • 農林水産、工業・・・2.8%

驚くべきは、電気、ガス、水道といったインフラ業で年収800万円以上の人の割合が30%以上にもなっているということ。

3人に1人は年収800万円以上なのです。

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。

一度、自身の適正年収について調べてみるといいかもしれません。

転職で年収800万円以上を目指す方法

かなり割合の少ない年収800万円ですが、転職市場で全くないというわけではありません。

もちろん、それ相応の経験、スキルは必要になります。

またすぐは無理だとしても、20代、30代前半ならば将来的に年収800万円以上の収入を得るような転職活動の取り組んでみることが大事であると言えるでしょう。

ただ、転職する際には転職エージェントの利用は必須です。

高年収の求人自体が転職エージェント経由でなければ紹介してもらうことができないものが多いので、実際に年収アップの転職ができた人の多くは転職エージェントを活用しています。

もちろん転職サイトも情報収集という観点でとても有用ですので、転職活動をする際には合わせて使うのがよいでしょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

年収800万円の生活

年収800万円は、一般的に考えると高年収です。

しかし、年収800万円の人に話を聞くと、生活に余裕があるという話は聞きません。

貯金が全然できていないという家庭も多いです。

年収500万円以下の人には考えられないことかもしれません。

年収800万円は、高年収の層と言われどうしても、生活レベルをあげてしまいがちです。

家や車、旅行といったものにお金をかけてしまっていることが多いです。

もし、しっかり貯金をしようと思ったら、憧れるようなリッチな生活はできる年収ではありません。

とは言え、普通に生活する分にはお金に困らない年収であるとは言えるでしょう。

年収800万円を目指すことは可能か

年収800万円以上を得ることは、全体の割合の少なさからみても難しいと言えるでしょう。

しかし、最近は年収800万円以上の転職を売りにした求人が目立っていているように、増えてはきています。

ただ、採用される為にはそれなりのスキルや実績が必要となります。

ただ可能性としてゼロではないので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

年収800万円以上になる為に、現実的な方法としては、最初の年収は低くても、年収800万円になれる見込みのある会社に転職することです。

年収は本人の能力というより、業界や会社によるところが大きいです。

ですから、そういった業界、会社に入ることです。

また、転職時点で年収800万円以上というのは選択肢も少ないですが、年収500万円以上で、長く務めるといずれ年収800万円以上になることはよくあります。

そういった会社を見極め、転職することが最も確率が高いでしょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみましょう。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

関連:未経験でMRに転職する場合の注意点、MRのメリット、デメリットとは。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。