転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

転職したいけど、転職活動をするのがめんどくさくて中々踏み切れない…という人は多いのではないでしょうか。

実際私も、転職したいと思ってから転職活動を始めるまでに、結構時間がかかりました。転職したい気持ちは山々でも、何だか面倒に感じて動き出せないですよね。

しかし今は、そのめんどくさいを乗り越えて、転職活動に踏み出した過去の自分に感謝しています。転職したいという気持ちを抱えながら働きつづけるのは苦痛ですし、なにより結果として良い転職先にも巡り合えましたからね。

今回は、転職したいけどめんどくさくて中々動き出せない人に向けて、転職活動でやるべきこと、めんどくさいと感じた時の対処法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

転職活動はめんどくさい?やるべきことを確認しよう

転職活動はめんどくさい?やるべきことを確認しよう

そもそも転職活動って面倒くさいものなのでしょうか。

転職活動の流れ、実際にやるべきことなど、転職活動の基本から一緒に確認していきましょう。

転職活動から転職まで

まずは、転職活動から転職までにやるべきことは何なのか、どれくらいの労力がかかるのかといった点から紹介します。

転職活動でやること

転職活動の流れは、以下の通りです。

  1. 転職サイト、転職エージェントに登録する
  2. 自己分析、希望条件決め
  3. 求人探し
  4. 履歴書作成
  5. 書類選考応募
  6. 面接練習
  7. 面接(複数回)
  8. 内定

転職活動は1社受けて1社受かるというものではないので、上記の3~7を繰り返し行うことになるのが基本ですし、面接は複数回行われることも多いです。

かかる時間、労力

続いては、それぞれの工程にかかる時間や労力を私の実体験(応募社数11社)を踏まえて紹介します。

①転職サイト、転職エージェントへの登録

まずは、転職サイト、転職エージェントへの登録ですね。

登録自体は1、2分で終わるのですが、転職サイトのスカウト機能を使う為には追加で30分は必要です。経歴や自己PRなど、記入すべきことが多いので結構大変だった覚えがあります。

一方、転職エージェントの場合は、登録後に面談がありますので1,2時間かかります。ただ、こっちは自分のことを正直に話すだけなので、それほど負担は大きくありませんでした。

②自己分析

自己分析は、そこそこ時間をかけました。合計すれば、6時間くらいはじっくりやりましたね。

自分に向き合うのは大変な作業でしたが、ここで「転職したい理由」や「転職先に求める条件」などをきちんと確認できたのは良かったと思います。

③求人探し

求人探しについては、途中までは転職サイトで毎週2回、10分程度でチェックするくらいでした。

ただ、それではなかなか良い求人を見つけられなかったので、途中からはスカウト機能で来た求人か、転職エージェントから紹介してもらう求人に絞って選んでいたと思います。

自分で1から探す必要がなかったので、その分時間も労力も削減できたと感じています。

ただ、紹介してもらった企業についてはじっくり調べましたね。1社につき3時間から5時間程度はかけていました。

④履歴書作成(⑤書類選考応募)

履歴書作成は最初がかなり大変でした。どんなことを書けばいいのかが分からなくて、2時間くらいかけてじっくり書きあげたと思います。

そこから転職エージェントの人に添削してもらって、また30分程度かけて修正して…といった感じです。

ただ、最初にベースができれば、後は多少変える程度で他にも使えるのでそれほど時間はかからなくなってきましたね。

⑥面接練習、⑦面接

面接練習は、30分×2回を転職エージェントの人と行いました。それ以外に、想定質問に対しての回答を考える時間もあったので、全て含めて3時間程度といったところでしょうか。

もっと時間を使っていたかな?とも思いましたが、冷静に考えるとあまり使っていなかったですね。

転職先が決まってからのこと

転職先が決まったらそれで終わりというわけではなく、そこからも色々とめんどくさいことはあります。

まず現在の会社に退職を告げて、退職すること。色々と手続きもあったし挨拶廻りもあったので割と面倒でした。

さらに、遠方への転職で引っ越しもしなくてはならなかったので、かなり大変でした。

想像よりは楽な転職活動

ここまでざっと書きましたが、どうでしょう。大変そうですか?

実は私はかなりのめんどくさがり屋なんですが、こうして転職活動を振り返った時に出てくる感想は「思ったよりはめんどくさくなかった」です。

ここではその理由を2つ紹介します。

転職エージェントがかなり手厚くサポートしてくれる

そこまで面倒に感じなかった理由として真っ先に挙げられるのが、転職エージェントがかなり手厚くサポートしてくれたことです。

私は転職エージェントを利用して転職活動を行ったのですが、彼らから受けたサポートは無料とは思えないほど手厚いものでした。

自己分析を一緒に行ってくれたり、希望にあった求人をピックアップして紹介してくれたりすることはもちろん、履歴書の添削や面接練習をしてくれたり、ちょっと困ったことがあったら相談できたりと、挙げ始めればキリがないほど利用したメリットは大きかったです。

最初はどれくらい頼っていいものなのかが分からなかったのですが、今思えばもっと頼って良かったかも…なんて思っています。

スカウト機能を使う方法もある

転職活動を楽に進められた理由として、スカウト機能を使ったからというのもあります。

スカウト機能は、レジュメの登録こそ多少手間はかかりますが、登録しておけば企業側からオファーメールが来ます。

そのメール経由で応募すれば、書類選考免除や1次面接免除となる場合もあり、手間はかなり省けるんです。

 

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

転職活動をめんどくさいと感じる人に伝えたいこと

転職活動をめんどくさいと感じる人に伝えたいこと

ここでは、かなりのめんどくさがり屋の私から、転職活動をめんどくさいと感じる人に伝えたいことを2つ紹介します。

最初が一番面倒なだけ

私が実際に経験して思ったのが、とにかく最初が一番面倒なだけ。慣れてしまえば、何だかんだ楽になってくるということです。

転職活動には大体2ヶ月から3ヶ月かかるといわれていますが、その期間ずっと転職活動に関することをしなくてはいけないわけではありません。

1ヶ月も経たないうちに自分のペースを掴み、それほど時間を割かなくても進められるようになります。

今転職しないとどんどん大変になる

転職がめんどくさいからといって先延ばしにすればするほど、空白期間が長くなり、どんどん転職しづらくなっていきます。

今やらなければもっともっとめんどうなことになるのです。

その理由は主に2つです。

まず1つ目が年齢による問題です。転職市場では年齢が低ければ低いほど需要が高いので、先延ばしして年齢が高くなってしまえばその分転職活動が大変になります。

もう1つの理由が景気です。現在はコロナ禍で落ち込んだホワイトカラーの新規求人数も、以前と同じ水準に回復。現在の転職市場の環境は決して悪くなく、今後も堅調に推移すると予測されます。

ただ、今回のコロナのように予測不能な事態が起こり、一気に景気が悪くなる可能性は十分にあります。何が起こるかが分からないからこそ、今やらなくてはいけないのです。

転職活動をめんどくさいと感じる時に効果的な対処法

転職活動をめんどくさいと感じる時に効果的な対処法

ここでは、転職活動をめんどくさいと感じる時に効果的な対処法を3つ紹介します。

実際に使えるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

1.短期間で終わらせるつもりで臨む

めんどくさいと感じている時は、「この会社から内定が出たら終わりにする」「遅くとも3ヶ月以内に終わらせる」など明確な目標を設けて、短期間で終わらせるつもりで臨むことをおすすめします。

というのも、転職活動が長引くと、転職活動と仕事の両立に疲れきってしまって、妥協した転職先を選んでしまう可能性が高いのです。

せっかく転職活動を始めたのに、妥協して転職先を決めてしまうのは非常にもったいないので、ぜひ期限を設けて取り組むことを意識してみてくださいね。

また、短期間で終わらせるコツは、複数の企業への応募を同時並行で進めていくことです。転職は、1社受けて1社受かるような世界ではないので、複数の企業に応募して結果を待つ方が効率的で、メンタルも保ちやすいと思います。

2.なぜ転職したいのかをハッキリさせる

めんどくさくて転職活動に身が入らない…という時は、なぜ今の仕事を辞めて転職したいと考えたのかを改めて思い出してみましょう。

「自分のやりたいことや適性に合った仕事ではない」「残業が多すぎてプライベートが確保できない」「給料が低いし昇給が見込めない」「人間関係への不満が絶えない」など、きっと何らかの理由があると思います。

ここで伝えておきたいのが、転職によってそれらの悩みを解決できる可能性は高いということ。

転職活動がめんどくさいから…といって今の職場で働きつづけていても解決できる見込みは薄いわけですから、ここで少しだけ頑張ってみても良いのではないでしょうか。

3.転職エージェントを使って転職する

めんどくさがりの人に強くおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職することです。

彼らは、面接のスケジュール管理、年収交渉などのめんどくさいことを代行してくれますし、応募書類の添削や面接練習などにも付き合ってくれます。そのため、転職にかかる手間を一気に省くことができるのです。

全てを自分一人で進めるよりも格段に楽ができますので、ぜひ積極的に活用してみてください。

また、何か困ったことがあれば、すぐにエージェントの方に相談できるのも大きなメリットだと思います。

転職活動中に抱いた疑問や不安をすぐに解消してくれる人がいるのは、非常に心強いですよ。私も転職活動をしている中で、何度もお世話になりました。

仕事を辞めたいなら、めんどくさがらずに転職活動を始めてみよう

仕事を辞めたいなら、めんどくさがらずに転職活動を始めてみよう

たしかに転職活動はやるべきことが多いので、めんどくさいと感じる気持ちはよくわかります。実際私もめんどくさいと感じて、動き出すまでに時間がかかってしまいましたし。

ただ、転職活動を終えた今思うのは、自分一人で進めることにこだわらなければ、転職活動はそれほどめんどくさくないということです。

いくらやるべきことが多くても、転職エージェントを頼れば一気に手間が省けますし、彼らから転職に関する手厚いサポートも受けられます。一人で頑張る必要なんてどこにもありませんので、ぜひ積極的にエージェントを利用してみてくださいね。

また、ここで少し頑張って転職に成功すれば、得られるものは多いはずです。

3年後の自分が今より幸せになれるように、始めてみましょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、20代の方の転職支援に特化したサービスです。

20代の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに20代の方の転職サポートに特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)