転職前提、転職するつもりで入社した新卒が転職するタイミングはいつ?

新卒から就職する際、最初からいずれは転職するつもりで入社する人も少なくはないでしょう。

ではそのように入社した人は、今後どのようなタイミングで転職するべきなのでしょうか。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

転職前提で入社した人が知っておきたい第二新卒転職

いずれは転職するつもりで入社した人、いやそういうつもりがなくても新卒で入社した人はまず「第二新卒」について知っておかなければいけません。

第二新卒とは学校を卒業し就職した入社1年目から3年目の人のことを指します。年齢は大卒の場合だと22歳から25歳となりますね。

中途採用市場ではこの年代の採用活動が他の年代の経験者採用と区別されて行われます。通常の中途採用の場合だと幅広い年代の応募者がいる一方で、第二新卒転職では同年代の中で競いあうわけです。

第二新卒転職の大きな特徴は、経験やスキルよりもポテンシャルを重視されるという点にあります。

通常の中途採用では経験・実績・スキルが伴わないとなかなか転職が難しくなってしまいますが、第二新卒はそれらをそこまで重視されない為、他業種や多職種への転職が非常にしやすくなっています。

そしてこの第二新卒採用は近年企業からの需要が非常に高まっています。

大手を含めて多くの企業が第二新卒採用を積極的に行っており、中には新卒同様に一括大量採用を行っている企業もあるくらいです。

「とりあえず3年」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。3年働かないと仕事の良さは見えないし、まともな会社に転職することもできないという意味で使われています。

しかし実際のところ、転職に関していえばその考えはもはや時代遅れ。

今は入社3年以内でも転職はかなりしやすくなっているし、むしろ3年以内に転職に踏み切ってしまった方が良いケースもかなりあるのです。

転職するつもりで入社した人が転職するタイミングはいつ?

では転職するつもりで今の会社に入社した人は、今後の転職のタイミングについていつするのが良いのでしょうか。

仕事を変える場合は第二新卒のうちに

まず今の仕事とは違う仕事をしたいと考えているなら、第二新卒として転職できるうちに、すなわち入社1年目から3年目にしてしまうべきです。

4年目以降での転職では、その職種での経験や実績・スキルが求められます。そもそも多くの求人では応募条件に職種での経験が必須となっていて、受けることすらできません。

未経験可の求人ももちろんありますが、数は少ないし待遇も悪くなってしまいます。また未経験可と言ってもその求人に経験者が応募するとかないません。

一方、第二新卒は職種での経験ではなくポテンシャルを重視されます。未経験者だからといって大きく不利にはならず、仕事を変えることが容易です。

実際、倍率の高い大手企業でも未経験者から受かった人はたくさんいます。

ですからもしあなたが現在、希望していた仕事ができずに仕事を変えることを考えているならば第二新卒として転職できるうちにしなければなりません。

自分の希望するキャリアに合った企業が見つかった時が転職するタイミング

同職種で転職するつもりならば、第二新卒のうちに転職しなければいけないということはありません。

今の会社で経験をつみ実績をあげ、その上で4年目以降にキャリアアップ転職を目指していくという手段があるからです。

実際、そのような形でキャリアアップしていき、中小企業から大企業への転職を成功させたり、年収300万円から1000万超えまで行ったような人もいます。

ただだからと言って第二新卒で転職すべきではないということでもありません。

同職種でも、転職活動をして希望の会社へと転職できるのであればさっさと転職してしまうべきです。早いうちにキャリアアップしておいた方が、その後のキャリアアップだって早くなります。

経験を積む、スキルを身につけるといったことは今の会社でなければいけないということはないはず。

だからこそ、転職活動をしてみて自分が希望するキャリアに合った企業が見つかったタイミングこそが、転職するタイミングであると言えます。

転職活動はできるだけ早く始めるのがベスト

もしあなたが最初から転職前提で入社し、実際に働き始めた今もいつかは転職するつもりであるという気持ちが変わらないなら、早めに転職活動を始めてください。

転職のベストなタイミングというのは、何年目だとか、どれくらいのスキルを身につけたとか、どれくらいの経験を積んだとかではありません。

希望に合った企業が見つかった時こそが転職するタイミングです。

そしてその企業を見つける為には、結局転職活動をするしかありません。

まずは転職サイトに登録するくらいでもいいでしょう。転職エージェントと話していくつか求人を紹介してみてもらうのも良いです。

とにかく始めること。やらなければ何も起きません。

もっと経験を積んでから、もっとスキルが身についてからという考えは不要

転職したい、いつかは転職するつもりだ、そういったことを言ってるにも関わらず、「もっと経験を積んでから」だとか「もっとスキルを身につけてから」と根拠もなく先延ばししている人がいます。

ではどれくらい経験をつめばいいのでしょう。どんなスキルを身につければいいのでしょう。

そしてそれがあれば希望の転職ができるようになるのでしょうか。年齢を犠牲にするほどの価値があるのでしょうか。

そんなことを考えるより、さっさと転職活動を始めて何度もチャレンジしたり試行錯誤した方が、よっぽど上手くいく可能性は高いです。

転職を繰り返すことにはならないように要注意、慎重さは必要

転職前提に入社したなら、転職活動はできるだけ早めにすべきです。

ただ無意味な転職を繰り返すことだけにはならないように注意しなければなりません。

転職を繰り返してキャリアアップしていくという方法ももちろんあります。ただそれは一貫性を持ち、それぞれの会社で、スキルを身につけていくからこそできること。

転職してみたらやっぱり違った、希望と違ったなんてことになり、一貫性のない転職をしていれば、キャリアアップなんてできません。それどころか転職するたびにキャリアダウンしてしまうだけです。

転職前提で入社した人は、一度転職活動を始めると転職に固執してしまいがち。とにかく転職しようという気持ちに駆り立てられ、つい勢いで転職してしまいます。

そうならないよう、なぜ転職するのか、転職して何がしたいのかという気持ちは最後まで持ち続けるようにしなければいけません。

時間がたつのは想像以上に早い、「転職しておけばよかった」とならない為にはすぐ動くことが大切

社会人になると、時間がたつのは非常に速いです。気が付けば1年たち、2年たち、そしてあっという間に3年たちます。

転職するつもりで入社したのに、変わらず仕事に不満を持っているのに、転職せずに年齢だけが高くなってしまっていくのです。

実際、「さっさと転職しておけばよかった」と思う人は少なくありません。転職したことに後悔するのではなく、転職しなかった後悔している人がたくさんいるのです。

そうならない為にやるべきはとにかくすぐ動くこと。

いつか、そのうち、時期がきたらなんて考えず、転職したいという気持ちがあるならぜひ今すぐに転職に向けて動き出しましょう。

【参考】おすすめ転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。興味がある方、気になる方は参考にしてみてください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT