第二新卒の転職成功率は非常に高い。転職したいなら第二新卒の間に!

転職したいけど「3年働いていないから転職すると上手くいかないのでは」と不安を感じている人は少なくないでしょう。

ただ実際は、入社1年目から3年目の人が行う第二新卒転職の成功率は非常に高いというデータがあり、積極的にチャレンジしてみるべきなのです。

関連記事

 

まずは面談をして自分の市場価値を確認しよう

自分のスキルや年齢を考慮した年収の目安を知りたい方はまず面談をしてみましょう。

転職サイトに登録するだけでも情報は確認できますが、面談をすることでより市場価値の把握が正確になります。

自分は年収が上がらないと思っていても、面談を通じて自分の市場価値の高さに気がつけるかもしれません。

 
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

関連記事

第二新卒とは

第二新卒とは

一度学校を卒業して就職したのち、数年の内に離職し転職活動をする若手求職者を指します。

第二新卒に該当するのは、一般的に卒業後約3年以内を指すため25歳前後の方です。

もちろん、最終学歴によって年齢は異なりますし、企業によっても卒業から何年まで第二新卒とするのか基準は違います。

そのため、第二新卒の期間については厳格な決まりはありません。

ただ、厚生労働省が発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内(*)に辞めているため第二新卒を3年以内とするケースが一般化しています。

*参考:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況を公表します」

「とりあえず3年は我慢」はアウト

一昔前まで、一度就職したら3年間は働いた方が良いと言われていました。

しかし、第二新卒の採用が活発化している昨今、3年間も我慢していては転職に有利となるタイミングを逃してしまいます。

第二新卒の採用は今や非常に活発で、企業側も積極的に採用活動を行っています。

第二新卒採用の見通し
画像:マイナビ ジョブ20’s「【2021年更新】第二新卒とは? いつまで?転職市場で求められているのは本当か?」

実に62.2%もの企業が積極的に採用している第二新卒の権利を、一昔前の考え方で棒に振るのは非常にもったいないことです。

とりあえず3年は昔の話だと理解して、あまりとらわれすぎないようにしてください。

第二新卒の価値が高いのはなぜ?

第二新卒の価値が高いのはなぜ?

転職市場において第二新卒の価値は非常に高まっており、企業にとっても貴重な人材となっています。

では、なぜ第二新卒の価値は高いのでしょうか、その理由について解説していきます。

ポテンシャルがあるから

前述の通り、第二新卒は大体25歳以下の若者を対象としてます。

そのため、しっかり教育すれば長期的に会社で働いてくれて、強力な戦力になってくれる可能性があるのです。

加えて、一度社会に出ているためビジネスマナーが身に付いているなどの観点から、新卒よりも即戦力になりやすいとされています。

すぐ会社に適応できるから

第二新卒の場合、前野職場にいた期間は長くても3年くらいまででしょう。

そのため、転職して入ってきても前職の風土や習慣が抜けきらないケースは非常に少なく、すぐ会社に適応してくれます。

また、年齢が若いため吸収力や柔軟性の高さからくる適応力も、第二新卒が重宝される理由の一つです。

新卒よりも教育コストがかからないから

第二新卒は、前の会社でビジネスマナーなどの研修を受けているので、そこに教育の時間とコストを割かなく良いのです。

ただ言い換えると、第二新卒は基本的なビジネスマナーが身に付いていると思われています。

そのため、第二新卒として就活する場合、基本的なビジネスマナーの高さが重要というわけです。

第二新卒の転職成功率ってどれくらい?

第二新卒の転職成功率ってどれくらい?

全国求人情報協会が調査した結果によると、第二新卒者の転職満足度は以下の通りになっています。

第二新卒の転職成功率

7割以上の人が転職に対して満足しているのです。

これはかなり高い数値と言えるでしょう。

前の会社よりはまともな会社に転職できたとしても、それだけで満足できる人ばかりではありません。

中には、かなり高い希望を掲げて転職に望んだ人もいます。

そういった人も含めての7割ですから、第二新卒転職の成功率は非常に高いのです。

ちなみに、給料に関しては上がるよりも下がった人の方が多くなっています。

  • 1割以上の減少:45.6%
  • 1割未満の変動:25.3%
  • 1割以上の増加:29.1%

3割近くの人の給料が上がっている一方で、半数近くの人は給料が下がっています。

それにもかかわらず満足度が高いというのは、第二新卒者が給料だけではなく、やりがいや休日数・残業時間といった労働環境面も重視しているからでしょう。

また、第二新卒の転職では中小から大手など、企業規模が大きくなった人が26.6%と4人に1人もいます。

非常にうまくいきやすい第二新卒の転職で、「まともな会社に転職できない」「転職してもうまくいかない」というケースは極めてまれです。

参考「若者にとって望ましい初期キャリアとは

迷っている暇はない!第二新卒として転職できる期間は限られている

迷っている暇はない!第二新卒として転職できる期間は限られている

第二新卒の期間が3年間だと聞くと長いように思えるかもしれませんが、実際はあまり長くありません。

なぜなら、第二新卒は学校を卒業してから3年間しかないからです。

当然、多くの方は卒業後に就職して、そこで何年か働くでしょう。

仮に2年間働いたとすると、第二新卒として残された期間はたったの1年しかありません。

迷っているとすぐに時間は経ってしまい、新卒と同じかそれより短い期間になってしまいます。

最悪の場合は第二新卒の権利を失い、中途採用として厳しい活動を余儀なくされる恐れもあります。

もし、あなたが第二新卒として転職できて、なおかつ今の会社に不満があるなら、迷わずに転職活動を始めてみてください。

第二新卒を最大限に活かしたいなら転職エージェントを利用しよう

第二新卒を最大限に活かしたいなら転職エージェントを利用しよう

第二新卒というブランドを最大限に活かして転職活動を進めたいなら、プロである転職エージェントの利用は欠かせません。

なぜなら、新卒として入社した方の多くが3年以内に離職して、第二新卒として採用試験に挑んでいるからです

いくら第二新卒が有利といっても、周りが全員第二新卒となれば、それだけで戦うのは難しいでしょう。

周りとの差別化が成功へのカギとなります。

そこで役立つのが転職エージェントです。

あなたの強みや企業へのアピールポイントを適切にアドバイスしてくれるので、他の第二新卒の方と差を付けられます。

 また、転職エージェントなら履歴書の書き方や添削、自己分析や企業研究のやり方、面接の対策や模擬面接の実施など、転職にかかわるあらゆる面でサポートしてくれます。

利用料金は完全無料なので、ぜひ第二新卒として戦うなら転職エージェントを利用してみてください。

まず面談をしてみる価値のある転職エージェント

若手におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【第二新卒をサポート】ジェイック就職カレッジ


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは、第二新卒の転職支援に特化したサービスです。

第二新卒の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績があるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。