新卒入社9か月で退職・転職はあり?あと3ヶ月待つべき?

9ヶ月で転職を考えた時、すぐに転職していいものなのか、それともあと3ヶ月我慢して1年たってからの方がいいのか、そもそもこんな短期間で転職しようと思ってもまともな会社に転職できるのか、色々と悩みますよね。

今回はそんな人の為に、新卒入社9ヶ月で転職するのはありかなしか、そしてあらかじめ知っておきたいポイントを紹介します。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

新卒入社9か月で転職するのはありかなしか

入社してまだ9か月、1年たっていないタイミング、しかもあと3ヶ月でとりあえずは1年たつというタイミング。

転職してもいいのか、それとももう少しだけ我慢すべきなのかと悩む人も少なくないでしょう。

結論から言えば、9ヶ月しかたっていないタイミングであっても転職に踏み切るのは「あり」です。

今の第二新卒市場はかなり活況で、たとえ1年未満に転職するとしても十分成功できます。大手企業も積極的に採用活動を行っているので、もちろん倍率は高く難易度は高いですが、上手くいけば中小企業から大手企業に転職することだって可能です。

また転職活動のみならず、仕事の面だって9ヶ月という期間は見極めるのには十分な期間である場合がほとんどです。

9ヶ月しか働いていないという人が辞めるとなると、仕事のこともよくわかっていないと言われることは多々あるでしょう。

しかし、ほとんどの人は仕事のこと、会社のこと、将来のこと、色々と考え、悩んで悩んで退職する、転職するという答えを出しています。ただ勢いで、甘えで転職しようなんて人はほとんどいません。

ようするに、たとえ9ヶ月であっても、ほとんどの人は転職に値する十分な理由があるし、転職市場としても転職できる環境になってくれているのです。

新卒入社9か月で退職・転職を考えている人が知っておくべきこと

ただいくつか、ぜひ知っておきたい点があります。勢いで転職すると決める前にぜひチェックしてください。

4月入社を狙うならすぐに転職活動を開始した方が良い

第二新卒転職の場合、新卒時と違って入社時期は限定されてなく、1年中どこかの企業は採用活動を行っており、どんな時期でも転職することは可能です。

ただ採用活動は4月入社、もしくは10月入社に向けて活発化する傾向があり、この時期を狙った方が多くの求人から企業を選ぶチャンスがあります。

また一括採用となることで、一緒に入社する同期もいるというメリットもありますから、新卒入社して9ヶ月というタイミングでは、4月入社を目指した転職活動をしていくのが良いでしょう。

ただ4月入社に向けた採用活動は、1月から3月に最も採用活動が活発化します。この時期にどんどん応募していかなければなりません。

自己分析、業界研究などを応募前にやっておかなければならないことがあることを考えると、時間的な余裕は決してないのです。

転職活動で焦りは厳禁です。だからこそ、もし転職する気があるならすぐにでも転職活動を始めるようにしてください。

1年働くことのメリット・デメリット

あと3ヶ月も働けば、とりあえず1年働いたという実績が得られます。どうせならそれからの方がいいのではないかと考える人も少なくないでしょう。

正直、1年未満ということが転職活動時に不利になることはゼロではありません。

1年も働けなかったということから、「すぐに辞めそうだ」と敬遠する企業もあります。応募条件が「2年目から4年目」となっていて、そもそも応募ができない企業もあります。

あと3ヶ月頑張り、とりあえず1年は辞めなかったという実績を作った方が良いというケースは間違いなくあることです。

ただ一方で1年働くことがデメリットになることもゼロではありません。

まず少なくともあと3ヶ月、今の仕事を続けなければいけません。3ヶ月で済めば良いですが、10月入社を狙うとなれば9ヶ月にもなります。仕事に大きなストレスを感じている人にとってそれは、決して楽なことではないはずです。

また転職活動においても、2年目の人より1年目の人を優先して採用したいという会社もたくさんあります。できるだけ若い方がいい、新卒に近い方が良い、9ヶ月も働いていれば十分と考えている企業もあるのです。

結局のところ、今転職してしまう方が良い結果となるか、1年たってから転職した方が良い結果となるかはやってみなければわからないことです。

ですから、もし転職すると決めているのであればまずは転職活動をしてみることが大切。良い企業に巡り合えれば転職すれば良いし、逆に良い企業に巡り合えなければしばらく今の会社で仕事を続け、2年目になってからまた転職活動を行ってみる。それくらい柔軟に行っていった方が転職はうまくいきます。

在職中に転職活動を行い、転職先が決まってから退職するのが基本、ただし例外あり

転職する上で基本的に守らなければいけないことは「在職中に転職活動を行い、転職先が決まってから退職する」ということです。

もしかしたらなかなか良い転職先が見つからないかもしれません。もしかしたら予想していたよりも転職活動が延びて貯金が足りなくなってしまうかもしれません。もしかしたら転職活動をしてみると今の会社の良さに気づくかもしれません。

確かに今は売り手市場。しかし何があるかはわからないからこそ、お金面で焦ることなく、場合によって転職しないという手段もとれる在職中の転職活動は必要なことなのです。

また第二新卒者、特に9ヶ月での転職となると「すぐに辞めるかもしれない」という懸念はどうしても持たれてしまいます。そんな時、「すでに辞めているか」「今も続けているか」では採用担当者に与える印象が異なり、後者の方が良い印象になるケースが多いです。

ただし、あくまでこれは「基本的には」です。もちろん例外もあります。

たとえば今いる企業がとんでもないブラック企業ならすぐ辞めるべきだし、有給を全く使わせてもらえず転職活動の時間を確保することができないのであれば面接が始まる前に辞めるしかありません。

また精神的に限界が近い場合も辞めた方がいいです。無理に続けて体を壊しては元も子もありません。

自分が今置かれている状況をしっかり考え、自分にあった転職活動のやり方を考えて下さい。

退職金はでない、失業保険は基本的に貰えない

多くの企業では退職金の支給条件が3年以上の勤務となっています。ですので退職金は貰えません。

また失業保険の受給条件は自己都合の退職の場合だと過去2年間で雇用保険に加入している期間が1年以上となっているので、これまた貰えません。

またもし1年待ったとしても、自己都合退職の場合は給付制限がつくので支給開始は3ヶ月以上先になります。

すなわち、退職から次の転職までの期間が空く場合、貯金を切り崩して生活していかなければいけないということです。

転職時におけるお金の計算はしっかり行いましょう。

参考:残業45時間以上が続いているなら失業保険はすぐに貰える!体を壊す前に退職してしまおう

参考:転職ではお金がどれくらいかかるもの?退職金やボーナスを当てることの注意点は?

転職が頭をよぎったらまずは転職活動から

もしあなたが残業代もでない、パワハラもされるというようなブラック企業に勤めているならば、1年なんて末必要なくすぐにでも1年たつのなんて待たずに転職に踏み切るべきです。

またたとえブラック企業でなくても、精神的に限界が近く、このまま続けていたら体を壊す恐れがある場合も、1年待つなんて悠長なことを言わずにすぐに転職すべきです。

それ以外の人は、今からまず転職活動を始めましょう。

転職活動がうまくいくかどうか、何が有利になり、何が不利になるかなんて言うのは、結局のところやってみなければわかりません。

9ヶ月どころかたった1、2か月で転職して上手くいく人もいるし、逆に1年以上、2年以上働きそこそこ実績ができた後で転職活動をやってみても上手く行かないという人もいるのです。

第二新卒向けおすすめ転職サービス

最後に第二新卒向けのおすすめ転職サービスを紹介します。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。総合的な求人数では dodaリクルートエージェントに及ばないものの、未経験歓迎の求人は業界トップクラスです。

未経験者の転職に関して本当に強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT