第二新卒としての転職で超大手企業に転職することは可能か

第二新卒で大手企業に転職するのは厳しい、ましてや新卒でも人気があって離職率も低い超大手企業に転職するなんて不可能だ。

そんな風に思っている人も少なくはないのでしょうか。

そしてそれが今の会社、今の仕事に大きな不満を感じているのに転職に踏み切らない理由になっているという人もいるでしょう。

ただその思い込み、実は間違いです。

関連記事

 

超大手企業での第二新卒採用の状況

新卒入社3年以内の人を対象にした第二新卒採用。

超大手企業でのこの第二新卒採用の状況はどうなっているのでしょうか。

超大手企業でも積極的に第二新卒採用を行っている

この第二新卒は中小企業ばかりが行っているものではなく、超大手企業であっても実は積極的に第二新卒採用を行っています。

たとえば博報堂や三菱電機といった誰もが知っている企業が行っていることはニュースにもなったし、他にも多くの企業が数十人単位での第二新卒採用を行っています。

中小企業や人気のない企業しか求人はないというのはそもそも間違いなのです。

大手なのになぜ第二新卒採用に積極的なのか

確かに第二新卒採用を行う目的の大きなものとしては以下のものがあります。

  • 新卒で採用しきれなかった人数分を補う為
  • 入社後に退職した人を補う為

この目的だけで考えたなら、確かに中小企業が中心となってはくるでしょう。

人気のある大手企業は新卒採用時に応募人数が採用人数を下回るなんてことはないし、離職率もかなり低い。こういった理由での採用を行う必要がなくなります。

ただ第二新卒をあえて採用する目的というの、決してこんな理由だけではありません。

  • 第二新卒にも優秀な人はいる
  • 第二新卒を含め大きな母数から優秀な人を確保する
  • 他社、他業種、他職種での経験が将来的にプラスになる

たとえばこんな理由から、新卒採用の数を増やすのではなくあえて第二新卒採用を行うようになっているのです。

第二新卒で転職して超大手は十分にありえること

就職活動が上手く行かずに希望の会社に入れなかったという人は決して少なくないでしょう。

ただそんな人であっても、第二新卒転職でリベンジできる可能性は十分にあるのです。

実際、新卒採用時に落ちた会社に第二新卒転職で受かった人もいます。学歴で届かなかった企業に入社できた人もいます。

確かに新卒で最初から満足できる会社に就職できるのがベストかもしれません。

ただそれができなかった今、第二新卒転職に望みをつなげるというのは何らおかしなことでも、無謀なことでもないのです。

超大手企業の求人はあまり表にでてきていない

一点特に知っておいてもらいたいのが、超大手企業の求人はあまり表にでてきていないということです。

数十人という大人数をまとめて採用する場合や、新卒と同条件、同タイミングで採用を行う場合なら転職サイトや会社HPで確認することが可能です。

ただ数人単位で採用を行う場合だと多くの場合は「非公開求人」となっており、転職サイトのスカウト機能からオファーを貰うか、転職エージェントから紹介して貰わなければそもそも求人があること自体を知ることができません。

求人サイトを見てもろくな求人がなかったなんて経験ありませんか?私のまわりでもそれを理由に転職を諦めてしまっている人がいました。

ただそれで転職は無理だと判断するのは、実はかなり間違っていることなのです。

ただし第二新卒採用を行っていない企業も多いので注意

もちろん良いことばかりではありません。

やっぱり新卒に比べると選択肢は少なってしまいます。

大手企業でも第二新卒採用に対して積極的なってきたというのは事実ですが、まだまだ採用を一切行っていない企業もたくさんあります。

どんな企業でもチャンスがあるわけではなく、残念ながら一切ない企業もあるのです。

だからこそ、転職活動時はあまり業種や会社に固執せず、広い視野を持って自分の希望に合った仕事を探して見ることが必要となってきます。

当然倍率は高い

また、当たり前ですが倍率は高いです。

知り合いは大手のみを狙って転職活動を行いましたが、結局20社以上連続で落ちてしまって諦めました。

第二新卒向けに採用活動を行ってくれていてチャンスはあります。ただだからと言って転職活動をすれば大手に行けるかというとそういうわけではありません。

転職活動は楽なものではありません。時間も手間もかかります。

もしかしたらそのかけた時間や手間が無駄になってしまうという可能性があるということも覚悟して行わなくてはなりません。

倍率は高い。でもやってみなければ何も起こらない。

このような状況にある第二新卒転職。

確かに倍率は高く、決して簡単に行くようなものではありません。

しかし可能性があるという点は間違いないし、やらなければその可能性はゼロになります。

もし大手に転職したい、そう考えているのであればぜひやってみましょう。上手く行かないかもしれませんがやる価値は十分にあります。

在職中の転職活動ならリスクなんてない

もし転職活動を始める前に仕事を辞めるとなれば、それにリスクはあります。

思ったように上手く行かず、自分の希望とかけ離れた転職先しか見つからなくてもそのうちで妥協しなくてはいけなくなるからです。

しかし仕事を辞めていなければ、そういったリスクはありません。

もし希望している会社が決まらなければ転職しなければ良いだけ、行きたいと思っている企業から内定を貰えたら転職に踏み切れば良いだけ。

リスクなしで挑戦できて上手く行けば今よりずっと良い環境を手に入れるかもしれないのですから、やってみることに躊躇する理由なんてありません。

何度も挑戦できる

転職活動の平均的な期間は2~3ヶ月と言われています。ただこの期間はあくまで目安です。

もし希望に合う会社からの内定を貰えなければ、自分にやる意思がある限りいつまでだって挑戦できるのが転職活動です。

第二新卒の範囲内であれば、1年に1回しか採用がない会社であっても翌年に応募することだって可能です。

年齢がたつほど経験を重視されるようになる

第二新卒では業種、職種での経験はあまり重視されません。それよりもその人自身のポテンシャルで採用可否が判断されます。

しかし3年がたつと今度は経験を重視されるようになります。

超大手企業にもなれば、未経験者でも採用されるなんてことはほぼなく、職種での経験はもちろんだし、職種という大きなくくりだけではなく、その中でもより詳細な経験のマッチングを求められることも多々あります。

すなわち、今とは違う仕事をしたいと思っているのであれば今しかありません。

第二新卒はむしろ大手に行きやすい年代なのです。

転職活動をやるだけやってみよう

給料が低い、労働条件が悪い、サービス残業が多い、仕事がつまらないなど今の仕事に色々と不満を抱えている人は少なくないでしょう。

そんな人はぜひ転職活動を始めてみましょう。

上手くはいかないかもしれません。でも上手くいくかもしれないんです。やってみる価値はあるのではないでしょうか。

そしてもし転職活動を始めるなら、ぜひ転職エージェントを使うようにすることを強くおすすめします。

特に超大手企業を狙っているのであれば、使わないと上手くいくはずのものも上手くいきません。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事