残業45時間以上が続いているなら失業保険はすぐに貰える!体を壊す前に退職してしまおう

残業45時間というのは、決して少ない数字ではありません。

100時間以上の残業など、極端な例に注目されますが、残業45時間以上でもそれが続けば働くことが辛いと感じてしまうもの。

体を壊してしまう可能性だってあるのです。

関連:新入社員ってどれくらい残業してる?残業代は貰えている?

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:残業100時間以上の実態や体験談。今のままで大丈夫?

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

残業45時間以上は過労死の危険性も

残業45時間以上は過労死の危険性も

残業100時間以上となると、さすがにやばいかなと自分でも気づくことができるかもしれません。

ただ、残業45時間程度だと多いとは感じながらも当たり前なことだと思ってしまう人も少なくはないでしょう。

これくらいでしんどいなんて甘えだという風に考える人もいるかもしれません。

45時間以上で徐々に病気と業務との関連が強くなる

現在、過労死と労働時間因果関係の基準となる過労死ラインは80時間以上であるとされています。

このラインを超えると、病気の発症と業務の関連性が強いと評価されます。

ただ、厚生労働省の通達ではこれ以外に、残業45時間以上が1ヶ月間ないし6ヶ月間にわたって続くと、業務と病気発症の関連性が徐々に高くなってくるとされています。

人によっては、残業80時間を超えていなくても、45時間を超えたあたりから発症する可能性があるということなのです。

残業45時間以上を当たり前と思ってはいけない

そもそも、残業45時間以上というのは、法律上でも特別な場合にしか許されていないことです。

企業が1日8時間、1週間40時間を超えて労働者に働かせたい、すなわち残業させたい場合、労働基準法36条に基づき36協定を結ぶ必要があります。

ただ、36協定を結んだからといって、いくらでも残業させていいというわけではなく、限度が定められており、1ヶ月で45時間、年で360時間以内にしなくてはならないとされています。

ただ、臨時の場合や特別な事情がある場合に限り、この限度時間を超えることができます。

あくまで特別な場合です。毎月45時間以上なんて決して普通のことではありません。

参考:36協定とは?特別条項や違反時の罰則をしっかり理解。

残業45時間以上が続いていればすぐ失業保険が貰える

残業45時間以上が続いていればすぐ失業保険が貰える

人によっては残業45時間でも限界を感じてしまいます。体、心を壊してからでは遅いのです。

無理と思ったら、辞めることも考えなくてはなりません。

自己都合でも3ヶ月待つ必要なし

通常、自己都合の退職の場合には失業保険給付まで3ヶ月間の待機期間が必要になります。

その為、少なくとも3ヶ月間分の生活費は確保しておかなくてはなりません。

ですから、辞めたいと思っても辞めることができないという人もいるでしょう。

しかし、残業45時間以上が続いている状態であればその3ヶ月間の待期期間なしですぐ貰うことが可能となります。

残業に関しての条件は以下の通りです。

離職直前の 6 か月間(賃金締切日を起算日とする各月)の間に 45 時間を超える時間外労働が 3 月連続してあったため離 職した場合、100 時間を超える時間外労働が1月あったため離職した場合、又は 2~6 月平均で月 80 時間を超える時間外労 働があったため離職した場合等

参考:厚生労働省「特定受給資格及び特定理由離職者の範囲と判断基準

限界を感じたら辞めることも大切

辞めたって失業保険はすぐ貰えます。決して無理だけはしないようにしましょう。

残業が多いことで、体調を崩してしまう人は本当にたくさんいます。

それを防ぐ為に、失業保険はすぐ貰えるようになっているのです。

失業保険をもらいながら転職活動をしよう

失業保険をもらいながら転職活動をしよう

失業保険をもらいながら転職活動をすれば、様々なメリットが得られます。

ここでは、どのような利点があるのか解説します。

労働に時間を割く必要がない

1つ目にご紹介する失業保険をもらいながら転職活動するメリットは、労働に時間を割く必要がないことです。

生活していくにはお金が必要なので、普通なら働く必要があります。

しかし、働いていると転職活動に割ける時間は少なくなります。

その点、失業保険をもらえば労働に時間を割く必要はありません。

自分の時間を全て転職につぎ込めるので、効率良く活動を進められます。

生活に困る心配がない

2つ目にご紹介する失業保険をもらいながら転職活動するメリットは、生活に困る心配がないことです。

失業保険を申請しておけば、毎月一定の金額が入ってきます。

そのお金があれば、仕事を辞めても生活に困る心配はなくなります。

精神的なゆとりができる

3つ目にご紹介する失業保険をもらいながら転職活動するメリットは、精神的なゆとりができることです。

失業保険をもらっていれば、仕事と転職活動のバランスを気にしながらスケジュール管理する必要がありません。

当然、貯金を切り崩して生活費や転職活動の費用に充てる必要もないので、気持ちに余裕が生まれます。

精神的なゆとりができれば、冷静に転職活動を進められるでしょう。

心身を休める時間が欲しいならぜひ転職エージェントの利用を

心身を休める時間が欲しいならぜひ転職エージェントの利用を

残業ばかりだとプライベートな時間も確保できず、毎日辛い日々の連続です。

そして、そんな会社をやっと辞められたのに、転職活動のせいで心身を休める時間を確保できないなんて方は多いと思います。

そんな悩みを抱えているなら転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、無駄な労力を割かなくて済むうえに、自分で会社を探すよりも確実に良い会社に出会えます。

では、最後に転職エージェントを利用した方が良い理由をいくつか紹介します。

各企業に適した戦略を立ててくれる

1つ目にご紹介する転職エージェントのメリットは、各企業に適した戦略を立ててくれる点です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、各企業の採用担当者などと直接やり取りをして、社内の情報などを入手しています。

それらの情報を使って各企業に適した戦略を立ててくれるので、的確なアプローチができます。

履歴書・ESの添削と面接対策をしてくれる

2つ目にご紹介する転職エージェントのメリットは、履歴書・ESの添削と面接対策をしてくれる点です。

キャリアアドバイザーの方が、プロの視点から履歴書やESの書き方を教えてくれます。

自分では気が付かなかった強みなども見つけてくれるので、効果的に企業にアピールできます。

また、面接対策では想定される質問内容を教えてくれて、それに適した受け答えについても指導してくれます。

模擬面接の実施もしてくれるので、「面接では緊張してしまう」という方のサポート体制も万全です。

ホワイト企業に出会える可能性がかなり高くなる

3つ目にご紹介する転職エージェントのメリットは、ホワイト企業に出会える可能性がかなり高くなることです。

そもそも転職エージェントは、紹介者が一定期間働いてくれないと企業から紹介料を受け取れません。

ブラック企業ばかり紹介していると、すぐ辞められてしまい利益を上げられないのです。

だからこそ、ホワイト企業を紹介して長く働いてもらおうと努力してくれます。

転職エージェントを利用すればホワイト企業に出会える可能性が格段に高くなるので、あなた一人で進めるより質の高い転職活動ができます。

利用料金は完全無料なので、気軽な気持ちで登録してみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連:裁量労働制のメリットや問題点。残業代はどうなる?

関連:みなし残業制度の上限や残業代。あなたの会社は守っている?