毎日残業を3時間以上することが当たり前になっている。心も体も疲れてもう辞めたい。  そう思いながら働いている人も少なくないでしょう。  ただ、正社員として働く中で、それは普通のこと、仕方のないことだと割り切っているかもしれません。  しかし、残業が毎日3時間続く状態というのは決して普通のことではなく、体を壊すことにもなりかねない危険なことであることを知っておかなければなりません。

毎日残業を3時間以上することが当たり前になっていて、心も体も疲れてもう辞めたい。

そう思いながら働いている人も少なくないでしょう。

ただ、正社員として働く中で、それは普通のこと、仕方のないことだと割り切っているかもしれません。

しかし、残業が毎日3時間続く状態というのは決して普通のことではなく体を壊すことにもなりかねない危険なことであることを知っておかなければなりません。

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

毎日残業が3時間以上続くことは異常!そんな会社で大丈夫?

ニュースを見ると、残業が100時間や200時間というものすごい残業時間の話を聞きます。

残業を毎日3時間行った場合だと、完全週休二日制の場合には月間残業時間が60時間程度です。

こう考えると、3時間程度の残業なんてたいしたことがないと思うかもしれません。

しかし、残業が60時間というのは決して普通のことではないのです。

過労死基準をオーバー

労働時間がある一定の時間を超えると、過労死のリスクが高くなります。

その基準の中では、過去1ヶ月から6ヶ月間で残業45時間以上となると、過労死のリスクが徐々に高くなるとされています。

ですから、残業60時間というのは体を壊すリスクが十分に高いということです。

失業保険では、離職直前の残業が過去6ヶ月間のうちに3ヶ月連続で45時間以上残業を行っていると、自己都合の退職であっても3カ月の待機期間なしで受給できる特定受給資格者に該当する場合があります。

法律上の残業上限

法律上、残業の上限が決められています。

その上限は以下の通りです。

  • 1週間・・・15時間
  • 2週間・・・27時間
  • 4週間・・・43時間
  • 1ヶ月・・・45時間
  • 2ヶ月・・・81時間
  • 3ヶ月・・・120時間
  • 1年・・・360時間

残業を毎日3時間以上していると、1週間での残業上限をオーバーすることになり、当然月間、年間残業の上限も超えます。

ただ、必ずしも労働基準法に違反しているわけではなく、残業時間に関する労使間の協定である「36協定」を結ぶ際に、「特別条項」というものを追加することで可能になります。

しかし、特別条項は、あくまで「臨時的」である場合にのみ限定され、1年の半分を超えないという条件が必要です。

あくまで臨時的な話ですから、慢性的に毎日残業3時間以上続く状態は異常であると言えます。

仕事しかできない毎日

法律以前に、毎日3時間以上続く状態を考えてみましょう。

朝7時に起きて、8時に家を出る。9時から21時まで働いて22時にようやく帰宅。そこからようやく夜ごはん。

気がつけばもう寝る時間です。

毎日が仕事しかしない人生になってしまいますし、家族がいる人は、まともに家族とも会えません。

それでも仕事に対して幸福を感じることができる人は良いですが、仕事もプライベートも大切にしたいという人にとっては、全く楽しくない人生になってしまいます。

何より、心を休めることができず、徐々に体調に悪影響を及ぼしていきます。

休日があるとは言え、毎日体を休めることができていない為、疲れが溜まっており、体を休めることしかできないなんて人も多いでしょう。

残業が多いのはあなたが無能だからではない

ここで覚えておいてほしいのが、残業が多い原因の大半は会社にあるという点です。

確かに、仕事のスピードが遅くて残業が増えてしまう方もいるでしょう。

しかし、残業が慢性化している会社の原因の多くは、会社の風土や上司(上層部)のタスク管理ができていないからです。

「残業が多いのは自分が無能だからだ」と悲観する必要はなく、まず会社側がしっかり残業をなくす試みをしているのかチェックしてみてください。

「残業3時間」の実態とは?

ここでは、残業3時間の実態について紹介します。

平日のプライベート時間がとれない

残業を3時間していると、退社時間は20時半~21時くらいになります。

21時に帰宅して夕飯を食べたりお風呂に入ったりしていると、あっという間に22時を過ぎてしまうでしょう。

次の日も仕事があれば夜更かしはできないので、趣味を楽しむ時間はほぼありません。

生活習慣の乱れによる体調不良

残業を3時間していると帰宅時間は21時頃になります。

当然、夕飯を食べる時間は21時以降になるので、食生活は不規則になるでしょう。

また、食べてから就寝まで3~4時間は空けないと、消化によって胃や腸が活発に動いてしまい睡眠の質が低下する恐れがあります。

そして、眠りが浅くなり睡眠不足になると、仕事の効率低下を招く可能性だってあるのです。

「みなし残業」の可能性が高い

3時間の残業に対して、必ず残業代が発生しているとは限りません。

実際、会社の中には45時間までしか残業代が付かないところがあります。

なぜなら、1か月に行って良い残業は45時間までと労働基準法で決まっているからです。

それ以上の残業は会社的にNGとなっているため、「社員が自主的に働いているだけ」という判断になります。

会社のために残業しているのに、会社側は「社員が勝手に働いているだけ」と考えているのは納得できないでしょう。

残業しないことで評価が下がる

残業3時間が慢性化している会社では、残業すると評価される傾向にあります。

反対に、残業しない人はダメな人というレッテルを貼られてしまうのです。

本来、会社は残業を減らすべく努力する必要があるのに、「残業するのは偉いこと」といった間違った認識が定着して、残業しない選択ができなくなります。

さらに残業時間が増加する傾向にある

あなただけでなく他の社員も残業が当たり前になっていると、誰かが休めば残業分も含めた仕事が他の社員に回ってきます。

ただでさえ残業しなければ終わらない仕事量なのに、他の社員がやるはずだった残業分も含めた仕事が割り振られると、残業時間はさらに増加します。

このように残業が慢性化している状態では、誰か1人休むだけで他の社員にのしかかる負担が尋常ではない量になるのです。

有給が使いづらい

前の項目で解説した通り、残業が慢性化している会社では、誰かが休むと他の社員にかかる負担が大きくなります。

それは、当然あなたが休んでも同じ話です。

会社員の権利である有給休暇ですら、まともの取得できない可能性があります。

なぜみんな普通に働いているのか

周囲を見れば、毎日残業3時間以上を普通にやっているし、友人ではもっとやっている人もいる。

なぜみんなそんなに仕事することができるんだろうと不思議になることもあるかもしれません。

しかし、多くの人は決して普通に働くことができているわけではありません。

多くの人が隠している

なかには仕事が好きで好きで仕方なく、どれだけ残業しても苦にならない人という人だっているかもしれません。

しかし、そんな人はほんの一握り。ほとんどの人はやはり早く帰りたいと思っています

それでもやらざるを得ず、やっている人がほとんどです。

出世の為、お金の為、理由は様々ですがやらなきゃいけないと思ってしまっているのです。

まだ、そういった理由がある人はいいかもしれません。

理由がなくても周囲がしてるから、仕事が多すぎるから、残業を強いられているからなど、自分の意志が全くないにも関わらずやらなくてはいけない状況に陥っている人もいます。

むしろこういった人のほうが多いでしょう。

当たり前だと思いすぎている

残業が嫌でも普通に働き続けているもう一つの原因が、残業することを当たり前だと思いすぎている点にあります。

周囲の人がやっていると、それが当たり前のようになってきてしまいますし、年齢が高い人たちは、昔はもっとやっていたとよく言います。

違う会社の人でも、残業が少ない人より残業が多い人のほうが印象に残りやすい為、それが多数派でなくても普通のように思ってしまいます。

当たり前だと思ってしまうと、そういうものだと決めつけてしまい、働き続けるしかなくなってしまいます。

本当にずっと働くことができるか今一度考えてみよう

たとえ残業が多くても、その会社で成し遂げたい夢があるなら、我慢してでも働き続けて良いでしょう。

しかし、そうでなければ一度仕事を変えるということも考えてみてください。

あと数十年、働き続けることができますか?あと数十年、その生活を続けることができますか?

働き続けて管理職になると、残業は今以上に増えるかもしれません。

もし、あなたが今の会社で働き続けるのが難しいなら、以下の選択肢から解決策を選ぶと良いでしょう。

部署異動や休職などを交渉する

まずは、退職せずに今の環境から離れる方法を考えてください。

部署異動を希望するか、もしくは休職を交渉してリフレッシュする時間を作ってみましょう。

ただし、部署異動を希望する場合は、異動先の部署は残業が少ないという点を確認しておく必要があります。

また休職する際は、再び今の環境に戻ってくるという覚悟が必要です。

もし、もう二度と今の環境に戻りたくないなら、休職ではなく部署異動や転職を検討した方が良いでしょう。

退職してから就職活動する

二度と今の環境に戻りたくないなら、思い切って退職して転職活動を始めてください。

転職活動には時間と労力が必要となるので、専念するには退職してからスタートした方が良いでしょう。

ちなみに、残業が多すぎるという理由で退職しても問題ありません。

なぜなら、残業が多すぎると自分の健康を害したり、家族との時間が取れず関係が悪くなったりする恐れがあるからです。

残業が多くて辛いなら、それを理由に退職して転職活動を始めてみてください。

在籍中に転職活動する

一刻も早く次の会社に移りたいなら、在籍中に転職活動を始めても良いでしょう。

ただし、働きながら転職活動するのは、かなりの労力が必要です。

ただでさえ残業が辛いという環境で転職活動するのは、体力と精神力が重要なので、その点はしっかり理解しておいてください。

また、転職活動の面接などで「残業が多くて辛かった」という理由を伝えるのは問題ないとしても、本当に残業が多かったのかは調べる必要があります。

例えば、毎月10時間の残業が辛かったとしても、世間一般的に月10時間の残業は多いとは認められません。

それなのに残業が多くて辛かったと話してしまうと、「この人はあまり働きたくないのでは?」と思われて就活が不利になります。

世間的に見ても残業が多いと言われる場合にのみ、面接などで「残業が辛くて転職を考えた」と話してください。

残業が多くて転職したいけど時間が確保できないという方は

残業が3時間以上あると、自分の時間がどんどん減っていきます。

そして、ただ時間が減るだけでなく、家族との信頼関係や自身の体力なども失っていく恐れがあります。

中には、心身を壊して再起不能になるケースもあるほどです。

また一生懸命に残業していても、会社側は残業が当たり前と考えて、感謝すらしてくれない可能性があります。

そのような生活をいつまでも続ける価値はありません。それなら一層のこと転職してしまった方が良いでしょう。

しかし、毎日残業を3時間していると、なかなか転職活動する時間は取れません。

企業の検索だけならできるかもしれませんが、履歴書や職務経歴書の作成は厳しいですし、何より面接のスケジュール調整が大変です。

もし、転職したいけど自分ひとりだけで進めるのが大変と感じていたら転職エージェントの利用を検討してみましょう。

転職エージェントは通常の転職サイトと異なり、エージェントの方が企業検索・履歴書や職務経歴書の作成をサポートしてくれるので効率的に転職活動を進めることができます。

つまり、プライベートの時間を確保しにくい人ほど転職エージェントの利用価値は高まるということです。

近々ですぐに転職をする気はなくても早めに動くことで、本当に転職したくなった時にすぐ行動に移すことができるため、いまの職場に留まり続けるのはきついなと感じたら気軽に登録をしてみましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)