残業時間の上限は?1日、1週間、1か月、1年の場合

残業が多すぎると、体力的にも精神的にも厳しいですよね。

健康面に影響を及ぼしますから、残業には法律で残業時間が決められています。

今回は残業の上限時間について紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

関連:毎日残業が3時間以上でもう仕事を辞めたい。これって普通なの?

残業時間の上限

では1日、1週間、1か月、1年単位で見ていきましょう。

1週間、1か月、1年の残業時間の上限

36協定とは?特別条項や違反時の罰則をしっかり理解。の中で詳しく紹介していますが、

残業時間は労働基準法の第36条の中で、会社側と組合側で協定を結んでいれば以下の時間内で残業時間することが許されます。

  • 1週間:15時間
  • 1ヶ月:45時間
  • 1年:360時間

ただし、特別条項付き36協定を結んでいれば、それ以上もすることが可能です。

急激な負荷の上昇等で臨時で、どうしても360時間を超えなくてはならない場合に労使で合意すれば可能というものです。

この特別条項では、特に残業時間の上限が決められてはいません。

過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策の中で紹介していますが、80時間を超える場合には、過労死の危険があります。

しかし、法律では80時間というしばりはなく、特に上限は定められていないのです。

ただし、45時間以上できる月は、1年の半分を超えないこととされている為、1年に6回は45時間以内でなければなりません。

1日の残業時間の上限

1日の残業時間はどれくらい許されるかという疑問に対しては制限が無いというのが答えです。

1日8時間の勤務の場合、休憩時間は1時間をとる必要がありますので、残りは15時間となります。

ただ、労働基準法で規定がないだけで、残業について労使の間で結ばなくてはならない36協定で、1日の残業時間を定める必要があります。

すなわち、各企業の労使間で結ばれている36協定によって1日の残業時間の上限は決められているのです。

およその企業では4時間から8時間程度になっていることが多いです。

8時間の場合、1日16時間勤務までは許されることになります。

必要な休憩時間である1時間や、通勤時間等を考慮すると、残業8時間は相当きついですね。

もし残業時間の上限がそれ以上になってくると、必要な睡眠すらとることができなくなる為、過労死などの危険もあります。

もちろん、上限を設定してあって、実際はその上限まで行くことなんてありえないという場合も多くありますから、36協定の内容だけで、その企業がどうかということはわかりませんが。

残業のしすぎには要注意

もし、残業時間があまりにも多い場合には注意が必要です。

過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策の中で紹介していますが、残業のしすぎは過労死にも繋がります。

36協定では1日の残業時間の上限が4時間程度だけど、実態は8時間以上なんて会社もあります。もちろんサービス残業。

もしそういった会社に勤めているのであれば転職を考えてみましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?