仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

仕事を辞める。そのことを異常なまでに嫌悪感を抱いている人がいます。

苦しくてもしんどくても辛くても仕事は続けるべき、辞めたら負け、そんなあたかも続けることだけに正義があるかのように考えていたりもします。

もしかしたら、あなたもその一人になっていませんか?辞めたら負け。辞めることは逃げること、そんな勝手なイメージに捕らわれてしまっていませんか?

関連記事

 

仕事を辞めたら負けって考え方はおかしい

仕事を辞めたら負けなんて考え方、どう考えたっておかしな考え方です。

では仕事を続けてさえいれば勝ちなのでしょうか。

転職して自分に合った働き方につくより、辛いしんどいと思いながらも続ける方が勝ちなのでしょうか。

激務から解放されてまともな生活を送れるようになるより、身も心もボロボロになりながら続けていく方が勝ちなのでしょうか。

仕事は辞めた方がいい場合がたくさんあります。そのまま続けていてはいけない会社もたくさんあります。

もちろん安易にころころ仕事を辞めるべきではありません。

ただ辞めたら負けなんて考え方はただ逃げ場をなくし追い込むだけの、何のメリットもない間違った考え方です。

無理して仕事を続けてしまうことは避けなくてはいけない

仕事を辞めることより、よっぽど避けなくてはいけないのが無理して仕事を続けてしまうことです。

辞めることができず、体や心を壊してしまう人がたくさんいます。

周りから見れば絶対に辞めるべき状況なのに辞めず、それでもしがみついてしまう人が本当に多いです。

そんなの幸せでもなんでもありませんよね。誰だってそうはなりたくないはず。

ただ辞めたら負けなんて考えを持ってしまっていると、いざそうなると辞めれません。

あれこれ理由をつけて、まだ大丈夫、まだ大丈夫と思い込み、勝手に不幸な将来を決めつけて、辞められないのです。

そうならない為に辞めるという選択は持っておくべきだし、いざとなったら誰に何を言われようと辞めることができるような心持ちでいるべきです。

見切りをつけることの重要度は高い

仕事は安易に辞めるべきではありません。続ける努力をすることも必要なことです。ちょっと嫌なことがあるたびにころころ仕事を辞めていてもきりがありません。

ただ、残業があまりに多くてついていけなかったり、精神的なストレスがあまりにも高かったり、どうしても自分に合わなかったりした時は見切りをつけることは大切なこと。

どこで、どれくらいで見切りをつけるかというのは中々難しいことです。

人によって辛いと思う部分も、状況も、度合いも全然違いますから、最後は自分で判断しなくてはなりません。

だからこそ悩みもするし、不安にもなるし、怖くもなる。

ただそれでも辞める時には辞めるという力は絶対に必要なことなんです。

辞めることをそんなに恐れなくてもいい

確かに仕事を辞めて後悔する人もいます。辞めなければ良かったと思ってしまう人もいます。

ただ私の周りでしっかり考えた辞めた人で、辞めたことを後悔していた人は知りません。

今より良い環境を見つけ、辞めて良かったという人ばかりです。

実はあなたが思っているよりもずっと辞めることは悪くないこと。そんなに恐れなくていいんです。

時間がたつほどやり直しもしにくくなる

もう一つ覚えておいて欲しいのが、時間がたつほどにやり直しもしにくくなるということ。

今はなんとか無理してでも続けられるかもしれません。

ただこの先ずっと続けられないような会社だとすれば、無理して続けてしまうことによって転職の機会はどんどん減っていきます。

20代であれば簡単に転職できたはずが30代になると難しくなり、40代になるとさらに難しくなる。

会社に見切りをつけるかどうかは、このこともしっかり頭に入れなくてはなりません。

辞めたら負けなんて変な思い込みで、ブラック企業なんかで時間を潰している暇なんて実は全然ないんです。

変な思い込みはせず、視野を広く持とう

なにはともあれ、大切なのは変な思い込みをしないこと。

辞めたら負け、辞めるのは逃げ、転職するのは悪いこと、転職したら後悔する、仕事は続けるべき、自分は無能だから転職は無理、転職したら給料は下がる。

そんなのは勝手な思い込みです。そして思い込みは視野を狭め、せっかく目の前にある可能性を潰してしまいます。

ぜひ変な思い込みは捨て、視野を広く持ち、あなたにとってベストな選択ができる体制をつくってください。

関連記事

 



このページの先頭へ