仕事でのプレッシャーが強くて辛い、辞めたいと感じた時は時に逃げることも必要

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事でのプレッシャーが強くて辛い、辞めたいと感じた時は時に逃げることも必要

ミスしてはいけない、納期までに仕事を終わらせなくてはいけないなど、ほとんどの人は何かしらのプレッシャーを感じながら仕事をしていることでしょう。

そしてそれは仕事をする上では当たり前のことだし、ある程度はあった方が良いものです。

ただあくまでそれは適切なものである場合に限ります。

過度なプレッシャーはむしろマイナスにしか働かず、時には無理に乗り越えるのではなく逃げ出すことだって必要です。

関連記事

 

仕事のプレッシャーはある程度は必要

プレッシャーと聞くとついマイナスのことであると思ってしまいがちですが、決してそんなことはありません。

適度なプレッシャーがもたらすメリット

では適度なプレッシャーが仕事生活にどういったメリットをもたらすかを考えてみましょう。

まず一つ目が仕事の質がアップすること。

ある程度のプレッシャーがあるからこそ、早くやろう、上手くやろう、工夫しようといった気持ちが生まれます。

そしてそれが、その人自身の成長にもつながっていくことでしょう。

そしてもう一つが仕事でのやりがいがアップすること。

達成感、成功体験といったものは、普段プレッシャーを感じながら苦労してきたからこそ感じることができるものです。

またプレッシャーを乗り越えてきたからこそ、その分耐性は徐々についてくるし、自分にも自信が持てるようになっていきます。

ある程度は乗り越えていくことが必要

これまで自分が感じてこなかった強いプレッシャーであっても、ある程度は乗り越えることが必要。

そのプレッシャーから簡単に逃げてしまっていては、いつまでたっても慣れることもなく何もできないまま。

プレッシャーを乗り越えた経験は必ず武器になり、自身につながっていくはずです。

仕事のプレッシャーを乗り越える為には

では具体的に仕事のプレッシャーを乗り越えていく為にはどういった点が重要になってくるでしょうか。

上司・先輩に報告や相談をする癖をつける

まず大事なのが、上司なり先輩なりすぐに報告や相談する癖をつけること。

相談した結果のやり方だからと思えることができれば開き直れるし、もし失敗してしまった時でもまた報告しやすくなります。

自分の中で抱え込まず、常に誰かと共有するというのはとても大切なことです。

失敗した時の影響と対処法を考えておく

万が一失敗に終わった時について考えておくことも大切。

もちろん失敗しないのがベストですが、仕事というのはそう思ったようにはいってくれないもの。

失敗したらどうなるか、その時にはどういった対処をすればいいのかをあらかじめ考えておけば、そこまでシビアに考えすぎることはなくなるはずです。

実は失敗したって十分取り返せるし、そこまで影響は大きくないにも関わらず、想像で勝手に大きくしてしまっている人も多いですしね。

仕事を整理する

あれもやらなきゃいけない、これもやらなきゃいけないと頭の中だけで考えていると、本当の仕事量ややるべきことは明確に見えてきません。

そうすると、必要以上に過剰に受け取ってしまったり、曖昧な常態に不安を感じてしまうようになるもの。

一度落ち着いて、何をやる必要があるのかというのを整理するだけでも無駄なプレッシャーを感じずに済むようになるはずです。

手を抜かない

自分ができることを精いっぱいやれば、ある程度仕方がないと思えるようになるもの。

一方で手を抜いてしまい、やるべきことを先延ばししたり、運に頼ったり、ごまかしていたりすれば不安が大きくなり、プレッシャーも強くなっていきます。

深刻に考えすぎない

考え方を変えるというのは中々難しいことですが、仕事をする上で深刻に考えすぎないというのはやはり大切なこと。

たとえミスをしたって、そうそうクビになんてなるわけもありません。上司に怒られるくらいです。怒られたってなんて、気にしなければなんてことありません。

結局数か月、いや下手したら数日で普段と何ら変わらない日を送ることになっている人がほとんどでしょう。

会社の為に仕事をしているのではなく、自分の為に仕事をしているということを忘れないようにしてください。

過剰なプレッシャーはあなたを傷つける

ただ乗り越えるべきプレッシャーは、あくまでそれが適度な場合であった場合です。

どんなプレッシャーであっても逃げ出してはいけない、乗り越えなくてはいけないというわけではないことに注意しなくてはいけません。

過剰なプレッシャーは単なるストレス

上司の仕事の与え方の問題、周囲の態度や言動、失敗をした時の仕打ちなどによっては、プレッシャーが過剰になってしまうことも少なからずあります。

そしてこうなってしまった場合、そこに良いことはありません。

過剰なストレスを感じることになり心身に変調をきたす人だっているし、そうなればやりがいなんてなし。

成長がどうのこうのなんてことだって言ってられません。

とある会社での話

とある会社の話です。

その会社は、残業も月20~30時間でサービス残業もなし。休みも多い上、有給休暇もとりやすいといういわゆるホワイト企業でした。

ただそんな会社でも、毎年体を壊して休職せざるを得なくなってしまう人がでていました。長時間労働でもなく、休みも多いにも関わらずです。

そうなってしまった理由はまさに仕事でのプレッシャー。

仕事量は多く、ミスは許さないという環境。万が一ミスしたら晒されることになってしまう環境。

明らかに過剰なプレッシャーを社員に与え続ける結果、運悪く難しい仕事、やりにくい仕事にあたってしまった人が休まざるを得なく状態まで追い込まれることが多々あったのです。

もちろん労働条件、労働環境は大切。ただ外から見えないプレッシャーという部分も実はかなり大切なことなのです。

周囲からの共感を得られない辛さ

仕事でのプレッシャーからくるストレスは、周囲から共感を得られないという辛さもあります。

能力に対して与えられる仕事内容、実際に仕事をする際に起こる細かいこと、プレッシャーに対する感じ方などは人によって様々。

同じ立場で同じように感じてくれる人は中々いません。

また仕事経験が長い人や、プレッシャーに強い人が社内で強い立場にいるという点も問題。

過剰なプレッシャーであっても、そういった人たちが乗り越えて当然だと決めつけるせいで、結果追い込まれてしまう人が多々でてしまっています。

プレッシャーが原因で辛い、辞めたいと考えているなら時には逃げ出すことも必要

仕事のプレッシャーは乗り越えるべきだ。逃げ出すべきではない。

これは決して正しいことではありません。あくまでそれは適度なものである場合に限るのです。

体を壊してしまうほどのストレスを感じるならば、一人で抱え込んで無理をするべきではありません。

ですから、もしあなたが今仕事のプレッシャーが原因で辛い、辞めたいと考えているなら、逃げ出すことも一つの選択肢だということをあらためて知っておいてください。

体を壊すくらいなら逃げ出すほうがよっぽどましですから。

もっとまともな環境で働こう

考え方が甘いだのなんだのと、なんでもかんでも労働者側の問題であるかのように言ってくる人がいます。

ただ実際は多くの場合、実は労働者側ではなく会社側に問題があります。

もし今の会社はおかしいのではないかと感じたら、ぜひもっとまともな環境で働ける会社を探してみてください。

今は転職市場も売り手市場となっていてかなり転職がしやすい状態。

まともではない会社で自分の貴重な時間を費やす必要なんてなにもないのですから。

おすすめ転職支援サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ