就職・転職ではどんな会社に入るかももちろん大切ですが、どんな職場に配属されるかも実はかなり大切なこと。

たとえ高い倍率を潜り抜けてホワイト企業と言われる会社に入社できたとしても、配属された先がきつい職場だと、普通の会社よりもずっとずっと苦労することになりかねませんから注意が必要です。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

ホワイト企業の中にもあるとてつもなくきつい職場の存在

良い会社か悪い会社か。働きやすい会社か働きにくい会社か。楽な会社かきつい会社か。それは会社全体を見て判断されます。

たとえ一部の人が残業を毎月50時間以上していても、会社としての平均が20時間未満なら残業は少ないと判断されるし、たとえ一部の人が毎週休日出勤していても会社としての年間休日が120日以上あればその会社は休みが多いと判断されます。

その為、ほとんどの職場は恵まれた環境で働くことができていても、一部の人がブラック企業と何ら変わりないきつい環境で働くことになってしまっているケースはおそらく少なくありません。

あなたの会社の中に、あの職場はやばい、あの職場にだけは行かない方が良いという部署はありませんか?

仕事がきつい部署の特徴

残業時間が他の職場に比べて格段に多い

残業時間が他の職場に比べて格段に多いなんていうのはよくあること。

会社としての平均残業時間が10時間程度なのに、その職場だけは40時間も50時間もするのが当たり前なになっているなど、平均とはかけ離れてしまっているケースが珍しくありません。

全体としてみれば残業が少なくて働きやすい会社ですが、その職場に限れば全くそんなことなくなってしまうんですよね。

ホワイト企業であれば残業代はしっかり出して貰えるので給料は増えるというメリットはあります。

しかしその代わりにプライベートの時間はかなり失われてしまうし、疲れやストレスもかなり溜まるので不満を抱えながら働く人は多いです。

休日出勤も多く、プライベートを犠牲にせざるを得ない

働く上で非常に重要な休日。一般的には年間休日120日以上がホワイト企業の条件とされています。

しかしいくら年間休日が多くても、代休がとれない休日出勤が多いと実際に休める日数というのはどんどん減っていきます。

たとえ年間休日が120日以上あっても、年間数十日の休日出勤があれば実際に休める日数は100日以下。ブラック企業並みに休めなくなってしまうことだってありうることです。

しかも単に休みが少ないというだけではなく、いつ休日出勤になるかわからないから休日に予定を立てることが難しいという苦難もあるので、下手したらただ休みが少ない会社よりも大変です。

私の知り合いは年間休日125日の会社であるにも関わらずお盆も年末年始も長期では休むことができず、トータルで休日出勤は30日以上、実際に休むことができたのは90日程度しかなかったなんて人もいました。

残業時間に制限があるが仕事量が多い為、持ち帰ってのサービス残業が蔓延

仕事量が多いブラック職場では、決められた残業時間内で仕事を終わらせられないことが多々あるのですが、仕事が終わらないと、周りに迷惑をかけることになるし上司にも怒られてしまいます。

ではどうするか。仕事をこっそり家に持ち帰ってこっそりサービス残業をせざるを得なくなってしまうんですよね。

いくらサービス残業を容認していない会社でも、そういったことによって隠れたサービス残業が行われている職場があるケースはおそらく少なくありません。

体育会系の雰囲気で、普通にパワハラまがいのことがある

会社としてパワハラがないようにしていても、各職場で本当に行われていないかはまた別の話。

体育会系の雰囲気があるブラック職場では、普通に罵声が飛び交っていたりなどパワハラまがいのことが行われている場合も少なくありません。

そして周り、特に上の立場にいる人ほどそれが当たり前になっていて、パワハラではないと思い込んでいます。その為、誰も注意しないし、誰も対策しようとしてくれません。

部署に対する評価が会社の中で低く、出世することが難しい

ブラック職場というのは、会社が部署を評価する際に低くつけられがち。

残業が多いことは仕事量が多いからではなく生産性が悪いからという理由にされてしまったり、仕事量が多いせいで犠牲にせざるを得なかった仕事があることに対してできていないことが多いとされたり、休職者が多いことを部署の管理体制が悪いとされてしまったり。

マイナス部分を見られ、部署全体としてレベルが低いと決めつけられてしまうのです。

そして部署の低評価は、個人の低評価にもつながるケースが少なくありません。

ひどい場合だと、特定の部署からは一定ラインまでしか出世できなくなっている場合もありますからね。

出世難易度は部署によってばらばら。きついところはやばいくらいきついです。

出世欲が強い人が知らず知らずにそういった職場に配属されてしまうと、かなり悲しい目にあってしまうかもしれません。

仕事がきつい部署で働くメリット・デメリット

メリット

ホワイト企業で残業代がしっかり出る会社であることが条件ですが、残業や休日出勤が多い分給料はかなり多くなります。

他部署の同期に比べて月10万円以上、年収では100万円以上も多く貰えます。

知り合いには残業が少ない同期よりも年収で200万円以上高いなんて人もいましたね。

また乗り越えることができればの話ですが、ストレス耐性が自然と高くなっていきます。もし違う部署に異動できたら、他の人が大変そうに働いていても自分は楽で楽でたまらないなんて思えるようになるかもしれません。

デメリット

残業や休日出勤が多くてプライベートの時間が少ない、精神的にも肉体的にもストレスが多いというのが大きなデメリット。

また他の部署で働く同期が楽に楽しく働いているのを持て、いらだちを覚える人というのも少なくないかもしれません。同じ会社で同じように入社したのに部署が違うだけで全然しんどさが違えばそう思ってしまうのも仕方ありませんよね。

圧倒的に楽な部署が一番良いとは思いませんし、仕事内容が自分にあっているものか、自分がやりたいことでやりがいを感じることができるかというのももちろん大切なこと。

ただあまりにきつすぎる部署は、やはりデメリットが圧倒的に大きいというのが正直なところです。

きつい部署に配属されてしまったらむやみにしがみついてはだめ

いくらホワイト企業と言われている会社に入ったとしても、職場があまりにきついと何の意味もありません。

それどころか他の1ランク落ちる企業で働くよりもずっとずっと苦労することだってありえます。

だからこそ、無理にしがみついてはだめ。

近いうちに異動することができるのであればそれを目指せばよいですが、異動が難しい状況にあるならば無理にしがみつかず、自発的に職場を変える行動を起こしましょう。