就職・転職ではどんな会社に入るか、さらに言うとどんな職場・部署に配属されるかが大切になってきます。

たとえ高い倍率を潜り抜けてホワイト企業と言われる会社に入社できても、配属先がキツい部署だと今までより苦労することになりかねません。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

ホワイト企業の中に潜むブラック部署

一般的にはホワイト企業と言われている会社の中に、残業、パワハラなど問題を抱えるブラック部署が存在することは残念ながらよくある話です。

会社としての平均が20時間未満の会社は、たとえ一部の人が残業を毎月50時間していても「残業の少ない会社」として紹介されるでしょう。

会社としての年間休日が120日以上あれば、たとえ一部の人が毎週休日出勤していても「休みが多い会社」とみなされるでしょう。

会社の中に、あの職場はやばい、あの部署にだけは行かない方が良いと密かに言われている部署はありませんか?

仕事がきつい部署の特徴

残業時間が他の職場に比べて格段に多い

会社全体の平均残業時間が10時間程度なのに、あの部署だけ月50時間、サービス残業もあり、ということはありませんか。

例えば、サービス残業はしなくても良い、残業代は全部もらえるホワイト企業であれば、給料が多いというメリットはあるかもしれません。

ただしプライベートの時間は失われ、疲れやストレスもたまるため、デメリットが大きすぎます。

休日出勤も多く、プライベートを犠牲にせざるを得ない

一般的には年間休日120日以上がホワイト企業の条件とされています。

知り合いのある人は、「年間休日125日」の会社に入社したはずが、長期休暇がとれず、休日出勤は30日以上、実際には「年間休日90日程度」の会社だったと言っていました。

このように入社当初は年間休日120日以上と言われていたが、異常な日数の休日出勤があるからろくに休めていない人もいるでしょう。

中には、いつ休日出勤になるかわからないから休日に予定を立てにくい職種もあり、下手したらただ休みが少ない会社よりも大変かもしれません。

残業はできない、仕事量は多い

仕事量が多いブラック職場では、決められた残業時間内に仕事を終わらせられないことが多々あります。

ある時間になると電気が消えたり、パソコンが使えなくなったり、残業できない環境にしてしまう会社だと、それ以上は仕事ができません。

そうなると、周りに迷惑をかけたり上司に怒られるのを避けるため、こっそり家に持ち帰ってサービス残業している人も出てきます。

仕事が多いことに対しては何の解決にもなっていないので、改善もできません。

体育会系の雰囲気で、普通にパワハラまがいのことがある

会社としてパワハラがないようにしていても、各職場で本当に行われていないかはわかりません。

体育会系の雰囲気があるブラック職場では、普通に罵声が飛び交っていたりなどパワハラまがいのことが行われている場合もあるでしょう。

そして周り、特に上の立場にいる人ほどそれが当たり前になっていて、パワハラではないと思いがちです。

部署に対する評価が会社の中で低く、出世することが難しい

ブラック職場。会社内での地位が低いのはあるあるです。

残業が多く生産性が低い、手がつけられなかった仕事について後々責められる、休職者が多く部署の管理体制が悪いなど、散々な言われ方をすることもあるでしょう。

そして部署全体が低く評価されていると、それに伴い個人評価もままならないことがあります。

出世欲が強い人が知らず知らずにブラック職場に配属されてしまうと、悲しい目にあってしまうかもしれません。

仕事がきつい部署で働くメリット・デメリット

メリット

残業代が出る会社であることが条件ですが、残業や休日出勤が多い分給料が増えます。

他部署の同期に比べて月10万円以上、年収では100万円以上も多く貰えることもあるでしょう。知り合いでは、残業が少ない同期よりも年収で200万円以上差が出た人もいました。

これはメリットと言ってはいけないかもしれませんが、ストレス耐性が自然と高くなっていきます。

仮にその後違う部署に異動できたら、他の人が大変そうに働いていても自分は楽でたまらないなんて思えるようになるかもしれません。

デメリット

残業や休日出勤が多くてプライベートの時間が少ない、精神的にも肉体的にもストレスが多いというのが大きなデメリットです。

また他の部署で働く同期は楽に楽しく働いているような気がして、うらやましくなってしまうでしょう。同じ会社に同じように入社したのにその後の会社ライフがどうなるかは、配属次第です。

圧倒的に楽な部署が良いとは限らず、仕事内容が合うか、やりがいを感じることができるか、など重要視するポイントは人それぞれあると思います。

ただ、ブラック職場は誰もが避けたい道でしょう。

ブラック部署に配属されてしまったら

いくらホワイト企業と言われている会社に入ったとしても、ブラック職場に配属されたら何の意味もありません。

そこで、「せっかくホワイト企業に入ったんだし」と我慢していたら、身体を壊してしまうことだってあります。

すぐに異動できれば、その日を目指せばよいですが、異動が難しいならば無理にしがみつかず、会社を変えるという選択肢もありです。

その際には転職先がブラック職場かどうか、あなたの目で見極めることができるでしょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。