仕事で頑張っても報われない原因。自分のせいか、それとも会社のせいなのか。

頑張っても報われないと嘆く人を、これまで何人も見てきたことがあります。中にはそれが原因で仕事を辞めた人だっています。

確かに、周りを見てると報われてないなと思う人は少なくありません。

ではなぜそうなってしまうのでしょうか?今回はその頑張っても報われない原因について紹介していきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

仕事において頑張っても報われないことは多々あるのが現実

せっかく頑張るなら褒められたいし、高い評価を得たいし、給料だって上げてほしい。そう思うのは当然のことです。そして頑張りが報われたら、またこれからのモチベーションにも繋がります。

無償の努力ができれば確かにいいのかもしれませんが、仕事ではなかなかできることではありません。

ただ会社という環境においては、いかにあなたが頑張って仕事をしようとも、それが報われるとは限らないという現実があります。

そしてそれはどんな会社でもそれは少なからずあることで、珍しいことではありません。

仕事で頑張っても報われない原因

頑張っても報われないのはなぜか。それはあなた自身に原因がある場合もあれば、会社に原因がある場合もあります。

一つ一つ紹介していきますので、自分はどれにあてはまるかを考えてみてください。

頑張ってはいるが、客観的に見て成果を上げることができていない

会社にとって大切なのは、いかに成果を上げるかということ。

真面目に頑張って仕事をしているが成果を上げることができていない人と、たいして真面目ではなくだらだらやっているが成果だけは上げることができている人を比較した場合、会社にとって有益な人材は後者です。

もちろん仕事に対する態度は周りの仕事ぶりにも影響を及ぼす為、成果だけあげていれば他のことを無視してもいいかというとそんなことはありません。しかし少なくともただ「頑張る」というだけでは、決して高く評価をしてはもらえません。

頑張っただけで褒められるなんてことは、仕事においてないのです。

自分を基準に考えてしまっている

自分が頑張っていると思っていても、周りから見ると実はたいしたことないなんて言うことも少なくありません。

自分なりには頑張っているのでしょう。頑張っているからこそ報われたいとも思うでしょう。

しかし、他者、特に評価を行う上司にとってみればわざわざ報いるほど目立った頑張りは見られないという場合もよくあるのです。

会社における評価は絶対評価ではありません。相対評価です。自分だけで考えていては評価されないのも仕方ありません。

間違った頑張り方をしている

あなたにとっては頑張って会社に貢献しているつもりでも、上司にとってみれば全く評価に値しないこともあるし、それどころかむしろマイナスになってしまっている場合も多々あります。

効率よく進めることを重視しているのに、とにかく完璧に仕上げることにこだわってしまったり。

周囲と協力して進めるべきだと考えているのに、一人で仕事を抱えこんでしまったり。

完璧に仕上げようと思えば思うほど時間はかかるし、一人で仕事を抱え込めば抱え込むほどに残業は増える。すると本人は「頑張っている」という気にはなるでしょう。

しかしそれは上司の意図とは違う為、頑張りが報われることはないのです。

頑張り成果を上げていることをアピールできていない

仕事を頑張り、仕事で成果を上げたとしても、それをしかるべき人にしかるべきタイミングでアピールすることができなければ、報われないのも当然のこと。

ただやっていればわかってくれるなんて思ってはいけません。

仕事がどうなったかという大枠の結果はわかっても、その過程にどういった大変なことがあったか、どういった工夫をしたのか、どういう成果を上げたかなんてことは言わなければわかってはくれないのです。

会社の制度自体が頑張りを反映しにくいものになっている

頑張りに対する報われ方を給料などの金銭面望んでいる人は、報われないと感じることは多くなってしまうかもしれません。

なぜなら会社の制度自体が、頑張りを反映しにくいものになってしまっている場合も少なくないからです。

いくら頑張って成果をあげようとも、ろくに仕事をしていない人と大して給料やボーナスに差がないというのもよくある話。

下手したら仕事に対して不真面目でだらだらやっている人に比べ、頑張っている人の仕事量は2倍以上であるにも関わらず同じ給料を貰っているなんてこともあります。

いずれは出世に差がでるかもしれませんが、それはかなり先のこと。

会社の制度として、年齢でほぼほぼ給料やボーナスが決まっていて、査定分がごく僅かしかないというのであれば仕方のないことです。

上司に嫌われており、意図的に評価を下げられている

仕事ぶりを評価するのはあくまで上司です。そして上司も人であり、個人的な感情が入ってしまうこともやむを得ません。

もし上司に嫌われてしまったら、いくら頑張って他の人より成果を上げていたとしても、あれこれと理由をつけられて低い評価をつけられてしまうなんてことも当然ありうることです。

私の周りでも、仕事には常に真剣に取り組み抜群に仕事ができていた人が、その真面目さゆえに上司と言い争いになってしまい、それが原因で上司と関係が悪くなり昇格が著しく遅れることになったなんて人もいます。

その人はあまりに報われない結果になったことに失望し転職しましたが、そういったことが起こるのは決して珍しいことではないのです。

客観性と主体性を持つことが大切

頑張った分だけ報われたいと思うのは当然のことです。しかしただ頑張っているだけで報われるほど、仕事というのは甘くはありません。

だからこそ大切なのは客観性と主体性です。

自分なりには頑張っているつもりでも、はたして本当に意味のある頑張りをしているでしょうか。

求められている頑張り方をしているか、評価されるだけの結果を残しているか、自分本位になりすぎていないか。客観的に考え、正しい頑張り方をしなくてはなりません。

また主体的にアピールする、評価に繋がる仕事をするといったことも大切になってきます。

そしてもし評価されない環境に身をおいてしまったなら、転職でキャリアアップするといったことも考えるべきです。転職であれば自分の手で給料アップなどを勝ち取ることができます。

いつかは評価してもらえる、いつかは頑張りを認めてくれる人が現れる、いつかこの頑張りを報われる。そんな受け身のままでいると、結局いつまでたっても報われない頑張りを続けることになってしまうということに、いい加減気づかなくてはいけません。