昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進して管理職になれる人は一部。

仕事で成果を上げそれが認められた人であり、長く働いていれば皆が昇進できるというわけではありません。

ですのでもし昇進できればそれは喜ばしいことだし、給料アップ等の恩恵もあって当然なはずです。

ただ実際はそうなってはくれず、せっかく管理職に昇進したのに給料が下がってしまったという例が実は少なくありません。

昇進したのに給料が下がったのは何故?

管理職に昇進した場合、基本給だけを見れば増える場合がほとんど。さすがにそこは減らないし、もし減ってしまったらそれは不利益変更に該当する問題のあることです。

ただ基本給は増えてもトータルで見ると給料が減ってしまう可能性があるのが管理職です。

管理職は裁量労働制

管理職の労働形態は一般的に「裁量労働制」です。

裁量労働制とは労働時間を実際に働いた時間で見るのではなく、一定の時間働いたとみなして賃金が払われる制度のことです。

出勤退勤時間の管理は行われず自己管理となり、管理職の場合は担当部署の業績で主に評価されることになります。

残業代が不支給

管理職は裁量労働制であるため、残業代が出なくなってしまいます。

例えば、非管理職の時に基本給30万円で毎月30時間残業していたとしましょう。

この場合、割増賃金を考慮すると残業代はおよそ67,000円。

残業時間がもっと長かったり、基本給がもっと高い場合は当然もっと残業代が高くなります。

昇進して基本給、役職手当がこの分増えなければ、給料の総額としては減ってしまうことなるわけです。

昇進によるアップ分が少なく、残業が多い人は月10万円以上下がってしまう場合もあります。

ボーナスが下がる

場合によっては管理職の方がボーナスは少ないなんて場合もあります。

会社が好調の時は一般社員よりもも耐えるものの、会社が不調で赤字の場合だと大幅に下がってしまうことがある為です。

もちろん一般社員であっても会社が不調の時はボーナスが下がります。ただ労働組合がしっかりしている会社だとそこまで大幅には下がりません。

一方で管理職になると労働組合に守られていない為、一般社員以上の大幅減になってしまう場合があるのです。

管理職になると労働時間と責任は増える

こういった理由から昇進しても給料が下がる、それこそ人によっては年収では100万円も下がってしまう可能性があるわけですが、その反面労働時間と責任は増えます。

管理職の場合は自分の成績や仕事だけではなく、チーム全体の仕事を見て組織のメンバーを監督していかなければなりません。

そのため、チームのミスをかばうことも多々あり自分の業務を行いきれずに定時を迎えてしまうことも多くなります。

そうなると、管理職になって、残業時間の上限も気にする必要がなくなり、残業がかなり多くなってしまいます。

給料は減ったのに残業は増えて責任も増える。

だったら昇進しなければ良かったと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

残業代を支払わない為に管理職に上げる場合も

会社の中には、残業代を減らし人件費を抑えつつ、いくらでも働かせようという理由であえて管理職にあげるという場合もあります。

実際は管理職と言えど、管理監督者でなければ残業代や休日出勤手当は支払わなければならないもの、

労働基準法第42条でも以下のように定められています。

この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。

  1. 別表第1第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者
  2. 事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
  3. 監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

引用:労働基準法施行規則 | e-Gov法令検索

そして管理監督者としてみなされるには、重要な責任、権限をゆだねられており、それにふさわしい待遇であることが必要。

給料もろくに増えず、働くのもそれまで通り上司の指示に従って動くだけでは、管理職であっても管理監督者ではなく、残業代も支給されなくてはならないのです。

参考:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

昇進を拒否することは可能?

ではもし給料が下がるのが目に見えてわかり、仕事もしんどくなりそうだという場合、昇進しない、昇進を拒否するということは可能なのでしょうか。

もし昇進したくない意思があれば、上司にそれを伝えることは可能です。

ただその理由として、給料が下がるから、仕事が増えるのが嫌だから、責任が増えるのが嫌だからといった理由は当然NG。

現場で仕事がしたい、プレーヤーでやって行きたいなど前向きな理由である必要があります。

ただもし言ったとしてもそれが希望通り行くかは別の話。

ほとんどの場合はおそらく希望は叶わず会社の命令に従うしかなくなるでしょう。

仮にできたとしても給料はそこから一生上がることはありません。

なぜなら、日本の企業は昇進をして始めて給料が上がるといった傾向があるためです。

そのため、昇進をしない方向でキャリアを形成したら年収が横ばいで終わってしまう傾向が高く、社内でも嫌な印象を持たれるかもしれないので「昇進拒否」はおすすめできません。

給料が下がったから転職するのはあり?

昇進した結果、仕事が大変になった反面給料が下がったとなった場合、中には転職を考える人もいると思います。

現在の転職市場はかなりの売り手市場となっており、30代前半はもちろん30代後半であっても給料をアップさせることは可能ですから、転職という選択もありです。

ただいくつか注意しなくてはならない点があります。

昇進したことによるメリットを改めて考えてみるべき

昇進して給料が下がったとして、実はそれが一時的であるかもしれません。

その先にもう昇進が見込めずずっと今の給料のままであれば転職する判断をしても何も問題ないかもしれませんが、必ずしもそうとは限りませんよね。

さらに昇進することができれば大幅に増える可能性があるし、昇進できなかったとしても年齢が上がることで増えていくパターンもあります。

また給料が減っても基本給自体は高いので、退職金が一般社員に比べて大幅に高い可能性があります。

そうであったとしても転職した方が良いという場合もありますので、どちらが良いのかしっかり比較した上で判断するようにしてください。

管理職でしか得れない経験もある

管理職でしか得れない経験もあります。

管理職となり組織の一部門を監督している場合、今まで見渡せていなかったところまで見渡せるようになったり、「どうやったら人を動かせるのか」といった点を研究することだってできます。

管理職で得れる経験は、平社員時代のそれとは大きく違う為2.3年経験して他の給料体系が良い企業へ転職するのも手です。

どういう転職をしたいかによってタイミングは変わる

転職時、どういった転職をしたいのかによってもタイミングは変わります。

もしプレーヤーとして転職するつもりならすぐにでもすべきですが、30代後半だと年齢的に管理職としての求人も多く、管理職として転職するなら少なくとも1年はその経験が必要。

どのタイミングで転職するか、よく考えておきましょう。

転職に向けて

転職活動を進める場合、転職サイト、転職エージェントの利用をおすすめします。

かなりメリットが大きいのでぜひ活用してください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)