裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

労働時間制度の一つとして導入している企業も多い裁量労働制。

労働者は実際の労働時間と関係なく、長かろうが短ろうががあらかじめ定められた時間分を働いたとみなされるもので、労働時間に成果がそれほど影響しない職種で適用されることが可能となっています。

実際、この裁量労働制で働いている人は少なくはないと思います。

ただはたしてその働き方に満足できているでしょうか。

会社側にとってのメリットばかりで、労働者側からは損ばかり。できることなら普通の働き方の方がいいなんて思っている人も実は多いのではないでしょうか。

今回紹介するのは、そんな裁量労働制に不満を持ち会社を辞めた人の話。実際にこの働き方をしている人に共感できる人は多いと思います。

関連記事

 

裁量労働制の勤務はとにかくきつかった

仕事のやり方や時間配分の裁量を自分で行うことができる裁量労働制。

それだけ聞けばよさそうに聞こえますが、実態はそんな良いものではありません。

私の場合、新卒で入社したその会社は元々は裁量労働制ではなかったものの、ある年から裁量労働制を導入。対象職種だった私は有無を言わさずこの働き方が採用されることになったわけですが、これによってかなり苦しめられることになりました。

職場の同僚も同じ。その働き方にありがたがっていた人、喜んでいた人はほとんどいませんでした。

裁量労働制になった会社を辞めた理由

結局裁量労働制になってから3年ほど働いた後、その会社は辞めて転職することになりました。

仕事がつまらなかったわけではありませんし、人間関係が悪かったわけでもありません。給料もそこそこでした。

ただそれ以上にきつかったことがあったのです。

残業が月100時間を超えていたが残業代が支払われない

裁量労働制になる前は元々残業月30時間程度で、裁量労働制でも月30時間分の手当が給料に加算されていました。

ただ裁量労働制になった途端に仕事量は増加。

残業はそれまでの30時間を大幅に上回り50時間、60時間が当たり前。

ひどい時だと100時間を超える残業をせざるを得ない時もありました。

それなのに残業代はあらかじめ決められた30時間分のみ。

まあやってられませんよね。

早く帰るなんて絶対に無理な仕事量

そもそも与えられている仕事は早く帰るなんて絶対に無理な量。

仕事が終われば、残業ゼロどころか1日8時間働かなくても帰ってもいい。最初はそんな風に言われたけど、そんなのまずできないんですよね。

裁量労働制になってから一度たりともあらかじめ決められた30時間分の残業時間を下回ることはありませんでした。

単なる残業代減らしの為の裁量労働制

はっきり言って、会社側にとって従業員をとにかく働かせる一方で残業代を減らす為だけに取り入れたものだと思っています。

最初はあれこれ良さそうなことを言いますが、結局会社が得できるから導入したんですよね。

時間が足りないを言い訳にできない

労働時間以外でも、仕事での精神的プレッシャーが強くなったというデメリットもありました。

それまではある一定時間の縛りがあったからこそ、時間内で終わらない仕事量になったり、急遽休みを取らなくてはいけなくなったりした場合は納期をずらしたり、他のメンバーと協力して終わらせていました。

ただ裁量労働制になって時間の縛りがなくなった結果、時間がない、時間が足りないを言い訳にできなくなってしまったんです。

これによる精神的ストレスは実は意外に大きかったです。

周りの人にいらいらが増えた

違う部署では仕事がそこまで多くないので、のんびり仕事をしていてもそこまで残業が多くならなかったり、同じ部署の中でも仕事量が人によってだいぶ差がありました。

それでも残業代は同じ30時間分。さすがに仕事量が多い人は不満を持ちますよね。

実際、これでいらいらしている人は多かったように思います。

メリットが全くなかった

元々フレックス制度だった為、出勤時間は自由で朝遅くなっても遅刻等にはならなかったし、通勤時間をずらすことが可能でした。

だからこそ、裁量労働制になったことによるメリットって何もないんですよね。

これまで通りの働き方で給料も変わらず、単純に労働時間が伸びてストレスも溜まるようになっただけ。

単にしんどくなっただけで、不満もどんどん溜まり、結局3年たった後に違う会社へ転職することを決意したというわけです。

裁量労働制に要注意!悪用している会社も少なくない。

今回紹介した人のように、裁量労働制によって苦労されている人、損している人ってかなり多いのではないでしょうか。

もちろん正しく運用されているなら裁量労働制にもメリットはあります。

成果で判断してくれるのでだらだら残業しなくて良くなったり、仕事にも裁量が持てたりなど。

ただそれはあくまで正しく運用されてことそ。

実際に私の周りでも裁量労働制で働いている人がいますが、その働き方で得している人は1割いるかいないかくらい。

ほとんどの人は実際の貰っている残業代分の時間より多く働いていて、普通の働き方の方がましと言っています。

さらにひどい会社だと、実際は全く仕事や労働時間に裁量がないのに残業代を減らす為だけに名目上裁量労働制にしているような場合もあります。

こういった会社は特に注意。単にサービス残業させられているだけのブラック企業ですから、絶対に働いてはいけない会社の一つです。

今後、転職活動等で仕事探しをする場合はぜひ気を付け、その企業の実態をしっかり調べるようにしましょう。

おすすめ転職支援サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ