月90時間の残業を半年間やってみた感想。転職も考えて当然のきつさだった。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

月90時間の残業を半年間やってみた感想。転職も考えて当然のきつさだった。

あなたは毎月どの程度残業をしていますか?

多くの人は月30時間未満、多くても45時間程度だと思いますが、中には過労死ラインと言われる80時間を超えた残業を強いられている人もいるでしょう。

ただ過労死ラインと超える残業を続けるのは決して好ましくないこと。

精神的にも体力的にもかなりきつく、体を壊してもおかしくありません。

今回紹介するのは残業90時間を半年間続けた人の話。実際どのように感じたのか聞いてみました。

関連記事

 

とある理由で月90時間の残業が半年間続いた

私が働いている会社では残業は年間360時間以内に収まるように指示されていて、月では2~40時間程度の残業となることは通常です。

ただ一度だけ、1ヶ月90時間の残業を半年続けたことがありました。

きついプロジェクト中にチームのメンバーが鬱で離脱

私が所属していたチームに納期までの時間が通常に比べてかなり短く、内容もかなりハードなプロジェクトが舞い込んできました。

開始時点でそれはもうかなり日程的にギリギリ。もう待ったなしの状態。

ただでさえきつかったんですが、そこにさらにチームメンバーの休職が重なるという事態に。

理由は鬱。

仕事での責任が重く、上司からのプレッシャーも強かったせいか、休まざるを得なくなってしまったんです。

そしてそこからが大変。

人を増やしてくれれば良かったんですが、他も人が足りていたわけではなく、なにより上司が残業でなんとかなるなら増やさない方針であったが故に人員補填はなし。

その人の抱えていた仕事を他のメンバーで分担することになってしまった結果、一人あたりの仕事量がとんでもないことになってしまったのです。

会社のルール上、ぎりぎりOKラインが90時間だった

会社のルールでは、1ヶ月あたりにやっていい限界の残業時間は100時間。45時間を超えることができるのが年間6回まで。

余裕を見て月90時間の残業なら半年続けても一応は問題なし。

ルール上問題ないなら大丈夫、それだけ残業できれば仕事も終わる。

これが上司の出した結果でした。

結局チームメンバーは全員、半年間90時間一杯まで残業を続けることになってしまったんです。

月90時間の残業を半年やってみた感想

普段の残業は30時間程度で、40時間の残業でもちょっとしんどいかなと思うような私。

そんな私が月90時間の残業をやってみたら、一体どのように感じたと思いますか?

残業代は全部でたので給料はかなり良かった

とりあえず良かった点は給料が良かったこと。

幸いなことにサービス残業等はなく、残業代は全額でたので給料はそれまで見たこともない金額になっていました。

残業代に深夜勤務手当や休日出勤手当など全部合わせて手当だけで20万円を余裕で超えていましたからね。

半年間続けて、かつその間ろくに使ってもいなかったので口座にかなりお金が貯まりました。

1ヶ月だけでも相当きつかった

では実際に残業をやってみた感想。

はっきり言って1ヶ月だけでも相当きつかったというのが素直な感想。

毎日仕事が終わるのは22時を過ぎて、家に着くのは23時を過ぎる。

ご飯食べて、風呂に入ってちょっと経ったらもう日付は変わります。

ただそこからだらだらと何かしらしてしまうので寝るのは遅くなって睡眠不足でした。

1ヶ月でもとてつもなくきつかったです。

半年たっても慣れない、余計しんどくなるだけ

そんな残業を半年間続けたわけですが、半年たったって慣れるようなことは全くありませんでした。

むしろ疲れがたまっていく一方で余計にしんどくなるだけでした。

30時間程度の残業なら慣れることもあると思います。

私も最初は30時間の残業ですら嫌で仕方ありませんでしたが、今は何とも思いませんし。

ただ90時間にもなるとまず慣れるなんてことはありません。

どんどん体はぼろぼろになっていきました。

休みに遊びに行く気力なんてなくなる

普段は割と休日に遊びに行くほうでしたが、その期間はほとんど外にでかけることがなくなりましたね。

全く遊びに行く気力がなくなります。

休日は家でゴロゴロするのではなく、何かした方がストレス解消や疲労解消になるということは知っていましたが、それを知っていてもでかけようと思えなかったんです。

休日出勤がある週なんて休みは1日。すぐに夕方でもう明日の仕事のことしか考えられなくなっていました。

チームのメンバーにも愚痴が増えていった

しんどさを感じていたのは当然私だけではなく、周りもかなりきつそうでした。

仕事に関する愚痴がどんどん増えていくし、明らかにイライラもしているのが見受けられましたし、忘れ事やミスも増えて行っていました。

今でもそのチームメンバーとはたまに飲みますが、皆相当ぎりぎりだったなんて話をよくしています。

ちなみにそんな中で上司はルール上OKだからできて当然と部下の体力面、精神面なんて全く気にしていませんでした。

もし毎年あるなら間違いなく会社を辞める

私の場合、そんな働き方をしたのはその時だけで周りを見ても特殊であるからこそ、別に辞めようとか転職しようとは思いませんでした。

その時はきつかったですが、最初から半年だけということもわかっていたのでゴールがありましたしね。

ただもしこんなことが毎年あるなら、まあ間違いなく辞めますね。

いくら給料が良くなったって、耐えることができる働き方ではありません。

長時間残業が慢性化しているならそのまま続けるかどうかよく考えた方がいい

正社員として働いていたら、瞬発的に残業が増えてしまうこともあるかもしれません。

ある程度の許容は必要でしょう。

ただあくまでそれは一時的な場合のみ。

もし長時間残業が慢性化して毎月90時間、100時間もの残業が当たり前となっているのであれば、ちょっと考えた方がいいかもしれません。

長時間残業によって肉体的な健康、精神的な健康、プライベートの時間など多くのものを失うことになります。

残業代によって給料は高いかもしれません。ただ多くのものを犠牲にしてまで行う価値があるのか、ぜひ考えてみてください。

残業が少ない会社への転職について

正社員なら残業は仕方がないというのは確かにあります。

定時で帰れる会社もありますが、それに絞ってしまうとかなり求人は少なくなってしまうでしょう。

ただ残業30時間程度で考えるとその程度の会社は決して少なくありません。

むしろ残業90時間なんてさせる会社はかなり少数派。

もし長時間残業で悩んでいるなら、転職で改善できる可能性は十分にあるのでぜひ転職を視野にいれましょう。

まずは転職エージェント等にどういった求人があるか、確認するだけしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ