週休1日の年間休日数。仕事がきつい、辞めたいと思うなら転職しよう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

週休1日の年間休日数。仕事がきつい、辞めたいと思うなら転職しよう。

週に1日しか休みがない働き方をしている人のうち、休みが少ないことに不満を感じている人は少なくないでしょう。

6日働いて1日しか休めずにまた6日働くというのは、やはり中々きついものです。

年間休日数として見た場合、一般的に見るとかなり少ない為、もし辞めたいと考えているなら転職を考えるのも一つの手です。

関連記事

 

週休1日の年間休日数と平均との比較

まずは週休1日の場合の年間休日数、そして平均との比較を見ていきましょう。

週休1日の年間休日数

純粋に週1日しか休みがない場合、1年間は54週なので年間休日数は54日となります。

ただ週休1日であっても祝日が休みであったりGWや夏休み、年末年始休暇がある場合だとその分年間休日数が増える為、もう少し年間休日数は増える傾向にあります。

その為、週休1日の場合の年間休日数は60日から80日程度となる場合が多いようです。

法律上は問題なし

法律では休日に関して以下のように定められています。

労働基準法第35条

  1. 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。
  2. 前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

その為、週休1日であること自体に何ら違法性はありません。

ただし週休1日であるにも関わらず、1日の所定労働時間が8時間ある場合だと以下の労働時間に関する法律に抵触することになります。

労働基準法第32条

  1. 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
  2. 使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

週休1日の場合だと1週間の労働時間が48時間となってしまう為、超過した8時間分は基本給とは別に残業代として支給しなくてはなりません。

ただし労使協定を結べばこの労働時間を1週間単位ではなく月や年単位で平均してみることも可能となります。

詳細及ぼ労働時間に対する最低年間休日数は以下の記事で紹介していますので気になる方は見てみてください。

参考:法律で決められている年間休日の最低日数。違法にならないのは何日から?

年間休日数は平均に比べてかなり少ない

厚生労働省の「就労条件総合調査結果の概況」によれば、年間休日数の平均は113.7日となっています。

週休1日の場合だと60日から多くても80日程度。

平均から比べてもかなり少ないことがわかります。

ちなみに業種によって年間休日数の平均はかなり変わりますが、最も少ない飲食サービス業でも102日あります。

参考:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

実はかなり珍しい

週休1日の人というのは実はかなり少ないというのをご存知でしょうか。

休みの形態の割合は以下の通り。

  • 完全週休2日制より多い・・・8.9%
  • 完全週休2日制・・・58.4%
  • 週休2日制・・・29.2%
  • 週休1日制又は週休1日半制・・・3.6%

勤務日の1日は半日だけで終わる会社を含めてもたったの3.6%しかいません。

年間休日数の分布で見てもかなりの少数派であることがわかります。

  • 130日以上・・・1.2%
  • 120~129日・・・27.7%
  • 110~119日・・・16.1%
  • 100~109日・・・34.2%
  • 90~99日・・・9.9%
  • 80~89日・・・6.0%
  • 70~79日・・・3.5%
  • 69日日以下・・・1.2%

79日より少ない会社は5%もありません。

かなりきつい週休1日しかない働き方

週休1日しかない働き方。

まあはっきり言ってかなりきついですよね。

1週間働いてようやく休みかと思ったら、たった1日でまたすぐに仕事が始まってしまう。

これでは中々疲れはとれません。

1泊で旅行に行こうなんてことはできないし、次の日すぐ仕事だから目いっぱい遊ぶなんてこともなかなかできない。

遊びに誘われても断らなくてはいけないことは多いだろうし、家族と過ごす時間だって少なくなってしまいます。

仕事が楽しくて仕方がない、仕事だけしていればいいなんて人ならいいかもしれませんが、なかなかもそういった人もいないでしょう。

ほとんどの人にとってはとにかくきつく、辞めたいと思うのも当然の働き方だと思います。

実際に週休1日で働いてみた感想

ちなみに私も1度、1年間だけ週休1日休みで働いた経験があります。

年間で休んだ日数は70日程度です。

ただ私の場合は会社自体が週休1日だったわけではなく、その年があまりに多忙で毎週休日出勤があったことが理由です。

その分休日出勤手当があったので普通の週休1日制よりはまだましだと思いますが、それでもとにかくきつかったというのがその時の印象。

とにかく休みになってもまたすぐ仕事だから全く休んだ気にはなりませんからね。

ほんと寝てばっかりで家族ででかけることもだいぶ少なくなりましたし、妻にもだいぶ気を遣わせてしまったと思います。

まあもう二度としたくないですね。もしこれが常態化してしまったら普通に転職します。それくらい週休1日というのは私にとってきついものでした。

仕事がきつい、辞めたいと思ったら転職に踏み切ろう

私の場合は1年間のみ、休日出勤のせいで週に1日しかないという状態で我慢すればまた2日休める体制に戻れました。

きつい、辞めたいと思ったこともありましたが、今だけと思えていたのでなんとかなりました。

ただもし会社自体が週休1日制であったり、毎週休日出勤することが常態化しているならば、思い切って転職に踏み切った方がいいかもしれません。

休日数は我慢したって変わらない

給料が少ないとしても、もしかしたら昇格して給料が上がるかもしれません。

仕事がつまらないとしても、できる範囲が増えて楽しくなってきたり、異動なんてこともあるかもしれません。

ただ休日数ばかりはいくら我慢して仕事を続けたって、ほぼ変わることはありません。

今週に1回しか休みがないなら、何年たったってやっぱり週に1回しか休みがないんです。

休みに関しては転職して休みが多い会社に移らないと、どう頑張ったって増えません。

転職して休みを増やすのは難しくない

上述しているように週休1日というのは、どんな業種であってもかなり少ない方です。

転職してもっと休みを増やすというのは高望みなんかではないし、難しいことでもありません。

自分はスキルがないから転職なんてできないなんて最初から諦めてしまっている人もいますが、とにかくまずは転職活動をやってみて下さい。

転職市場は売り手市場ですし、今かなり厳しい条件で働いている人が今よりいい会社を見つけることはそれほど難しくないはずです。

狙うべきは完全週休二日制、年間休日120日以上

転職活動をする場合、どうせなら完全週休二日制で年間休日120日以上の会社を狙っていくようにしましょう。

色々な条件を望めば確かに難易度は上がります。ただこの休日数は決して非現実的な休日数ではありません。

最初から妥協してしまうと転職後にまた不満を感じてしまうだけ。

転職はそう何度もできるものではありませんから、最初は高い希望の元で転職活動を進めていった方が絶対にいいです。

転職活動では転職エージェントを利用しよう

もし転職活動を進めていくなら、転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

希望に合った仕事が見つかりやすく、手間も省けます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ