年間休日108日はちょっと少ないから転職もあり。3連休が全然ないのはやっぱりきつい

あなたには現在どのくらい休みがありますか?

学生時代は土日祝に夏休みや冬休みで長期休暇があったものの、社会人になると夏休みや冬休みどころか、祝日も休みではない、土曜も出勤だなんて人も少なくはないのでしょう。

休みの数は会社次第。少ないところは本当に少ないですよね。

今回取り上げるのは年間休日108日の働き方について。

中小企業を中心にこの日数に定めている会社が多くありますが、その内訳や平均から見た日数としてはどの程度なのでしょうか。

関連:年間休日125日の内訳。やっぱり休みが多い方が働きやすい

関連:休みが少ない会社からは早めに脱出を。休日は転職するしか解決策はなし

年間休日108日の内訳

年間休日を108日に設定している会社は中小企業に多く、ハローワーク等の求人票ではよく見かけます。完全週休二日制だとこの休日数になることが多い為です。

その内訳として多いのは週二日休みに加えて年末年始に長めの休暇という形。

1年間は52週なので、まず週二日は休みとなってそれで104日。残り4日が年末年始にまとめてとることになります。

もしくは週に1回、1日休みの週があって、残りの16日分を年末年始だけではなく、夏季休暇やGWの休みにあてている場合もあります。

なお祝日は基本休みではなく出勤です。

もし土日に加えて祝日も全て休みとなるならば、年間休日は119日以上になります。

年間休日108日は平均より少なく、3連休はほぼ無し

年間休日が108日となると基本的には週二日が休みとなっているので、サービス残業が多い、休日出勤が多すぎるなどの他の問題点がなければブラック企業だと言えるような休日数ではありません。

ただ働きやすいと言えるような条件ではありませんね。

祝日が休みではないので1年通して3連休となる日は無し。唯一年末年始だけが少し長めに休みをとることができるくらいです。

ただ有給休暇をフルで使うことができるなら別。

有給休暇は勤続年数にもよりますが1年間で20日付与されますから毎月1~2日程度は休むことができるので、2、3週間に1回は3連休をとれることが可能となります。

ただ有給休暇を全部とれる会社って果たしてどれくらいあるのでしょうか。

本来は労働者の権利で会社側は取らせることが義務であるはずなのに、とりにくくて1年間で数日程度しかとれない人が大半だと思います。

ちなみに108日だと平均よりはかなり少なめ。

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によれば年間休日数の平均は114.7日。だいたい7日程度少ないですね。

年間休日120日と108日では働きやすさが全然違う!

一般的に労働者にとっては働きやすく、優良企業であるとみなされることが多いのが年間休日120日以上。

年間休日108日と比較すると12日、1ヶ月あたり1日分休みが違います。

たった1日かと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際にこの差は正直言ってかなり大きいです。

3連休が全然なく、GWやお盆休みもなく唯一長めに休むことができるのは年末年始だけというやっぱりきついです。

月に1回は3連休があったり、数か月に1回長めの休みがあってのんびりできるような環境でないと、常に仕事に追われているような感覚になり特に精神的な疲労はとても大きなものになってしまいます。

ちなみに休みが多い会社ほど給料は高く、有給休暇取得率が高い傾向にあり、休みが少ない会社ほど給料は低く、有給休暇取得率が低い傾向にあります。

単に休みの数だけの差では終わらず、様々な観点から見て働きやすさに違いがあることがほとんどなんですよね。

まあそれもそのはず。

労働者のことを思ってくれている会社や経営に余裕がある会社は、労働者が働きやすい環境を提供しようとしてくれるので給料や労働条件の面で恵まれていることが多く、一方で経営に余裕がなかったり労働者を単なるコマとして見ていないような会社ならそこまでのことをしてくれませんから。

休みの少なさを給料の換算してみると

では一度休みが少ないということが、給料に換算するとどれだけ損をすることになるかを考えてみましょう。

年収500万円の場合で計算してみます。

年間休日数が120日の場合だと、1日当たりの賃金は20408円となります。

もしこの日当たり賃金のまま休みが108日になると、年収は524万5千円。24万5千円も違うはずなんですね。

もしこれが125日と105日で差が20日まで行くと、41万7千円もの差になります。

休みの数はこれほどまでに大きなものなんですね。

働きやすさを求めるなら年間休日120日以上の会社に転職を

給料、仕事に対するやりがい、残業の多さなど仕事をする上で大切なことはたくさんありますが、休みの数ももちろんそのうちの一つ。

そしてそれは選んでしまった会社次第でどうしようもならないもの。

現在の会社が他の会社に比べて休みが少なく、疲れやストレスが溜まってしまっているのであれば、それを改善する為には転職するしか方法はありません。

もちろん条件が良い会社というのはみんなが行きたがりますから倍率は高く難易度も高め。ただ最近はかなりの売り手市場となっているので転職がしやすい状態となっていますから、やるなら今のうちです。

現在は転職サイトや転職エージェントもかなり充実していて、働きながらであっても大きな負担なく転職活動をすすめることができます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。