年間休日87日で働いていた感想。違法ではないけど少なすぎてさすがにきつい。

業界、会社によって大きく異なる年間休日。

平均は114日ほどですが、120日を超えた休日が設定されている会社もあれば、100日を下回る会社、さらに厳しい会社では90日を切る会社もあります。

今回紹介するのは年間休日87日で働いていた人の体験談。

かなり少ない部類に入る休日数で働くというのは一体どういうことなのでしょうか。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

関連:4週6休で働くは正直きつい。年間休日も90日はきるし連休もほとんどない

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

年間休日87日は少ない!きつい!

私が以前勤めていた会社は毎年年間休日がたった87日しかありませんでした。

今は転職して110日ほど休みがある会社で働くことができているのですが、その差は歴然。

少なすぎてきつかったという感想しかありません。

年間休日87日の内訳

まずはどのように休みがあったか、内訳について紹介します。

まず毎週日曜日が休みで年間52日。

土曜日は隔週休みで年間26日。

あとは年末年始に2~4日、お盆休みに2~4日、GWに2~4日、合計9日になるように調整されます。

52+26+9で合わせて87日。これが休日の内訳です。

もちろん祝日は仕事です。

週1日だけの休みは休んだ気がしない

土曜日は隔週休みなので2週間に1度は週1休みとなっていました。

この働き方で一番きつかったのがこの週1休み。たった1日だけ休んでも正直休んだ気がしないんです。

まとまった家事をして少し休んだらすぐ休みが終わりまた1週間仕事。どこかに遊びに行くなんて気もおきません。

結局楽しみにするのは2週間置きの2連休。その2連休が終わってからの月曜日なんてまた長い2週間が始まるのかと憂鬱で仕方がなかったです。

もちろん中には隔週どころか毎週週1日休みの人、休日出勤があって全然休みが取れない人、休日に副業している人もいて、そういった人たちに比べると休めている方なのかもしれません。

ただ自分にとってはこの休みの量は少なすぎてとにかくきついというのが感想。

仕事ばかりの人生でプライベートが全然充実せず、この会社でずっと働いていると間違いなく後悔するとも思っていました。

有給休暇がとりにくいのも原因

年間休日数が少なくても有給休暇が取れればまだましですよね。

私はその会社で3年働いたので、最後の年は12日付与されていましたし、6年半働けば毎年20日付与されます。

87日に20日加算しても107日でそれでも平均には及びませんが、それだけ休みが増えるのはありがたいことです。

ただ残念ながら私の会社は有給休暇を取りやすい環境ではありませんでした。とれて年間2、3日。葬式でやむを得ない場合、体調不良でどうしようもない場合だけです。

上司が嫌な顔をするとかそういったことはないのですが、会社として有給休暇を積極的に取るという雰囲気がなく、その雰囲気を気にせず自分だけ有給休暇を取る勇気は持てませんでした。

実際、有給休暇は年間休日数が少ない会社ほど取得率が悪い傾向にあるそうです。

休みが多い会社は有給休暇を使ってさらに休むことができ、休みが少ない会社は有給休暇すら使うことができない。差がさらに開いてしまっているというわけです。

労働時間は短くてもあまり意味がない

休みが少なかった分、1日あたりの労働時間は7時間半と他の会社に比べると30分短かったです。

ただこの30分、残念ながら短くて良かったと思ったことはありません。残業もありましたしね。

正直なところ、30分短くするよりも休みを欲しいというのが当時抱いていた感想でした。

さすがに少なすぎ、違法ではないの?

年間休日が87日しかないというのは違法ではないかと思う人もいるかもしれません。

私も友人などに言われたことがあり、実際調べたことがありますが、これが違法ではないんですよね。

労働基準法で定められているのは1週間に1日もしくは4週間に4日間の休日を与えることであり、これは問題なし。

もう一つ、1週間の所定労働時間の上限は40時間と決められている法律もあります。

私の場合、1日の所定労働時間は7時間半で6日勤務の週もあったのでトータル45時間となり、オーバーしてしまうのであれっと思ったんですが、これは「変形労働時間制」を採用していれば問題なし。

変形労働時間制を採用していると一定期間(私の会社の場合は1年間)を通して「平均して」週40時間となっていれば問題なしとなるのです。

1日の所定労働時間が7時間半と設定されている場合に平均週40時間になる年間休日数の最低日数は87日。

まさにぴったりなんです。

調べてみて年間休日が87日となっている根拠がわかりました。

休日出勤が頻繁にある人もいた

ちなみに私は休日出勤はありませんでしがた、違う仕事をしている人には休日出勤を頻繁にしている人もいました。

手当はでているので良いのですが、さすがにきついですよね。

月に1、2回はしてましたらから、年間70日も休むことができていないと思います。

日曜日しか休みがない週にそこを出勤して12連勤とかもしていましたね。

ちなみに法律で決まっている週1日の休みは所定休日に関してであり、休日出勤として手当を出せば問題なし。でもきつすぎますよね。

そんな会社に入社してしまった理由

ただ休日数って普通は入社する前に知ることができることで、少ないかどうかわかること。

たまに土曜日休みといいながら実は出勤なんて嘘をつく会社もあるようですが、私の場合はそんな嘘をつかれたわけではありません。

ではなぜこんな会社に入ってしまったか。その理由は以下の3点にあります。

早く仕事を決めないとという焦りがあった

当時は契約社員として働いていた仕事が終わり無職の状態。

次こそは正社員でという思いがあり、正社員として働くことができる仕事を探していました。

ただ貯金は少く、次の仕事を早く決めないとという焦りがある状態。

多少条件が悪くても、とにかく正社員として働くことができれば良い、そんなことを考えて仕事を選んでしまったのが一つの原因です。

休みが少ないということを甘く考えていた

休みが少ないということに対して甘く考えていたのも一つの原因。

休みは多い方が良いというのは当然思ってはいたことでしたが、給料や仕事内容など色々な条件の中での優先順位はかなり低かったです。

毎週1日しか休みがないのはきついけど隔週であればなんとかなるだろう、そんなことを考えていたのです。

それが実際に働いてみると想像以上のきつさ。自分のことをよくわかっていませんでした。

年間休日数をチェックしていなかった

そもそも年間休日数をチェックしていませんでした。

求人票に書かれていたのは週休二日制(日曜日、土曜日隔週)、GW、夏季休暇、年末年始休暇ありという記述。

それだけ書かれているとなんとなく大丈夫だろうと思ってしまったんですよね。

もし87日という数字を見ていれば、さすがに少ないという印象を持つことができたかもしれませんが、日数まで確認しなかったのは大きなミスです。

結局転職を決断、やっぱり休みは多い方が良い

こんな仕事ですが、ようやく正社員になれたしとりあえず頑張ろうと3年働きましたが最終的に転職を決断しました。

その転職は休みを重視でじっくり転職活動を行ったおかげか無事上手く行き、今は年間休日数が110日以上あり有給休暇もそれなりにとれる会社で働くことができています。

高望みしなければ希望にあう仕事は意外に見つかるもの。

現在の仕事で休みが少ないことに不満を抱いている人はぜひ転職することも考えてみてはいかがでしょうか。

転職活動のスタートは転職サイトへの登録から

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。