年間休日120日の内訳や転職活動時に最低ラインとして考えるべき理由

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

年間休日120日の内訳や転職活動時に最低ラインとして考えるべき理由

会社によってかなり差がある年間休日数。

130日を超えるような会社もあれば、100日をきるような会社もあります。

そんな中もしあなたがこれから転職活動を行おうと考えているのであれば、ぜひ年間休日120日以上を一つの指標として考えるようにしてください。

関連記事

 

年間休日120日の内訳

まずは年間休日120日の場合の内訳をみてみましょう。

どういった休み方ができるのでしょうか。

完全週休二日制で104日

1年間は52週間ある為、土日休みなど1週間に2回休みのある完全週休二日制とした場合に休日数は104日あるということになります。

祝日、年末年始、夏季連休

そして残りの16日は祝日や年末年始の連休、会社によっては夏季連休が設定されている場合もあります。

年間休日数が125日以上の会社だと、祝日が全て休みであることに加えてて夏季連休なども設定されている場合が多いです。

毎週2日休みでたまに連休もあるのが年間休日120日の働き方

すなわち年間休日が120日ある場合、少なくとも毎週2日は休みでたまに3連休があったり、GWや年末年始には5連休程度取れるという働き方ができるということです。

逆に年間休日110日をきってくると、大型連休がなかったり、祝日が休みではなかったり、隔週で週1休みとなるような働き方になります。

年間休日120日は多い?少ない?

ではそもそも、年間休日120日は多いのでしょうか、少ないのでしょうか。

どれくらい休みが欲しいかは人それぞれの感性にもよりますから、それだけあれば十分と感じる人もいるでしょうし、少ないと感じる人もいるでしょう。

ただ数値として相対的に見れば、十分多いと言える日数ではあります。

厚生労働省の「就労条件総合調査結果の概況」によれば、年間休日の平均日数は113.7日。

年間休日120日は平均値を大きく上回っています。

さらに分布をみると以下の通り。

  • 130日以上・・・1.2%
  • 120~129日・・・27.7%
  • 110~119日・・・16.1%
  • 100~109日・・・34.2%
  • 90~99日・・・9.9%
  • 80~89日・・・6.0%
  • 70~89日・・・3.5%
  • 69日日以下・・・1.2%

年間休日数が120日を超える会社は全体の3割しかありません。

転職活動時に年間休日120日以上を狙うべき理由

もしあなたがこれから転職活動を行おうと考えているのであれば、この年間休日120というのを一つの基準として考えて仕事選びをしていくことをおすすめします。

その理由は以下の3点からです。

週二日の休みだけではちょっとしんどい

週に2日しか休みがないというのは、たとえ仕事自体が嫌いではなくとも正直しんどいです。

最初はやりがいが大きかったり、収入が高いと休みが少なくてもなんてことはないと思ってしまうかもしれませんが、今後長く働いていればほとんどの人は休みに不満を感じるようになってしまうはずです。

1,2ヶ月に1回は3連休があって普段よりゆっくりできる日は欲しいし、たまには旅行などもできる長期連休も欲しい。

そうなってくるとやはり年間休日120日以上は絶対にあった方がいいです。

年間休日120日と110日では数字上は10日しか違いがないとしても、感じるストレスやプライベートの充実度に大きな差がでるでしょう。

この条件の会社を狙うのは難しすぎない

もちろん休日数なんて多ければ多いほうがいいですよね。

120日と言わず、125日以上、130日以上あったほうがほとんどの人は思うでしょう。

ただたとえば130日以上を狙ってしまうと、転職難易度はかなり高くなってしまいます。

上述しているように130日以上の企業はたったの1.2%しかありませんからね。

高い条件を望めば難易度は上がるし、求人自体も見つけにくくなるのは当然のことです。

ただ年間休日120日以上と考えるなら、およそ3割の企業がそうである為、不可能なほどに難しいというわけではなく、十分狙っていいレベル。

もちろん3割ですから皆が皆、そんな企業で働くことができるわけではありませんし、無理な場合もあるでしょう。

しかしそれはやってみなくてはわからないことなので、まずは狙っていくのに最適なラインとなっています。

休日数以外の条件面も整っている場合が多い

年間休日の最低日数は、こちらの記事「法律で決められている年間休日の最低日数。違法にならないのは何日から?」で書いているように所定労働時間に応じて52日から105日。

もし8時間勤務なら最低105日となっています。

年間休日120日ということは法律で定められている分以上に休みを増やしてくれているわけです。

その為、全部の会社とは言いませんがある程度労働者の働きやすさについて考えてくれている場合が多いです。

そしてそれは休日数以外にも影響します。

給料、昇給、ボーナスや福利厚生、残業時間。

労働条件や労働環境など、年間休日数が少ない会社に比べて多い会社の方が整っている傾向が強いのです。

もちろん大事なのは年間休日数だけではないので注意

ただそうは言っても年間休日だけに注目して会社選びをしてはいけないのは確かです。

傾向として年間休日が充実している会社はそうでない会社に比べると他の条件・環境面が充実しているとは言え、あくまでそれは傾向です。

休日は充実していても他の面がひどすぎるような会社もありますから、他の条件面も自分にとって納得できるものであるかを確認することは言うまでもなく重要。

とっかかりとして年間休日120日以上をフィルタにするのはいいのですが、それだけで安心しないでください。

いくら休日が多くたって休日出勤が多すぎれば意味はないし、有給が一切取れないなら多少休日が少なくても有給休暇が取りやすい会社の方がいいですからね。

休みが少ないという理由から辞めるのは甘え?

最後に一つ。

たまに休みが少ない、休みがとりにくいという理由から辞めるのは甘えなのかなんて悩む人が特に若者に多いです。

ただ私としては、休みの少なさを理由に転職するのは大いにありだと考えています。

誰もが仕事を第一に考えるわけではありません。プライベートも充実させてこそ、仕事も楽しくなるのではないでしょうか。

特に休日面は自分がこのまま努力すればなんとかなるという問題ではありません。

それどころか、出世して管理職になればさらに休みが少なくなる場合の方が大いにありえます。

ようするに転職せず我慢し続けていては、この先定年するまでずっと休みが少ない状態が続いてしまうのです。

結局休日数に関しての解決策は転職することが唯一と言ってもいいくらいなのです。

この先長い社会人生活。充実させ楽しく過ごすことを考えるのであれば、むしろ積極的に会社を変えていくべきではないでしょうか。

転職するなら転職エージェントがおすすめ

もしこれから転職活動をするのであれば、ぜひどこかしらの転職エージェントは活用するようにしましょう。

好条件の会社ほど非公開求人となっており、転職エージェント経由でなければ応募できないものがたくさんありますし、様々なサポートを受けることができるのでより満足度の高い転職が実現しやすくなっています。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ