4週7休はどんな働き方?年間休日数や労働時間に関するルール

会社によって様々である労働条件。

特に休日数に関しては、多い会社と少ない会社で大きな違いがでることでしょう。

休みがしっかりとれるか否かは働く上で非常に大切ですので、会社を選ぶ際には必ず確認しておかなければなりません。休日数によって、働くことの負担は大きく変わってきますからね。

今回紹介するのは、「4週7休」という働き方について。

4週7休とはどういった勤務形態なのか、年間休日数はどの程度になるのか、平均から見るとどれくらい少ないのかなど、詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

4週7休ってどんな働き方?

4週7休ってどんな働き方?

4週7休とは、その名の通り4週間のうち7日間が休みという働き方です、

労働基準法では、休日に関して「毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えること」が義務付けられています。

ですから、4週7休という働き方は休日数に関して労働基準法に違反しない働き方であるのです。

4週7休の勤務体制

4週7休制が導入されている場合の勤務体制は、以下の2つのパターンに当てはまることが多いです。

  • 週1回決まった曜日が休みで、残り3日分は選択して休む
  • 週2回決まった曜日が休みだが、そのうちの1日だけ出勤する

いずれの場合も基本的には週に2日の休みとなりますが、4週のうち1回は週に1日の休み、つまり6連勤となるということですね。

休みとなる曜日に関しては、シフト制の会社以外は「日曜日が必ず休みで、土曜日に出勤日がある」という形が多いです。

祝日はどうなる?

祝日に関しては、同じ4週7休を導入している会社であってもそれぞれ対応が異なります。

「4週7休というのはあくまで最低限の日数だから、祝日がある場合は休みとする」という会社もあれば、「祝日は関係なく出勤させる」、「祝日は休みとするが、7休の1日分になり他の休みが減る」という会社もあるといった感じです。

できれば、最初のような会社が望ましいですよね。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

4週7休の場合の年間休日数、労働時間

4週7休の場合の年間休日数、労働時間

ここでは、4週7休の場合の年間休日数、労働時間を一緒に確認していきましょう。

年間休日数は平均以下

4週7休の年間休日数は、祝日や長期休みの扱いによって大きく異なります。

1年間は52週ですから、確実に休めるのは91日。

そこに祝日が含まれるのか否か、年末年始休みやお盆休みといった長期休暇が与えられるのか否かによって、100日から110日程度まで幅が生まれてくるのです。

そのため、一言で「4週7週」と言っても、会社によって年間休日数は全く異なると覚えておきましょう。

ちなみに、年間休日数の平均は113日程度ですので、それらの休みが加えられても平均休日数よりは少ない場合がほとんどです。

労働時間は変形労働時間制を導入しているか否かで異なる

4週7休の勤務体制で働くことを検討している方に特に知っておいてほしいのが、労働時間に関してです。

労働基準法では、「法定労働時間の上限は1日8時間、1週間に40時間を超えて労働させていけない」と定められています。ですから、この上限を超えてしまうと違法な働き方となるわけです。

しかし、4週7休の場合、少なくとも1回は6連勤となる週があるので、この上限を超えてしまうことになります。

そのため、以下の方法をとっていなくてはなりません。

変形労働時間制を導入している場合

労使協定または就業規則等において変形労働時間制を定めている場合、労働時間は一定期間を平均して、1週間当たりの労働時間が法定の労働時間を超えない範囲内であれば良しとなります。

例えば、単位期間を4週とした場合、4週間で可能な労働時間は160時間。4週7日の21日なので、1日の勤務時間が7時間37分以下であれば問題なくなるということです。

また、単位期間を1年とした場合は年間休日数によって異なります。

祝日や年末年始等の休みも合わせた形で計算することになりますから、年間休日数が105日以上であれば1日8時間、96日であれば7時間45分が労働時間の上限です。

変形労働時間制を導入していない場合

労使協定や就業規則等で変形労働時間制を定めていない場合は、1週間に40時間を超えることは原則NG

超えるためには36協定を結んだ上で超過勤務、すなわち残業として働き、その分最低0.25倍を割り増しした賃金を超過勤務手当と支払われなければなりません。

また、もし残業なしで行うのであれば、6日勤務をする週の労働時間を6時間40分以下にする必要があります。

とはいえ、特定の週だけ勤務時間が変わるのは分かりにくいし、全てが残業となってしまうのも人件費を増やす原因となってしまうので、基本的には先ほど述べた変形労働時間制が導入されていると考えて良いでしょう。

働きやすいかどうかは年間休日数次第

働きやすいかどうかは年間休日数次第

4週7休が働きやすいかどうかは、年間休日次第というのが正直なところです。

常に4週7休で祝日も長期連休もなしでは、さすがに休みが少なくてしんどいと思う人が大半ですが、祝日は全て休みで夏休みや年末年始などの長期休みも与えられるとなれば働きやすいと感じる人も多いでしょう。

ただ、一般的には平均休日数未満で、ホワイト企業の一つの指標となっている年間休日120日には遠く及ばないことが多いので、もししっかりと休みをとりたいと考えているのであればあまりおすすめできる勤務体制ではありません。

休みが少なくて不満なら転職しよう

休みが少なくて不満なら転職しよう

この記事を読んで下さっている方の中には、すでに4週7日で働いている方、それ以下の休日数で働いている方もいるかと思います。

そして、そのうち多くの方が休みが少ないことに不満を持っているのではないでしょうか。

もしあなたもそうであるなら、売り手市場で転職しやすい今のうちに転職してしまうことをおすすめします。

休日数は、人間関係等と違って我慢して長く働き続けたからと言って変わるものではありません。変えるためには会社を変えるしかない、というのが現実なのです。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみてください。

休みの多い会社への転職には、転職エージェントの利用がおすすめ

先ほども述べた通り、「4週7休制の会社で働いていて、休みが少ないことに悩んでる」という方は転職で解決するほかないので、この機会にぜひ転職を検討しましょう。

とはいえ、自分ひとりで休みの多い会社を探す…となると、やっぱり難しいですよね。

口コミサイトなどを見ても、人によって書いている内容が全く違うことなんてよくありますし、正直あてにならない部分も多いです。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。

彼らは、多くの転職者を支援してきた経験から企業側の雇用条件を熟知しています。そのため、休みをきちんと取れる会社をピックアップして紹介してくれるのです

また彼らは、転職希望者がすぐに転職先から辞めてしまうと、クライアント企業からの評価が下がってしまいます。ですので、企業風土とマッチしているかという点もしっかり考慮して、その人に合っている企業を提示してくれます。

転職サイト等を利用して自分一人で転職活動をするよりも、格段に効率よく優良企業に転職できると思いますので、ぜひ積極的に利用してみてください。

ちなみに利用料はかかりませんので、「一度使ってみようかな…?」くらいの気持ちで、気軽に登録してみてくださいね。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)