異動希望が通らない原因と転職を考えるべきタイミング。淡い期待をしているといつまでたってもやりたい仕事はできない。

配属先が希望通りに行かなかった場合や、実際に仕事をしてみたら思っていた仕事と違った場合、いつかは異動希望をだして異動しようと考えている人は少なくありません。

しかし、残念ながら異動希望を出して、希望通りの部署に異動できる人はごくわずかです。

実際に、異動希望が通らないことに悩む人も少なくありません。

関連記事

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

異動希望は通らないのが基本

異動希望は通らないのが基本

仕事のミスマッチなどが理由で配属先の異動を希望する人は多いですが、異動希望を出してもなかなか通らないのが現状です。

これから異動希望を出そうとしている人には少し酷な話ですが、異動希望を出しても希望通りになることの方が少ないのです。

会社としても全ての社員の希望を叶えることは難しい状況ため、人によっては異動希望を何度出して通らない方もいます。

異動希望の通りやすさは会社により異なりますが、ほとんどの会社は社員一個人の希望よりも、会社として力をつける方向で組織を編成します。

もしあなたが、異動希望を出し続けていたらいつか通るだろう、いつか希望が叶うだろうと考えているなら、今一度現実に目を向けて考え方を変えなくてはいけません。

いつか希望が通ると信じて異動希望を出し続ける間に時間が経過して、気づけば1度も異動できず年齢が高くなり、転職するにも厳しい状況となってしまう前に、異動希望は通らないのが基本であることを理解する必要があります。

そもそも会社が異動をさせる理由とは?

そもそも会社が異動をさせる理由とは?

そもそも会社が社員を異動させるのは、どういった目的があるのでしょうか。

ここでは、会社がどんな理由や目的で社員を異動させるのか確認していきます。

ジョブローテーション

異動の理由として代表的なのは、人材育成、マンネリ化防止を目的としたジョブローテーションです。

同じ部署、同じ仕事だけではなく、関係のある部署でさまざまな経験を積み、社員の成長を促すために行います。

あくまで重要なのは「人材育成・社員の成長」です。

そのため、これまで所属していた部署と関連がない部署や、異動前の仕事とかけはなれた業務を行う部署には異動することはほぼありません。

また、本人の希望があったとしてもあまり考慮されずに異動になるケースもあります。

人材不足の補填

社員が退職したときや事業の拡大などに対応するため、新規採用に加えて異動による人材配置を行う場合もあります。

会社が存続・成長していくためには、企業として各部署の強化は絶対に必要なことであり、そのタイミングで相応しい人材を配置します。

異動の理由は各社で違っても、業務を遂行し現状維持または今後の成長を目的として社員の異動が行われることになります。

モチベーション対策、適材適所

同一部署に長くいると、人間関係や業務内容の関係から社員のモチベーションにネガティブな影響を及ぼすことがあります。

場合によってはモチベーションの低下や離職者が出る可能性もあるため、社員のモチベーションアップを目的として異動が行われることがあります。

社員のモチベーションを上げるには、実力を発揮できる部署に配置することや、社員のやりがいや成長につながる部署への異動が必要です。

適材適所に人材配置できれば、これまで以上に活躍してもらい会社に貢献してもらう可能性も高まります。

会社としても、高いモチベーションを保てる部署で実力を発揮してもらう方がメリットは大きく、長い目で見て業績を伸ばすことにもつながります。

ただ、本人の能力・異動先との関係性など総合的に見て判断するため、本人の希望が優先されるとは限らない一面もあります。

異動希望が通らないのはなぜ?

異動希望が通らないのはなぜ?

異動が行われる理由には会社の都合によるところがほとんどです。そのため、基本的に個人の異動希望は通らない場合が多いのです。

ここではあらためて、なぜ異動希望が通らないのかその原因を深堀りしていきます。

そもそも異動希望を叶えるシステムがない

異動自体はそれなりの規模がある会社なら定期・不定期に行われます。

ですが、異動があるからと言って、個人の異動希望を叶えるシステムがあるかどうかは話が別です。

一応、異動希望を出せるとしても、希望を叶えるシステムがない会社もあります。

社内の異動理由の中にはある部署で人材が足りず、たまたま今いる自分の部署で人が余っている時に、タイミング良く異動希望を出したために異動となったパターンもあるでしょう。

しかし、人手が足りている状態で出された異動希望に対し、会社として積極的に動くケースは多くはないでしょう。

異動先で活躍する見込みがない

本人の適性や経験を考えた場合、異動先で活躍が期待できないと見なされれば、いくら本人が希望しても異動は叶いません。

会社の上層部は、異動希望を一旦は受け止めて検討し、本人にポテンシャルがなければ異動させる必要性を感じないからです。

現部署の方が本人に合っていて成果を上げているなら、会社としては現状維持の方が良いと判断するでしょう。

異動させるメリットがない

異動は会社にとってメリットがあることを前提に行われます。そのため、希望した部署が現部署との関連がなく、今後の成長や業績アップにつながらない場合は異動させるメリットがないと判断します。

中には、ジョブローテーションの一環として現部署と関連性の薄い部署に異動する例もありますが、そういったケースは稀でよほど特出したスキルがあるなど納得できる理由があります。

こうした特殊な例を除いては、異動させるメリットがない場合は異動希望が通らないことがほとんどです。

また、業務上のスキルが足りない人や仕事に対するモチベーションに温度差がある人も異動させないことが多いです。

部署として手放したいと思っていても、異動先の部署に迷惑をかけてしまう恐れがあると異動させずに現状維持に留めることが珍しくありません。

異動させるのがもったいない人材である

異動希望が通らない理由には、本人が優秀であるが故に異動させないパターンもあります。

優秀な人材はどの部署でも手放したくない存在です。いくら本人が異動を希望しても部署としてデメリットが大きい場合異動させずに残す傾向があります。

優秀な人材だからこそ他の部署でも活躍できると思っていても、その有能さを失うには惜しいと判断されればなかなか異動は叶わないでしょう。

異動先に枠がない

希望する異動先ですでに人手が足りている場合、あえてその部署に人材を投入することはほぼありません。

自分の思いだけでなく、異動先の状況を事前に確認し希望を出すことも必要です。

会社としては、異動をポジティブな結果につなげるために行うので、希望する異動先に枠がない場合はどんなに希望を出し続けても叶わないでしょう。

異動希望が通らない時の対処法

異動希望が通らない時の対処法

異動希望を何度か出しても通らないときは、ほかの方法を試すことが必要です。

いつ叶うかわからない淡い期待を抱き続けるのは時間の無駄、視点を変えてしっかりと現実を見なくてはなりません。

そこで、ここでは異動希望が通らないときの対処法を紹介します。

現在の業務に意欲的に取り組み、評価や実績をあげる

異動希望を通すには、異動先の部署で活躍できる人材だと認められることが必要です。

今の部署での実績はもちろん、異動先で今後成長する可能性があるか、今の仕事との関連性なども関係してきます。

特に、今の部署での実績は重要で、上司の評価によって多少は左右するとしても、プラスの評価を得ておくことがポイントです。

会社としても高く評価できる人材を適所に置きたい意向があるため、異動することだけにこだわらず現状の自分にも磨きをかけることが必要です。

そのため、今の部署での業務に意欲的に取り組み、できる限り実績を積み高い評価を得ることに注力してみてください。

社内公募制度を積極的に活用する

もしも、あなたの会社の中で社内公募制度がある場合、積極的に活用するのも1つの方法です。

社内公募制度とは人材を求める部署が社内で募集をかけて、社員自ら応募して人事異動を行う制度です。

社内で一般に行われる人事異動とは異なり、社員自身が異動の意思を示せることが特徴で、スキルアップやキャリアチェンジにも有効な手段となっています。

ただ、会社によっては勤続年数や保有資格などの条件があることも良くあり、加えて書類選考や面接が実施されるため、誰でも簡単に希望が通るとは限らない面もあります。

そういった意味では応募が少し大変ではあるものの、会社が指定した条件や選考をクリアできれば希望した部署に必ず配属されるため、社内公募制度がある会社では積極的に活用することをおすすめします。

希望する部署で必要なスキルや経験を身につける

すでに異動を希望する部署が決まっている場合、その部署で必要とされるスキルや経験があるか考えてみてください。

異動したときのことを考えて自信がない場合は、今から希望部署で活かせるスキルや経験を身に着けておくことが重要です。

現状の部署内で習得できない内容だったとしても、関係書籍を読んだりインターネット上で独学するなど個人でもできることがあります。

今の部署で幅広いスキルや経験を示せれば、即戦力となる人材として評価されることも期待できるでしょう。

そうなれば異動希望を出したときに叶う可能性も高くなります。

やりたい仕事ができる企業に転職する

今の会社で希望部署への異動が叶わないなら、自分がやりたい仕事ができる会社に転職することも考えてみましょう。

あなたの中でやりたい仕事が明確になっているなら、今の会社にしがみつく必要はありません。

ただ、転職に備えてやりたい仕事について専門性を高めたり、知識やスキルを身に着けておくことは必要です。

事前に準備をしておけば、いざ転職活動をする際にも強みとなり、転職活動自体も進めやすくなるでしょう。

今の会社で希望部署への異動が叶わないときは、自分がどんな仕事をしたいのかを見つめ直し、やりたい仕事ができる会社への転職も考えてみてください。

また、転職を決めたなら転職活動の進め方やタイミングも視野に入れて検討することをおすすめします。

異動希望が通らない時に、転職を考えるべきタイミング

異動希望が通らない時に、転職を考えるべきタイミング

異動希望が通らないとき、今の部署で働き続けることに魅力を感じないなら転職を検討することも必要です。

ただ、異動希望が通らないというだけで転職して良いか迷う方もいることでしょう。

そこで、ここでは異動希望が通らないときに、どんなタイミングで転職を考えたら良いか探っていきます。

異動希望が通る可能性があるかどうかの検討

今の会社で異動希望が通らない場合、このまま今の部署で働きながら異動が叶うのを待つか、何度も異動希望を出すかなど、いくつかの選択肢があります。

ですが、異動が叶うのを待つのも何度も希望を出すのも時間や手間がかかります。

そこで目線を少し変えて、今の会社で異動希望が通る可能性があるかを考えてみてください。

自分なりに異動先で活かせるスキルを身に着け、即戦力になれる自信があったとしても希望が通らないなら努力が実を結ぶことはありません。

上司に相談したり、人事部にかけあうなど、今の会社でできることはやってみたけれど一向に手ごたえがない場合は、転職を検討するタイミングといえるでしょう。

未経験の仕事へ転職するなら早い方が良い

転職すると判断したなら早めに準備することをおすすめします。

もし、しばらく様子を見てからと思っていても先送りしてはいけません。

その理由として、転職する上で年齢は非常に重要だからです。

社会人1年目から3年目の第二新卒者なら転職にも有利な面がありますが、20代後半になるとハードルが上がり年齢がネックになるほか、実績も問われるようになります。

さらに、30代になると未経験で転職できる職種がぐっと狭くなり、あなたが希望している仕事へ転職できる可能性が下がってしまいます。

もし、やりたい仕事に就きたいなら、その時期を逃してはいけません。

転職活動に着手するタイミングが遅くなるほど、希望通りの転職が実現する可能性が低くなるため、思い立ったらすぐ行動を起こすことをおすすめします。

待遇が悪くなる場合は慎重に

転職する上でやりたい仕事に就くことは大切な要素ですが、待遇面も必ずチェックしてください。

仕事内容だけで転職を決めてしまい、待遇面が悪くなるのではせっかくの転職も台無しになる恐れがあるでしょう。

特に条件面で重視したいのは、給料・残業の有無や合計時間・年間の休日日数などで、仕事内容と併せて今よりも良い条件となる会社を探すことが重要です。

第二新卒のうちならそれほど大幅な条件ダウンはないことがほとんどですが、年齢が高くなるにつれて条件ダウンの可能性は高くなります。

あらためて待遇と仕事内容を天秤にかけ、それでもやりたい仕事なのかをよく考えてみてください。

異動希望が通らないことに悩みを抱えるなら、転職活動を始めてみよう

あなたが異動希望を出してもなかなか通らないと感じていることは、特殊なことではなく一般的なことです。

何度希望を出しても全く通らなかったとしても、人事異動は会社都合で行われることがほとんどなので、個人の希望がすんなり通ることは稀なのです。

ですが、今後のことを考えるとやりたい仕事ができない毎日はストレスの原因になりやすく、仕事に対するモチベーションにも影響します。

今の社内で自分なりにスキルアップをしたり実績を積んだり、上司や人事部にかけあっても異動が叶わないときは悩むより転職を検討することをおすすめします。

転職を決意したなら少しでも早く若いうちに行動を起こし、転職活動する際には転職のことならどんなことでも相談できる転職エージェントを利用してみてください。

自分の希望に合った会社への転職には転職エージェントの利用がおすすめ

自分の希望に合う会社に転職したい、やりたい仕事ができる会社に転職したいなら、転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントの利用料は無料さまざまな企業の採用条件を熟知しているのであなたの希望を本当に叶える企業を紹介してくれます。

また、転職時に必要となる履歴書や職務経歴書の作成代行、面接の練習や日程調整、待遇交渉などもしてくれるため、1人で転職活動をするよりスムーズかつ好条件で転職できる可能性があるでしょう。

異動希望が叶わないと悩むよりも、利用料無料の転職エージェントに登録して希望に合う転職を実現させることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。

関連記事