仕事をもらえない原因と対処法。精神的に辛いし将来への影響も大きいので我慢するだけでは後悔する。

自分は仕事をバリバリこなしたいのに、上司やリーダーから仕事を貰えずに毎日暇をもてあましている人は新入社員を中心に多いでしょう。

そして、仕事をもらえない状況が続くことによる影響は思った以上に深刻です。

間違っても「いつかは仕事が貰える」と期待して放置せず、自分で対処していくようにしてください。

関連記事

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

仕事をもらえないのは想像以上に辛いことであり、影響も大きい

仕事をもらえないのは想像以上に辛いことであり、影響も大きい

仕事をもらえない状況は周りが思っている以上に辛く、その時だけではなく、将来的にも大きな悪影響を及ぼす可能性があるのです。

仕事をもらえなくて暇なのは、精神的にかなりしんどい

周りが忙しいのに自分だけ仕事がなく暇をもてあましているという状況は辛いものです。

申し訳なく思うとともに周りの目が気になって居心地は悪いし、時間が経つのがとてつもなく遅く眠気をこらえるのも大変。

忙しくてプレッシャーも強い仕事ももちろんしんどいですが、逆にやることがないという状況も精神的にはかなりしんどいです。

新入社員なら「周りに置いていかれる」という不安感があり、同期がどんどん色々な経験をしているのに、自分だけ経験が少ないと焦りが生まれます。

私自身、新入社員の時についた指導担当の先輩、そして上司があまりにもだめで雑用しか仕事を貰えず、かなり強い不安を抱きました。

結局は見かねた他の部の先輩が拾ってくれて部署異動できたので助かりましたが、あのままだったらはたしてどうなっていたのでしょうか。

将来へも深刻な悪影響をもたらす

実際、仕事をもらえない状態が続くと将来への不安はかなり高まります。

新入社員の場合、仕事をもらえない期間が長ければ長くなるほど、同期との差はひらいていく一方。

まだ経験がなく、吸収も早い新入社員にとってたった1ヶ月でもやっている人とやっていない人の差はかなり大きくなります。

もちろん長い目で見れば、本人の頑張り次第で追いつけるでしょう。

しかし、周りの目がそれを許してくれません。

最初の印象で仕事ができない人間という烙印を押され、それがずっと尾をひいてしまいます。

評価の面でも、最初に悪い評価を受けてしまった結果、その時点で出世の道が経たれてしまう場合が少なくありません。

一度悪い評価をつけられると、その時点で出世競争からはほぼ脱落します。

それを覆すには相当な結果を出さないと不可能です。

新入社員のたった数か月が、その後の会社生活を決めてしまうことが少なくありません。

そして、このように精神的苦痛を与える可能性の高い「仕事をもらえない」という状況は、上司やリーダーから部下に対するパワハラの一種と認められる場合もあります。

精神的に辛くなる前に、一刻も早く現状から抜け出すようにしてください。

なぜ仕事をもらえないのか

なぜ仕事をもらえないのか

では、なぜ仕事をもらえないのでしょうか。

仕事がもらえない理由について解説します。

与えられる仕事がないから

まず考えられるのが、経営悪化などで会社に仕事がない場合。

まともな会社であれば、それでもなんとか仕事を作るんですが、たまに何もやらず社員を持て余してしまっていることがあります。

また、同じ会社でも仕事が多くて忙しい部署、仕事が少なくて暇な部署が存在しています。

もし暇な部署に配属されてしまうと、いくら本人にやる気があっても、それに応えられるほどの仕事を与えられない場合も多々あります。

新入社員でこういった部署に行った人は危機感を持たなくてはいけません。

いつかは部署異動だって大いにありえますし、そんな時に年齢相応の成長ができておらず、遅いペースにも慣れてしまっていて、使えない人材と思われてしまう可能性が低くありません。

仕事を与え、成長させる気がないから

新入社員で仕事をもらえない人でよくあるパターンが、上司や先輩に仕事を与えたり、成長させたりしようという気がない状況です。

全ての上司がマネジメントに長けていると思ってはいけません。

その能力が著しく低い人や、最初から成長させてあげようという気が全くない人も少なくないのです。

また、一応は指導担当という役割を与えられても、自分の仕事を終わらせることだけを考え、後輩に何もやらせずほったらかしにするという人が一定層います。

仕事を教える余裕がないから

仕事を与える立場の人が、あまりに忙しくて教える余裕がないと言う場合もよくあります。

特に新入社員に対して仕事を与えようと思ったら、最初は手取り足取り教えなくてはなりません。

当然、手間も時間もかかります。

もちろん長い目で見ると、その手間や時間は決して無駄なものではありません。

しかし、その時に終わらせなくてはいけない仕事をたくさん抱えていると、将来より今をなんとかする方が大事になってしまい教育がないがしろになってまう人がいます。

それでも「仕事を与えられない」辛さを理解して対応してくれるなら良いのですが、、それを理解していない人は思いのほか多いのです。

信用が低く、仕事を任せられないと思われているから

仕事でミスを連発したり、嘘をついて逃れようとしたりすると、上司を含め周りからの信用はどんどん失われます。

そして、徐々に仕事を与えられる機会が少なくなっていき、最終的には「仕事を任せられない」と思われ、雑用程度の仕事しか与えられなくなります。

ミスを取り戻すための時間や手間は膨大だし、嘘をついてごまかすとその後に大問題を引き起こしません。

それくらいならなにもしない方がましです。

一度や二度のミスでこのような事態にならなくても、何度も繰り返し嘘をつくなどの悪質さがあると上司は見放します。

上司やリーダーから嫌われしまっているから

上司やリーダーがその部下を単に嫌い、馬が合わないといった理由から、嫌がらせとして仕事を与えない場合があります。

もちろん、管理・指導する立場の人間が好き嫌いだけで行動してはいけません。

しかし、それをする人がいるのも現実なのです。

仕事でのミスなど何かきっかけがある場合もありますが、全く理由もなく嫌われてしまっているという場合もあります。

私も以前、上司が飲み会の場で「○○のこと、なんとなく嫌いなんだよね」って平然と言っていて実際にパワハラをしていました。

そのような上司の下で働くのは苦痛だし時間的にも無駄です。

無理して心身を害す前に、転職を検討するようにしてください。

仕事をもらえない状況を打破する方法。転職するのも有効な選択肢。

仕事をもらえない状況を打破する方法。転職するのも有効な選択肢。

もし、あなたが仕事をもらえないと悩み苦しんでいるなら、そのままの状態を我慢し続けるのではなく、何かしらの対策を考えなくてはなりません。

とにかく自分から仕事をもらいに行きつづけ、信頼を積み重ねていく

仕事をもらえない時、それがどういった原因のものであれ、とにかく自分から仕事を貰いに行き続けなくてはなりません。

何度も「仕事を下さい」「何かやることありませんか」「○○を手伝いましょうか」と言い続けてください。

決して何かやっているふりをしては駄目です。

仕事をもらえていないのでやる作業がないとアピールし続けてください。

ずっと言い続けていれば、普通の上司やリーダーであれば「何かやらせないと」「何かやらせてあげないと」と仕事を与えてくれるはずです。

確かに、上の立場の人に何度も何度も伝えるのはなかなか抵抗があるでしょう。

しかし、仕事をやるという意思表示は前向きなものですから躊躇する必要なんてありません。

他の部署、課の上司に相談してみる

もし、自分の課やチームの中では解決しないのであれば、他の課や時には部署を超えてでも相談してみる必要がでてきます。

仕事をもらえないまま放置されていて、他の上司がその人を引き取るのは少ない話ではありません。

ただ、そのためには仕事をもらえていない現実に気づいてもらう必要があります。

何もせず過ごしていても、誰も気づいてはくれません。

社内の親睦会など、つまらないから嫌だと感じる人は多いかもしれませんが、知り合いが増えるのでこういった場合に役立つ可能性があります。

面倒と感じても、たまには飲み会などに参加してみてください。

無理なら転職。その仕事を続けていても良いことはない

どうにもこうにも無理な場合や、すでに仕事をもらえないまま時間が経っており、周りからも仕事ができないレッテルをはられているなら、辞める判断も必要です。

そのままその会社で仕事を続けたところで良いことはあまりなく、転職してしまった方があなたにとってメリットがあります。

仕事ができないというレッテルをなくすのはとても大変です。

せっかく仕事に対してのモチベーションが高いのに、会社や上司のせいで無駄に時間を過ごしてしまうのは絶対に避けましょう。

普通なら仕事をもらえないなんてことはまずない

普通なら仕事をもらえないなんてことはまずない

会社はあなたに給料を支払います。

仕事を与えず、手持無沙汰になんてしていたら会社にとってデメリットしかありませんので、普通なら仕事をもらえないなんてまずありません。

もし、あなたがその状態に陥っているなら異常な状態です。

もちろん、すぐに辞めることが良いとは限りませんし、大抵は自分から動いてみると解決できます。

しかし、それでしか解決できない場合もあるのも現実なので、そんな時は辞める勇気を持ち、自分にとって一番良い選択をしていきましょう。

最近は若者向けの転職支援サービスも充実していますので、積極的に活用しましょう。

働きやすい環境の会社に転職したいなら、転職エージェントの利用がおすすめ!

転職エージェントとは、転職に関わるあらゆる面からあなたをサポートしてくれるサービスです。

登録すると専任のエージェントが付き、ヒヤリングをしたうえで、あなたに最適な求人紹介や履歴書添削、面接対策、模擬面接などを実施してくれます。

企業とは太いパイプを持っており、普通では知りえない内部情報も持っています。

その会社の仕事の量や残業時間なども把握しているので、あなたが求める仕事量を振ってくれる職場を紹介してくれます。

利用料金は完全無料なので、ぜひ気軽に転職エージェントを利用してみてください。

関連記事
理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)