転職でどこに行っても同じ、今の仕事を辞めたってどこに行っても通用しないは全くの嘘

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職でどこに行っても同じ、今の仕事を辞めたってどこに行っても通用しないは全くの嘘

いざ仕事を辞めたり、転職することを上司に告げると、あれこれと嫌味を言ってくるような人も少なくありません。

特に多いのが、どこに行っても同じだとか、どこに行っても通用しないという言葉。

そんなことを言われてしまい、つい不安になってしまったなんて人も多いのではないでしょうか。

関連記事

 

どこに行っても通用しない、どこに行っても同じなんて言葉は気にしなくていい

はっきり言って、上司が言う「どこに行っても通用しない」だとか、「どこに行っても同じ」なんていう言葉は、一切気にしなくていいことです。

はいはいという感じで、適当に流しておけばいいことで、本当に自分ごとにとる必要なんて一切ありません。

上司なんて、他の会社のことなんて何もわかっていません。狭い視野、狭い価値観からくる自分の思い込みだけでそう言っているだけです。

何より上司は、部下に辞められるのが嫌だという気持ちが前提にあります。

これまでせっかく色々と教えてきたのにという気持ちを持つ人もいますし、何より足りなくなった人手を補う為にあれこれと対応しなくてはならなかったり、自分の評価を下げられるなんてこともありますからね。

ですから、「どこに行っても通用しない」といった言葉は事実を元に言っていることではなく、全く気にする必要なんてないのです。

転職したら変わることは多い、同じなんてことはない

そもそも転職しても何も変わらないなんてことはまずありません。

同じ仕事内容だとしても、仕事のやり方は会社が違えばがらっと変わるし、責任の範囲やプレッシャー等も全然違います。

人間関係も当然変わるし、雰囲気も会社によって変わります。

一つの会社で働き続けているとつい視野が狭くなってしまい、仕事なんてそんなもんだと割り切って働くようになってしまう人もいますが、決してそんなことはないのです。

どこに行っても通用しないなんてなぜわかる?

それまで中々仕事で上手くいっていなかった人が、会社が変わると一転するというのはよくあることです。

仕事はもちろん、会社によっても求められること、重視されることは異なりますし、転職後にその人がどういった振る舞いをするかによっても異なります。

にも関わらず、なぜどこに行っても通用しないなんて決めつけることができるのでしょうか。

そもそも通用しないなんて言って仕事を辞めることに対して否定的な発言をしている時点で、できれば辞めてほしくはないと思っているということ。

これまでろくにやる気を出さず、言われたこともやらず、守るべきことも守らないただのお荷物社員になってしまっている人とは違うはずで、ある程度の価値を感じているにも関わらず、他の会社では通用しないというのはおかしな話です。

辞めたら後悔するかどうかは自分次第

もう一つよく言われるのが、「辞めたら後悔する」という言葉。

確かに、仕事を辞めて後悔した人は少なからずいます。

ただなぜ上司があなたも後悔すると決めつけることができるのでしょうか。

そもそも後悔する人はいるもののかなり少数派ですからね。

もしかしたら上司にとってみれば今の会社は良い会社なのかもしれません。しかしそれはあくまで上司にとってであり、他の人もそうとは限りません。

ですから後悔するかどうかなんて、他人が決めることができるものではないんです。

結局重要なのは自分次第。

自分がどうしたいかを明確にし、自分に合った仕事を見つけることができれば、後悔する可能性なんてかなり低いはずです。

実際、ほとんどの人は転職して良かったと思っている

実際、転職した人のほとんどの人は転職したことに対して良かったと感じています。

少なくとも転職したことに不満を感じている人は、本当にごくわずか。

厚生労働省の「転職者実態調査」によれば、半数以上の人は転職後の会社生活に満足そ感じており、逆に不満を感じている人なんてたったの1割です。

不満を感じている人がたった1割しかいないのに、どこに行っても通用しないだとか、後悔するだとか決めつけてくるなんて、本当におかしな話ですよね。

参考:あなたの転職に対するイメージは正しい?転職先の会社に対する満足度、不満を感じている人は意外に少ない。

転職する時に上司の言葉は気にしないのが一番

まあ結局、何の根拠もない勝手な思い込みや、自分の希望を前提にした決めつけによる上司の言葉は、気にしないのが一番です。不安になる必要もまったくありません。

もちろん中には本当にその人の身になって考えてくらた上で色々と言ってくれる上司もいます。

ただそういった上司は頭ごなしに「通用しない」だとか「何も変わらない」だとか「後悔する」なんてことを言ってはきません。

なぜ転職するのか、どういったことをしたいのか、強みと弱みは何なのか、どういった転職先なのかなどを聞いてくれた上で言ってくれるはず。

ですから何もわからないまま頭ごなしに言ってくる時点で、ただ辞められるのが不満だから言っているだけだと思ってしまって、何の問題もありません。

上司なんて気にせず、自分の思うように転職に踏み切ろう

もしあなたが転職したいと思っているなら、上司の言葉なんて気にせず、自分の思うように転職に踏み切ってしまいましょう。

もちろん安易に転職していいというわけではなく、転職に向けて自分の中で真剣に考えることは必要です。

ただ上司の発言によって、転職することに不安になったり躊躇することになる必要は全くありません。

転職するなら転職エージェントがおすすめ

もし真剣に転職を考えているなら、転職エージェントだけは絶対に利用しておいた方がいいです。

転職活動全般のサポートをしてくれる上、選べる求人の幅も広がる為、満足行く転職ができる可能性はずっと高まります。

ぜひチェックしてみて下さい。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ