新卒2年目に親の反対を押し切って転職に踏み切った話

転職したいと思っていても、周囲から反対されて断念してしまう人は少なくありません。

特に20代の若い人の場合だと親から反対されてしまうということが多々あります。

しかし、もし自分の中で転職したいという気持ちが強いのであれば、たとえ親や周囲に反対されようが転職に踏み切るべき。自分の仕事は自分で決めるべきです。

そこで今回紹介するのは、実際に親に転職を反対された人の転職事例。なぜ親の反対を押し切ってまで転職したのか、そして転職した結果どうだったかなど、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

新卒1年目で転職を決意したが親の反対で断念

私が最初に転職を決意したのは新卒1年目の11月頃。

会社は超大手。知名度も高く、給料やその他の労働条件も文句がないくらいに良い。当然転職する人はほとんどいない超優良企業です。

しかし私は、仕事内容、その仕事に対する将来性、自分自身の成長などで不満や不安を感じることが多く、自分がこうありたいと思う姿を実現するのはこの会社ではできない、そう感じてしまったのです。

そして転職活動をぼちぼち始めて迎えた年末年始。実家に帰省したタイミングで両親に「転職しようと思っている」と相談しました。

しかし案の定、両親は反対。

  • 辞めるなんてもったいない、入りたいと思って入れる会社ではない
  • 今辞めたらもう同じレベルの会社には二度と戻れない、絶対後悔する
  • 入社して間もないのだからまだ何もわかっていない
  • 社会人なんて妥協しなくてはいけないことばかり
  • しばらく働いたら考え方は変わる
  • 少なくとも3年は頑張るべき、それでも転職したいと思ったならすればいい

こんなことを言われ、なんとか転職させまいと説得されました。

世間体を気にする両親でしたから入社した会社が大手企業だったというのも大きかったと思います。私がその企業から内定を貰った時にはかなり喜んでいましたから。

もしこれが中小企業であれば言われなかったと思います。

なにはともあれ、両親から反対された私はそれまで少しだけ進めていた転職活動を注視し転職を断念することになりました。

転職を断念した理由

もう社会人なんだから親の顔色なんてうかがわなくたっていい、自分が転職したいと思ったらな親の反対なんて屈せずにすればいい、そもそも親に相談する必要なんてない。

そう考える人も多いとは思います。

しかし私は結局、親に言われたことを真に受け、自分の転職したいという気持ちを押しころし、転職を断念しました。

なぜ断念したのか、それには以下のような理由がありました。

親の言う事に対して反論できなかった

せっかく入れたのに辞めるなんてもったいない、入社して間もないのにまだわかっていないといった父親の意見に対して、「確か」にと感じる部分がありました。

何十年とサラリーマンとして働いてきて、今も現役で働いている人の意見を「そんなことはない」と自信を持って言えなかったのです。

転職して後悔するのが怖かった

転職することを決意していたものの、この会社を辞めたら後悔するのではないかという不安なは正直言って残っていました。

そんな中で親に言われた「もったいない、後悔する」という言葉が、さらにその気持ちを強めました。

結局、不安だったからこそ後押しして欲しかったんです。後押ししてほしかったらわざわざ相談したんです。

ただ実際は、反対されるとともに私が不安に思っていたことをずばり言われてしまったことで余計に転職に対する恐怖心が強まっただけでした。

説得することが面倒だった

両親を説得するのが面倒だったという気持ちも正直ありましたね。

今の自分の立場では何を言ったってどうせ理解はしてもらえないだろうから言うだけ無駄、もう面倒だからとりあえず今はこのままでいいや。

そういう気持ちが勝ってしまいました。

結局転職したいという意思が弱かった

結局のところ、断念した根本的な原因は転職したいという気持ちが弱かったということにつきます。

もし強ければ親が何を言おうが納得せず反論できただろうし、誰かに後押しして貰おうなんて甘い考えは持たなかっただろうし、説得だってしっかりやってみてもしダメでも有無を言わさずやっていました。

自分の中で、本当に転職しようという思いはそれほどなかったということです。

新卒2年目で再度決意し転職に踏み切った

それからまた1年くらいは嫌々ではありながらその会社で働いていたわけですが、私はまた転職を決意しました。

そして今回の決意は固く、親に有無を言わさず転職に踏み切りました。

結局1年たっても考え方が何も変わらなかったことに加え、より明確に自分自身の目的を明確にできたということ、何より嫌々働き続けている現状、そしてこれからも嫌々働き続けることになるであろう将来がどうしようもなく嫌でたまらなかったからです。

もちろん転職を決意した時には親は反対するであろうということが頭にはありましたし、悩みでもありました。

しかし今回はそれに負けることはありませんでした。

親の反対を気にせず転職に踏み切った理由

なぜ私が親の反対を気にせずに転職に踏み切ったのか。その理由はこんなところです。

反対を押し切ってまで転職したいと強く感じた

一番大きいのは、親に反対されようが何しようが転職したいと強く感じたこと。

親が言うことの方が正論かもしれないし、もしかしたら親が言うように後悔することになるのかもしれない。

それでも転職したい、そして今転職すべきだとそう思えたのです。

親との価値観との違いを感じた

大手企業で働いている方が幸せ、安定している企業で働いている方が幸せ、給料が高い方が幸せ。

それが親の価値観です。

しかし私の価値観は違います。私が一番求めていることはそんなことではありません。

人の価値観なんて人それぞれ。何に幸せを感じるかも人それぞれ。

それなのに、人の価値観に従っていては決して幸せにはなれないと思うようになりました。

親の考え方が今の時代とずれていると感じた

今は入社して3年以内であっても第二新卒として、それなりに良い企業への転職もすることが可能です。

実際、私が転職した会社も前ほどではないにしろそこそこ有名で良い企業です。

転職を考えた時、とりあえず3年なんて古い話なわけです。

しかし両親はそんな現状を知りません。今でもとりあえず3年は働かないと仕方がない、3年たたないうちに転職してもまともな会社に入れるわけがない、そう思っていました。

まあ自分事ではありませんし、私自身もいざ転職しようと思って色々と調べたからこそ知りましたから仕方がないかもしれませんが。

既成事実を作った

さすがに転職した後で事後報告するという勇気はありませんでした。

1年前に相談した際、転職を強く反対されたこともあってもし一言も言わずにやっていたら何を言われるかわからなかったですから。

ただ今回はすでに内定を貰ったタイミング、今の会社に退職を告げる直前に相談しに行きました。相談というか報告です。

それでも前に相談した時と同じようなことを言われましたが、以前ほどではなかったです。

すでに転職の決意が強いということをわかってくれたこと、そこそこ安心できるような企業から内定を貰えていたこと、そしてもう決めなきゃいけないタイミングだったことから、両親も納得の上で転職するという形を作ることができました。

転職してみた感想

こんな感じで結局転職に至った私です。

そんな私が、転職に関して感じたことをまとめてみます。

周囲はわかりやすい情報だけで判断する

親に限らず、周囲はわかりやすい情報だけで判断して話をします。

会社に規模、知名度、給料、労働条件、残業時間と言ったものです。

仕事の内容に対して本人がどう思っているか、本人がどんな目標をもっているのか、どうなりたいと思っているのか。

そういった「気持ち」という部分に関わるわかりにくい部分は、どうしても二の次にされてしまいます。

だからこそ、そういった理由から転職しようかと思っているなら相談しても中々理解をして貰えないし後押しもしてもらえません。

ましてや新卒1年目、2年目くらいだと甘えや逃げだとはなから決めつけられてしまう場合もでてきます。

相談することが無駄だとは言いません。ただ結局最後に転職するかどうかを決めるのは自分なんだなということを強く感じました。

転職の情報は実際にやってみた人ではないとわからない

私自身、転職活動を始める前までは転職に関しては無知でした。

実際に転職活動をやってみたからこそ知ったこと、気づいたことがかなり多かったです。

年齢の高い両親、そして上司はもちろん、転職経験のない友人や同僚もわかっていないのですから、転職はどうだという話はあまり信用しない方が良いと思います。

自分自身で調べ、最新の情報を仕入れるべきです。

親の言っていることも正しい部分はある

親の言っていることを全て無視していいかというと、そうは思いません。

やっぱり正しい部分もあるというのは、1年目で転職を断念してから1年間働き続ける中で感じました。

仕事に対する考え方、社会人として割り切らなくてはいけない部分、自分自身の目的に対する考え方、そして甘さ。

1年間で学んだことは大きかったです。

転職に後悔はない

結局転職してみてどうだったかというと、全く後悔はありません。

給料は若干下がりました。それでも仕事内容、そして自分の将来といったことを考えればこの転職は私にとって正解です。

おそらく親からしてみれば、そんな転職して本当に良かったのと思っているでしょう。

いや、親だけではなく友人や会社の同僚でも思っている人はいるかもしれません。

しかし周りがどう思おうが、私にとってはこれが間違いなく正解でした。

むしろ転職してなかったら後悔していた

もし親が言う通りに転職せずに今の仕事を続けたとしたら、おそらく私はかなり後悔していたことになっていたと思います。

第二新卒転職の恩恵を受けることもできず、後にすればするほど転職時に失ってしまうことになるものも多く、もしかしたらこのタイミングでなかったら転職する決断ができなかった可能性も大いにありえます。

そして嫌々、ただお金の為だけに仕事をすることになっていたかもしれません。

自分が転職したいと思ったらその意思を尊重すべき

親の意見も正しい部分はあるでしょうから参考にすべきだとは思います。

ただあくまで参考にすべきであって、最後にどうするかを決めるのは自分自身です。

色々考えた結果、自分が転職したいという思いが強いのであれば、最後は周りの意見なんて関係なく思い切って踏み切るべき。私はそう思います。

せっかくやりたいことが決まっているならぜひ、自分の意思を尊重した行動をとってみてください。

最後に

転職に対する親の反対は、あなたを思うからこそ。

転職して後悔する人、その後何度も転職を繰り返し失敗し続けてしまう人は現実にいますし、そうならず幸せになってほしいから言ってくれています。

しかし親と言えどもあなた自身のことを全てはわかっていません。そして転職についても詳しくはわかっていません。

その為、時には間違ったことを言ってしまうこともあるし、間違った判断を強いようとしてしまう場合もあります。

だからこそ、全てを親に従うなんてことはすべきではなく、最後は自分の頭で考え、自分の頭で判断し、たとえ反対されてでもやるべき時はやらなくてはいけません。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事