残業すると怒られるけど仕事が終わらないという時の対処法

あれもこれもやらなくてはいけなくて定時では絶対に終わらないのに残業すると怒られる。

残業指示が月30時間だけど50時間ないと厳しい、でも残業時間を増やしてはくれない。

こういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

到底終わらない仕事量、でも残業すると怒られる、一体どうすれば?

長時間の残業は心身のストレスを増大させる大きな要因。残業が多すぎるせいで体を壊してしまう人は少なくはありません。

では残業を減らせば、残業をさせないようにすればいいかというとそうではありませんよね。

残業時間が減れば当然仕事に充てる時間は少なくなる。だからこそ仕事もその分減らせてくれなければ、仕事なんて終わるわけがありません。

もちろん単に仕事を減らすだけではなく、会社として不要な業務を無くしたり、一つ一つの仕事で効率化を図ることで生産性を上げることも大切です。

ただ現状では、そういったことは表面的にしかやらずに残業の制限ばかりをして、労働者に対して負担をかけてばかりになっている会社も多いような気がします。

実際、仕事が終わらないのに残業したら怒られるという状況に陥ってしまい、困り果てているという人も多いのではないでしょうか。

結局どうしようもなくなり、こっそり家に持ち帰ってサービス残業をするはめになっているという人もいるかと思います。持ち帰って仕事をしていることがばれたら怒られるものの、そうせざるを得ないからです。

昔から働いていた人が「残業がいくらでもできた昔の方が良かった、今の若い人たちは仕事量だけ多くて時間が与えられずにかわいそう、だから精神的に追い詰められてしまう」ということを言っているのを耳にしたことがあります。

残業がいくらでもできてしまう環境、長時間残業を良しとする環境は良いわけではありません。しかし単に残業を制限されてしまうことによる精神的ストレスも、実は相当に大きなものなんですよね。

残業すると怒る上司が考えていること

働く側にとってみれば、仕事を与えるなら残業をさせてくれ、残業をしてはいけないなら仕事を減らしてくれというのが率直に思うところ。

では上司側、管理職側はどのように思っているのでしょうか。

残業には上限がある、でも仕事も終わらせなくてはいけないという葛藤

どこまで残業して良いかの残業時間を決める権利を、上司が持っていない場合というのは意外に多いです。人事部や労働組合、さらに上の上司などから月○時間以内、年間○時間以内に抑えるようにと有無を言わさず条件を決められることがあるのです。

結果、残業をさせたいけどさせてあげれない、だけど仕事は終わらせなくてはいけないという葛藤を感じている上司は少なくなかったりします。

上司も結局はサラリーマン。上からも下からも挟まれる中間管理職という辛い立場。実は残業して怒られる側の人よりも悩んでいるかもしれません。

効率良くやれば終わるはずという推測

効率良くやれば仕事は残業しなくても終わらせることができると推測しているからこそ、残業することを無駄と捉え残業すると怒る上司もいます。

そのように考える主な要因は以下の点。

  • 同じ仕事量で残業しなくても仕事を終わらせている人がいる
  • 自分の経験から残業する必要がないと感じている
  • 効率化をしたから大丈夫なはずだという自信がある

他にできている人がいると、上司はどうしてもその人を基準にしてしまいがち。周りもそのレベルで同じようにできるだろう、できるようになるべきだと考えます。

また周囲ではなく、自分の経験から必要ないはずだと判断する上司もいます。ただ過去の経験は美化してしまいがちで、しかも現在と仕事の進め方に大きなずれがある場合も少なくはなく、検討違いになってしまうことも少なくありません。

そして部下の立場で大変なのが、効率化を行ったという自信を上司に持たれること。

その効率化が本当に意味のあるもので、時間短縮につながるものであったらいいのですが、実際は全く意味がない、効果がないなんてことも少なくありません。それどころか逆に仕事が増えるなんてことすらあります。

そんなことに自信を持たれて大丈夫と言い切られてしまっては、困りますよね。

暗にサービス残業を促している場合も

残業してはいけない。でも仕事は終わらせなくてはいけない。どちらができなくても怒る。

その結果、サービス残業をせざるを得ないという結論に至る人は決して少なくないでしょう。

その気持ちを逆手にとってくる上司も残念ながら0ではありません、遠回しにサービス残業するように促してくるのです。

直接「サービス残業しろ」とは言いにくいし問題になりそうだが、直接指示するわけではないから大丈夫、勝手にやることだなんて気持ちもあるかもしれません。

ちなみに直接サービス残業するように指示されなかったとしても、仕事量が多くせざるを得ない状況に追い込んでいればそれは「暗黙の残業指示」になり、残業代を支払わなければ違法となる行為です。

残業すると怒られてしまうのに仕事が終わらない時の対処法

では、実際に仕事が終わらないのに残業すると怒られてしまうという時は、今後どのように対応していけばよいのでしょうか。

余計な時間を削り効率化にはげむ

確かに本人の努力では時間内で終わらせることが到底無理な仕事量もあります。たとえばこれまで8時間でやってきたことをいきなり2時間で終わらせろなんて言っても、それは無理な話です。

ただたとえ無理だとしても、努力して少しでも効率よく進めるようにやってみることは大切。8時間が2時間は無理でも、8時間を6時間にすることは意外にできるし、上手くいけば半分の4時間にできることだってあります。

特に無駄なことに費やしている時間って思いのほか多いです。

たとえば書類探しの時間。デスクの整理整頓ができておらずに書類を探す為に費やす時間は平均1日20分、1年間で80時間もあるそうです。

他にもミスや不足による2度手間3度手間による時間、長すぎる雑談など、削れるところがないかを考えてみましょう。

仕事に優先順位をつけ、後回しにすることや遅れても影響が少ないことを見極める

時間内で仕事が終わらないとなった時には、やるべきことと今はまだやらなくてはいいことを見極め、やるべきことだけを終わらせるということも重要です。

今やるべきことではないことに時間を費やしてしまい、本当にやるべきことができていなければ時間は足りなくなってしまって当然。

重要度はどれが高いか、納期・期限はどれが近いかなどから優先順位をつけ、優先順位が低いものは次の日以降へと後回しにするようにしてみて下さい。

上司への報告を逐一いれ、抱えている仕事量と能力が見合っていないことを気づかせる

上司への報告も時間の無駄だと思ってしまい、報告をおろそかにしてしまう人も少なくありません。

しかしこちらからアクションを取らなければ、仕事が順調なのかそれとも遅れているのか、仕事の負荷は適切なのか高すぎなのかを知ってもらうことはできません。

優秀な上司であれば何を言わずとも気づいてくれますが、そんな上司ばかりではないのです。言わなければ順調だと勝手に決めつけられることも多いということに気を付けましょう。

また逐一報告を入れることによって、仕事量が多くて間に合わないことが発生した時にも責任を自分だけのものではなく上司も巻き込むことができるので、怒られることも少なくなります。

サービス残業や持ち帰り残業は絶対にしない、もし暗に求められているなら転職することも視野に

仕事を終わらせるという会社の目的の為に、あなたの貴重な時間をただで捧げてはいけません。

サービス残業・持ち帰り残業は絶対にしないようにしましょう。

一度それをやって仕事を終わらせてしまうと上司もそれでよしとなり、全く改善にはつながらないし、それどころかもっとひどくなるかもしれません。

時間がなくて仕事が終わらないというのも一つの結果であり、改善すべき点なのです。そこを隠して自分だけ苦しむような形でなんとかしようとしないようにして下さい。

また暗にサービス残業を求められているなら、そんな会社は辞めるべきです。直接指示していなくても、それは立派な違法行為。そんな会社には居続けるべきではなく、転職を考えましょう。

まずは自分の中でできることからやるしかない

残業すると怒られるという悩みは、大企業で勤めている人ほど多いような気がします。

残業指示時間が決められており時間が足りない、仕事量に合わせて融通が利かせてもらえない、人も柔軟に増やしてくれないといった悩みを良く聞きます。

ただ文句を言ったところでなんとかなるか、すぐに変えてもらえるかというと残念ながらそんなことがないのが現実です。

ですから結局は自分の仕事の効率を上げる、あまりにも無理で悲惨なら転職するといった自分でできることをしていくしかありません。