暇すぎる仕事が辛すぎて転職。忙しくなったけれどストレスは格段に減った。

仕事量が多すぎて毎日仕事に追われていたり、仕事が終わらず残業が多いのも大変ですが、逆にやることがなくて暇すぎるというのも実はかなり大変なこと。

実際、暇すぎることが原因で転職を決意するという人も少なくはありません。

今回紹介するのは、仕事が暇すぎたという理由から転職した人の転職体験談。

どういった点が辛くて転職したのか、転職した結果どうなったのか、もし同じように悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

関連記事

 

仕事が暇すぎてとにかく辛かった

毎日忙しく、やりたくもない残業を毎月何十時間もしている人にとってみれば、「仕事が暇すぎる」という私の悩みは甘えだと思ってしまうかもしれません。

ただ暇すぎるというのは本当に辛いんです。私はそれが理由で転職に踏み切りました。

やりがいなんてなく、とにかくつまらない

やらなくてはいけない仕事は毎日半日経たずに終わるレベルでした。

そこからはやらなくてもいい無駄な仕事でただ時間を潰すだけ。

上司に相談しても自分で探しての一点張り。

時間が経つのがとにかく遅い。

自分が役に立っているなんて思えず、やりがいなんてあるわけがなく自分がいなくたって問題ない。

仕事が楽しいなんて思ったことはありません。だってやることがないんですから。

そもそも自分は何のために会社に行っているのかと、毎日思っていました。

これが毎日、そして何年も続くわけです。

楽してお金を貰えるというのは事実。それで良いという人もいるでしょう。

ただ私はそれで良いとは思えず、やることがないから会社に行きたくないと毎日思うようになっていきました。

何のスキルも身につかず将来が不安に

将来も不安になっていきました。

同期がどんどん責任のある仕事をするようになり、大学の友人もばりばり働いている。

自分は会社にただ行くだけで無駄な時間を過ごしている。

このままでは何もできないまま年だけ取っていくのではないか、一切通用しない人間になってしまうのではないかと不安で不安で仕方がなかったです。

転職を決意し転職活動を開始

そんな中、結局私は26歳の時に転職を決意し転職活動を始めました。

転職するにあたり悩んだことは少なくありませんでした。

残業は全くなく休みも多い、それでいて給料もそこそこと待遇面は良かったですから、もったいないのではないかという気持ちもありました。

いつかは異動できるかもしれないとも思っていましたしね。

ただ気が付けばもう26歳。今まで何も変わることはなかったし、この先良くなるという保証もなし。

最悪の場合を考えると、やはり転職した方が自分のためには良いと感じ転職に踏み切ったわけです。

転職活動自体は暇だったおかげでスムーズに進みました。

毎日定時で帰ることができていたし、有給もとれたので面接にも行きやすかったですからね。

転職した結果と感想

そして転職した私。結果から言えば、転職して良かったなという気持ちが強いです。

年収はそのまま

転職では年収を下げずに済みました。

ただ残業時間が0時間から3~40時間程度になったので労働時間を考えれば下がったというのが実際のところ。

残業代だけで年間数十万円になりますからね。

仕事はかなり忙しくなった

前の会社があまりにもやることがなかったので当たり前なのですが、仕事はかなり忙しくなりました。

毎日やらなきゃいけないことが膨大。基本的には完璧に終わらせることはできないので優先順位をつけてさばいていく状態。

ひと段落ついてもまたすぐ次の仕事が降ってくるので、暇だと感じるタイミングはほぼない状態。

仕事が終わらなくてかなり遅くまで残らなきゃいけないこともあるし、上司に怒られてしまうことだってあります。

仕事は楽しい

毎日忙しくて仕事に追われてばかりだし、上手くできずに怒られることもある。

ただそれでも仕事は断然楽しいと感じるようになりました。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと仕事に追われる状態も嫌いではないし、何より達成感があるというのが大きいです。

苦労してやり切り一つの仕事を終わらせた時の喜びは、前の会社の前の仕事では一切感じれなかったものでしたから。

成長を実感できる

自分自身の成長を実感できるのも良かったと思えることの一つ。

1年前に比べてやれることが増え、仕事をこなすスピードも速くなったし、トラブルへの対処もできるようになった。

今も苦労することばかりだし、上手くできないことばかりですが、それでも前に比べればできるようになったと思えることが私にとってかなり喜ばしいことだと感じれています。

転職して良かったというのが率直な感想

待遇面だけ見れば残業代を除くと年収は下がったし、残業も毎月数十時間やらなくてはいけない状態。有給休暇も取りにくくなったし、圧倒的に悪くなったことの方が多いです。

ただそれでも転職して良かったというのが率直な感想。

意味のある仕事ができて、無駄な時間を過ごすことに四苦八苦せずに済んで、毎日時間が経つのも早くて、達成感も感じることができて、成長も実感できる。

これは自分にとって待遇よりもずっと重要なものだったと気づかされました。

大学の頃、やりがいとか仕事内容なんて正直どうでも良いと思っていました。

残業がなく休みが多くて年収が高い。ただそれだけで良いと思っていました。

ただそんなことはなかったんです。

最後に

暇すぎるというのは想像以上に辛いこと。そしてどんな仕事をするかというのは想像以上に大切なこと。

暇なんて恵まれているなんてことはないのです。

もし今の仕事に対して同じような悩みを抱えている人がいるならば、転職を前向きに考えてみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事