仕事が退屈すぎてもう辞めたい。そんな時は転職を考えてもいいかも。

仕事が少なくやることがなさすぎて退屈、単調な作業ばかりで退屈、仕事に慣れすぎて同じことばかりするので退屈など、人によって理由は様々ですが仕事に退屈さを感じてしまうことは珍しいことではありません。

そんな時は転職をすることも考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん一時的なものであったり、自分の取り組み方次第で変えることができるのであれば、すぐに決断するのはやめておいたほうがいいかもしれませんが、あまりに長く退屈な状態が続いているのであれば、転職が功を奏すかもしれません。

仕事が退屈すぎるのは辛い

退屈であると言うことは特に波乱もなく淡々と会社生活を送ることができているからこそということですから、毎日のように仕事に追われて必死に仕事をしている人にとってみると幸せなように感じるかもしれません。

しかし当の本人にとってみれば退屈すぎる会社生活というのはとにかく辛すぎて、決して幸せなものではありません。

あまりに退屈な状態が続いてしまえば仕事を辞めたいとさえ思ってしまうくらいしんどいことです。

眠くもなるし時間がたつのも遅いし、仕事にやりがいも見いだせない。これでは仕事に行きたくないと思ってしまうのも仕方ないですよね。

とは言え生活の為に仕事には行かなくてはならないし、退屈な仕事だからと言ってやめるわけには行きません。

仕事がないからと言って寝たりパソコンやスマホで遊ぶわけにも行かないでしょう。

結局いくら仕事が退屈であっても我慢して仕事を終わらせる、我慢して時間が過ぎるのを待つといったことしかできません。

ただそんな状態でいつまでも働き続けるというのは相当大変。とにかくストレスはたまり続けてしまいます。

また将来のことを考えると不安な気持ちも大きくなりますよね。このまま今の仕事をずっと続けていくのだろうか、自分はそれで後悔しないのだろうか。

なぜ仕事が退屈になってしまった?

ではそもそもなぜ仕事は退屈になってしまうのでしょうか。

仕事が単純に少なくて時間の割にやることがないというのもひとつですが、仕事量としてはそこそこあるにも関わらず退屈を感じてしまうという場合もあります。

一度なぜ自分がこんなにも退屈を感じているのかについて、考えてみるといいでしょう。

仕事がマンネリ化して新たなことにチャレンジできていない

一つ目の原因として仕事のマンネリ化があげられるでしょう。

最初はなかなかできない難しい仕事であっても何度も繰り返し仕事をしていれば簡単にできるようになってきます。そしてさらに続ければ簡単で単純な仕事のように思えてきてしまい、毎日簡単なことをただ繰り返すだけの退屈な仕事に変貌していってしまうのです。

仕事はある程度できるようになったら、少しずつ難易度の高い仕事にチャレンジしていくもの。しかし会社や職場の都合、上司の考え方によってはそれができずにただ同じ仕事をずっと繰り返すだけになってしまっている場合は少なくありません。

一度刺激のある経験をしてしまった

大きな仕事、とても責任の重い仕事を成功に収めることができたり、何かで優れた成績をだして周囲に褒められるといったことがあると、その経験がずっと頭に残ってしまってその同等レベルの刺激を得られる経験を求めてしまいます。

ただ当然そんな経験ができる機会というのはそんなに多いわけではなく、通常の仕事で退屈さしか感じることができなくなってしまいます。

職場の人間関係が上手くいっていない

具体的には職場の人間関係が悪いと職場がつまらなく、行きたくなくなると感じやすくなります。人間関係は仕事をする上でとても重要です。

仕事には1人で取り組むものも多くありますが、複数人とチームを組んで取り組むものもあります。チームで取り組む際、良い人間関係が築けていないと仕事に対しやりにくさや、つまらないといったマイナスなイメージを持ってしまいます。

また、同年代の同僚がいるかいないかも重要です。同僚と年齢が離れすぎていると話も合わないため、良い人間関係は作りにくいでしょう。

仕事が忙しくてプライベートの時間が無い

プライベートの時間が無いということはストレスを減らす時間が少ないということにもつながります。

仕事が好きな人でもそうでない人もプライベートの時間を作ることは、仕事とのメリハリをつけるためにも必要です。

プライベートの時間が無ければ、せっかく働いたお金も自分の生活を充実にするために使うことは自然と難しくなります。

働く意味がわからなくなってしまっては、仕事に対してやる気が湧かなくなってしまいまうので、毎日毎日仕事に追われていてプライベートの時間が無い状況は、精神的にもきつく仕事が退屈と感じるのも時間の問題です。

仕事が無さすぎる

人間誰しもやることがなければ怠けてしまいます。

言わずもがな、仕事も同じです。

もともと仕事が無ければ計画もおろそかになってしまい、目標をもってすることも難しいでしょう。

ダラダラと仕事をしてしまうことは、スケジュールを組んで仕事をすることに比べて仕事にやりがいを感じないため、つまらないと思いがちです。

仕事が多くて忙しいことも大変ですが、仕事が無さすぎるのも考えものです。

仕事の内容に対する興味が薄れてきた

仕事の内容が毎日ほぼ同じであったり、仕事がレベルアップしていることを感じないと次第に仕事への興味は薄れてきます。

たとえ好きで入った仕事でも環境や状況によって結果的に興味が無くなってしまう可能性は充分にあります。

仕事に興味が薄れた状態では、仕事へのやる気を起こすのは難しいです。

仕事がつまらないと感じることも必然的になってくるでしょう。

仕事と給与のバランスが取れていない

仕事をした分の対価として労働している人に支払われるのが給与です。

しかし、その給与が仕事と見合っていない場合、努力が報われないことから自然と不満が出てくるでしょう。

もし、給与に満足していれば仕事に対するモチベーションも上がり仕事も楽しくなりますが、仕事を頑張っているのに給与が上がらなかったり、給与が少ないことは精神面でも満足ができません。

仕事へのモチベーションが上がらなければ、仕事をやりたくなくなってしまいます。当然仕事をつまらないと感じるでしょう。

将来に限界を感じている

将来はああなりたい、将来は○○な仕事をしたいといった目標があると、それだけで仕事に張りがでるもの。目標達成の為に同じ仕事であっても工夫する、何かを学ぶといったモチベーションにもつながります。

しかしある程度働いていると会社における自分の立ち位置、会社としてのシステムなどを知ることになってしまい現実的な自分の将来の姿が創造できてしまうようになります。

その結果、目標はなくなってしまい仕事に対するモチベーションはなくなり、どんな仕事をしても退屈にしか感じることができなくなってしまいます。

仕事がつまらない時にしてはいけないこと

「仕事がつまらないからに何か行動してみようかな?」と考えて行動に移すことは悪いことではありません。

しかしつまらない状況を好転させようと動いても、かえって他の問題を作ってしまう場合や、周りの信頼を失ってしまうこともあります。行動する時は十分注意する必要があります。

では仕事がつまらないと感じた時、具体的にどんなことをしてはいけないのか、確認してみましょう。

愚痴や相談をむやみに回りに話す

ここでいう周りとは主に家族や友達ではなく、職場の同僚や上司のことを指します。

軽い気持ちで上司や同僚に「仕事が退屈だ」といった趣旨の話をしてしまうとあなたに対しマイナスなイメージで回りに伝わってしまう可能性があります。

また、相談や愚痴を言うことで気持ちは一時的にすっきりするかもしれませんが、根本的な解決はできません。結局仕事は退屈なままです。

自分から愚痴や相談を話す時はこういったリスクがあることに注意しましょう。

つまらないと感じたまま長い時間働く

つまらないと感じながらただ時間が過ぎるのを待つということは、あなたの貴重な時間を無駄にしてしまいます。

仕事の中で楽しみを見つける努力ややりがいを探すことも必要です。

いつまでも受け身では仕事自体に何も変化はありませんので、努力をしてもつまらないと感じたならば、例えば転職に向けて資格勉強を頑張ってみたり、転職に限らず資格を持つことで給与を上げることが出来るなら挑戦してみるなど、目標を持つことが重要です。

迂闊に動くわけではなく、時間を活用できるよう考えることで仕事がつまらないと感じることを減らすことができるかもしれません。

仕事をサボりがちになる

仕事をサボったところでプラスになることはありません。

仕事に手を抜いたり、サボったりすることは確実に周りからの信用を失いますし、信用が失われた後、会社で肩身が狭くなってしまうことは間違いないでしょう。

そうなってしまっては会社を辞めざるおえない可能性もでてきます。

また、サボったところで仕事は何も変わりません。

つまらないままですし、頻繁にサボってしまうとますますその仕事をやりたくなくなってしまいまうので、長い目で見てもマイナスな面しかないのです。

何も考えずに転職する

とりあえず転職をしても理想な転職をすることはできません。

転職は自分のキャリアや生活をより充実させるため、臨んだ労働環境を手に入れるためにとプラスな思考でするものです。

「仕事がつまらないから転職する」というネガティブな理由では転職活動も上手くいかないでしょう。

しっかりした計画をたて、転職をするのは構いませんが、短絡的に転職をしてしまうことは自身の市場価値を下げる結果になるため、何がしたいのか、何をやりたいのかもう一度考えてから行動に移しましょう。

「仕事がつまらない症候群」とは

「仕事がつまらない症候群」とはその名の通り、仕事(現状)がつまらない、やる気が無いことを正当化したり、常にネガティブで新しいことに挑戦しない姿勢のことを指します。

一言で言えば何事にもネガティブになるということです。

この症候群は仕事が単調かつ仕事の将来に不満や不安がある場合になりやすいと言われています。

一度発症してしまうと、癖になって抜け出すことは難しくなります。

「仕事がつまらない症候群」のほとんどがデメリットで占められています。

発症すると仕事に対しやる気も出づらく、態度に現れてしまうと他の問題も引き起こすこともあるのです。

「仕事がつまらない症候群」から抜け出すには?

「仕事がつまらない症候群」から抜け出すためには、原因の追究が重要です。

なぜ仕事がつまらないと感じてしまったのか、わからなければ解決できません。

そして、その原因は仕事内容、人間関係、周りの環境と個人によって様々です。

抜け出すためには自己分析を重ねて、自分にとって何がネックでやる気が無くなってしまうのかということを今一度じっくり考えてみることが大事です。

仕事がつまらないとすぐに辞めてしまうことは危険!

転職をすると決断した時でも、仕事をすぐに辞めてしまうのではなく一度立ち止まって考える必要があります。

なぜならすぐに辞めてしまっては何も経験が得られません。

なぜ仕事が退屈だ、つまらないと感じてしまったのかの原因をしっかり見つけださなければ、転職をしたところで同じ結果になってしまうでしょう。

そして、原因をわかった時に仕事をつまらないと感じていることは今の会社で解消できるのかを考えましょう。

解消できるならば、行動することも1つの手段です。

上手くいっても上手くいかなくても、それもあなたにとって貴重な経験になります。

そして改めて解消する方法が無い、できないと判断してから転職活動に臨みましょう。

しかし、転職活動をする前に転職活動をする余裕、主に時間や金銭面の余裕があるのか、確認してください。

余裕が無ければ、計画をしてお金を貯めるなどをして、転職活動をしやすくなってから腰を据えて活動をした方が良いです。。

心の余裕が少ない時や短絡的に転職活動をしてしまう時は、転職先も上手くいかないケースが多々あるからです。

もし、自分だけで転職活動をするのが大変だったり、客観的に面接や提出書類の内容をチェックしてもらいたいという方には転職エージェントなどを利用してみることもおすすめです。