興味ない仕事を続ける意味やデメリット。ストレスは徐々に大きくなってなるかも

興味ない仕事を続ける意味やデメリット。ストレスは徐々に大きくなってなるかも

せっかく就職したけれど興味のない仕事で毎日がつまらない。そんな風に感じてしまっていませんか?

それでも多くの人は生活の為にその仕事を続けることになっていることでしょう。

興味のない仕事だからと言ってすぐに仕事を辞めて転職を繰り返すことは良いことではありませんが、かといっていつまでもその仕事を続けることにはデメリットもあることを忘れてはいけません。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:仕事なんてどうでもいいと思った時には何か一つ楽しいこと探してみよう

興味がない仕事でもある程度続けることは必要

できることなら興味を持った仕事に就きたいと思っていても、それが叶っていない現実を受け入れ働き続けているという人は決して少なくないでしょう。

それ自体は決して間違ったことではないと思います。

好きな仕事に就ける人はほんのわずか

自分が本当にやりたい仕事、好きな仕事に就くことができるという人はほんのわずかでしょう。

就職活動が希望通りに行かなかった、配属が希望通りに行かなかった、就職してみると想像していた仕事と違ったなどの理由から、当初は全く考えてもいなかった仕事をせざるを得なくなったという人は多数いると思います。

ただ、そういった人の中でも現在の仕事に興味を持つようになったという人は決して少なくはありません。仕事をしていく中で興味がでてくるという場合もたくさんあるのです。

興味を持つ努力は必要

仕事は実際にしてみるまで本質なんてわかりません。それ故に興味があると思っていた仕事に就いてみてもイメージと違ったと辞めてしまう人もいます。

その一方で実際にやってみたら面白さややりがいを感じることができるようになったという場合もあります。

しかし最初からこの仕事はつまらない、自分には興味が持てないことだと決めつけている中で仕事をしていると、まず興味を持てるようになることはありません。

少なくとも最初は先入観を持たずに興味を持つように努力することは必要。

どうしても興味が持てなければデメリットは多い

自分なりに興味を持つように努力してみた場合であっても、やっぱりどうしても興味が持てないという場合はやっぱりあります。

もしあなたがその状態になっているならばこのまま働き続けることに対し疑問を持つ必要があります。

なぜならどうにもこうにも興味がない仕事をこれから何十年と続けていくことには多くのデメリットがあるからです。

興味がない仕事を続けるデメリット

興味がない仕事を続けるデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

成長が遅い

仕事に対して興味を持っている人と興味がない人では仕事に対するモチベーションは大きく異なり、それ故に成長速度は大きく変わってきてしまいます。

興味を持てていれば周辺知識を貪欲に学んだり、少し難易度の高い仕事でも挑戦していこうという気になりますが、その一方で興味がないと最低限のことで終わらせ特に学ぼうという意識を持つことがない為、働き続ければ続けるほどに差は大きくなってしまいます。

成長が遅く、たいしてスキルも身につかずにただ年をとっていくことは将来的なことを考えてもかなりリスクの高いことだと言えるでしょう。

仕事をするのが苦痛でたまらない

そもそも興味がない仕事を続けること自体が苦痛で仕方がないですよね。

仕事というのは少なくても1日8時間以上で週5日。それを何十年と繰り返すことになるわけですから、そう簡単に耐えることができるものではありません。

毎日仕事が終わって帰れる時間になることばかりを考え、早く休みにならないかと祈り、休みが終わりそうになると憂鬱になる。そんな毎日を繰り返すことになってしまいます。

多少のことでも大きなストレスになる

仕事をしていれば色々とストレスが溜まることは多いですが、興味を持っているかどうかでそのストレスに対する感じ方は違います。

もし全く仕事に興味が持てない状態でいると、多少嫌なことがあっただけでも大きなストレスになり心身に負担を与えることになってしまいます。

達成感を味わうことができない

やってよかった、頑張った甲斐があった。

仕事を成功させることができるとこのような達成感を感じることができ、それによってまた仕事に前向きに取り組んでいけるようになります。

しかし仕事の興味がないと仕事を無事終えても達成感を感じることができません。ただ終わった、そしてまた違う仕事をするということの繰り返しになるだけになってしまいます。

達成感によって喜びを感じることは仕事の醍醐味。それを感じることができないというのはかなり大きなデメリットであると言えるでしょう。

無理だと判断したら仕事を変えることも大切

確かに嫌な仕事であっても粘り強く続けることで仕事に対しての考え方が変わる場合もあります。

しかしどうあがいても興味を持てない場合もあり、もし自分の中で今の仕事を続けても興味は持てないだろうと考えたら時に仕事を変えることも必要です。

興味のない仕事を我慢して何十年も続けて、後悔するのは自分。手遅れになる前に行動を起こさなくてはなりません。

特に最近は転職市場が超売り手市場となっており転職が非常にしやすい状態。このタイミングでもっと充実感を得られる仕事がないか考えてみてください。

まずは情報収集の為にも転職サイトや転職エージェントに登録することから始めてみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。



このページの先頭へ