ルーチンワークがつまらなくて仕事をするのが辛い。そんな仕事にどう向き合う?

ルーチンワークがつまらなくて仕事をするのが辛い。そんな仕事にどう向き合う?

毎日同じ仕事を同じ手順で繰り返す。そんなルーチンワークばかりをしていることにつまらなさを感じ、仕事が辛いと感じている人も少なくないのでしょうか。

仕事をこなすこと自体は楽になるとは言え、同じことを繰り返し続け新たな刺激がない状態でい続けるというのはやっぱり大変なことです。

そこで、今回はつまらないルーチンワークの仕事に対する向き合い方や、転職の判断基準について紹介していきます。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

ここが辛いルーチンワーク

手順がしっかり決められ、何度もそれを繰り返すというのは自分で考えることが少ない分、仕事で四苦八苦することもなくスムーズに仕事を進めることができるので、仕事としては楽であることが多いです。

ただ楽すぎることが逆にストレスを与えるという結果になる場合というのも少ないことではありません。

仕事がつまらなくて時間がたつのが遅い

特に刺激もなく同じことばかりを繰り返していると、当然仕事は徐々につまらないものになってしまいます。

つまらなく、何の変化もない仕事をしていれば時間がたつのはとても遅く感じるようになり、1日1日が重いものとなっていき特に何かあるわけではないのに仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なくなってしまいます。

ミスをしてしまう

ルーチンワークはやり方もわかっているし、繰り返し行っていることからミスが起きにくいと考えがちですが、意外にミスをすることは多くなってしまいます。

興味や関心がなくなってくると集中力は続かなくなってしまうし、油断も生まれてしまって確実性が失われていってしまう為です。

ただ周囲の人間にしてみれば、何度もやっている簡単な仕事なんだからできて当然だという感覚を持っている場合が多いので、ミスをしてしまった時に上司からかなり怒られてしまう可能性が高くなります。

成長していると思えない

ルーチンワークをやっていることの一番辛いことは、成長することができていないと感じてしまうことかもしれません。

すでにできることを何も考えずにこなしていくだけで新たな仕事を覚えることもなく時間が過ぎていくと、このままでいいんだろうか、このままではまずいのではないだろうかと不安を感じるようになってしまいます。

できることばかりをやっているだけでは成長を実感することがなかなかできるものではありません。

ルーチンワークの仕事に対する向き合い方

このように、確かにルーチンワークの仕事を続けるというのはただ行い続けるには正直辛い部分が多いです。

しかし、そのルーチンワークも自分の向き合い方次第でつまらないものにも面白いものにもなりうる可能性があります。

どんな仕事にもルーチンワークはある

どんな仕事であってもルーチンワークは存在しており、しかも仕事の大半を占めています。どんなにルーチンワークが嫌いであってもお金をもらって仕事をする以上は逃れられないものです。

そもそも、どんな仕事であっても最終的にはルーチンワークに行きつきます。最初はクリエイティブな仕事であっても、いずれはしっかり仕組化されルーチンワークになっていきます。

逆にいつまでたっても仕組化されずにその場で考えながら行う仕事というのは、仕事としてまだ不十分なものにすぎません。

ルーチンワークほど仕事において重要

会社という組織において、すでに技術もあってやり方が構築されているものだけに頼り切って新たなことに挑戦していかなければ、徐々に衰退に至ります。

その為会社としてクリエイティブなことに取り組んだり、新たなことに挑戦していくことになります。

しかし会社としてそういったことに取り組んでいくことができるのはすでにルーチンワークとしてできあがったものがあり、それをこなせる人材がいるからこそです。

ほとんどの場合、改善の余地がある

すでに仕組み化されているルーチンワークであっても、その仕組みが完璧であるという場合はほとんどなく、改善の余地はいくらでもあります。

こうやると教えられ、その通りに仕事をこなしていると中々見えてきませんが、ふと視点を変えてみると効率の悪い部分などが見えてくるものです。

同じことを繰り返すだけと思ってしまえばそれだけですが、実は自分が変えようと思えばいくらでも変えることができるものだったりするんです。

ルーチンワークを積み重ねることが仕事を覚えるということ

確かに毎日違う仕事をやる、まったくわからない状態から仕事をつくりあげる、成功が約束されていない仕事にチャレンジするといったことはとてもわくわくしてやりがいを感じることができることかもしれません。

しかし、仕事の中でそういった仕事をできるのはほんの一握りでしかもずっとそんな仕事ばかりができるわけではありません。

最初は誰もがルーチンワークの仕事をこなせるようになり、一つできたらまた違う仕事を覚えていくということを繰り返していき仕事を覚えていくことになります。

仕事が辛い時に転職をすべきかどうか

人によっては、毎日ルーチンワークばかりをする状況にうんざりしてしまって仕事を辞めたいと考えている場合も多いかもしれません。

ただ安易に転職を選択してしまうと、それが大きなミスとなってしまう可能性があるので注意が必要です。

ルーチンワークのない仕事はない

まず大前提として、ルーチンワークのない仕事なんてありません。

転職直後は新しい環境、新しい仕事に心地よい緊張感や仕事へのワクワク感を感じることができるかもしれませんが、しばらくたつと結局仕事に飽きてしまう可能性があります。

現在の仕事に対しても、仕事が変わってからにしろ、ルーチンワークをただの同じことの繰り返しで終わらせ、自分から仕事を見つけたり改善点を見つけたりという仕事のやり方ができていないと、結局同じようなことの繰り返しになってしまいます。

上司が部下のキャリアプランをどう考えているか

今は単純な仕事をさせられていても、その仕事をしっかりできるようになったらステップアップした仕事を与えられるようになってくるはずです。

一度、上司に聞いてみてもいいでしょう。ただ聞くことができるのは現在の仕事がしっかりできていることが前提。もし今の仕事がろくにできていないのに先のことばかりを気にしていれば上司をイライラさせてしまう原因になります。

まずは今の仕事を確実にこなせるようになった上で、今後自分がどうなっていくかを確認してください。

仕事の好き嫌い

仕事の好き嫌いについてもあらためて考えてみるといいかもしれません。

好きな仕事であれば、仕事の大半がルーチンワークであっても意外に平気なものですが、逆に嫌いな仕事であるとルーチンワークであるかどうか以前にどんな状態であっても結局不満を感じるようになってしまうものです。

どうしようもなければ転職を

ルーチンワークはどんな仕事にでもあるのだからそんな動機で転職すべきではないというわけでは決してありません。

中には、上司が何も考えず成長させる気もなかったり、上司の好き嫌いによってその仕事しか与えない場合もありますから致し方ない場合というのもあると思います。

もし自分の中でどうしようもないと思ったなら一度くらい思い切って転職してみるのもいいかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

関連:大企業に転職して後悔。自分には中小企業のほうが働きやすかった。



このページの先頭へ