職場がつまらない理由と対処法。転職して後悔はしない?

仕事自体が嫌いなわけではないけど、職場がつまらくて辛かったり、会社に行きたくないと感じている人は意外に多いと思います。

中には、あまりのつまらなさに辞めたい、転職したいとすら思っている人もいるでしょう。

こんな時、どうすれば良いのでしょうか。

関連記事

 

職場がつまらないのは意外と辛い

職場がつまらないというのは、思いのほか辛いもの。

たとえ仕事自体がそこまで嫌でなくても、職場がつまらないせいで仕事が楽しくないものになってしまいます。

私自身、一度あまりに職場がつまらなくて相当しんどいと感じていた時期がありました。

その前の職場は年齢が近い人も多くて和気あいあいという感じでそれなりに仕事が楽しかったのに、異動するとその状況が一変。

周りに打ち解けることができるような人がおらず、毎日本当に仕事をするだけで、月1回の職場での飲み会はただただ地獄。

楽しかったはずの仕事が、全くつまらないものになり、あの頃はとにかく会社に行きたくなくて仕方がなかったです。

それほどまで職場がつまらないことが与える影響って大きいんですよね。

もちろん仕事は楽しむ為にするものではないし、お金を貰う以上、こんなことで不満不平を言うのは甘えだと言われるかもしれません。

でも辛いものは辛い。そして辛いから会社に行きたくなくなるし、辞めたくもなるものなんです。

職場がつまらない理由

では、そもそも職場がつまらないと感じてしまうのはなぜなのでしょうか。

その理由を考えてみました。

同僚に同年代がいない

同じ職場の同僚に同年代がいるかいないかというのは割と大きいのではないでしょうか。

2、3歳差程度であればなんだかんだ話もあうし、気楽に付き合いやすいですからね。

私の周りで、一番歳が近くても10歳以上も上しかいないような人は職場に対してかなり不満を感じて愚痴を言っていました。

人間関係がうまくいっていない

同僚がいるかいないかに関係なく、そもそも人間関係が上手くいっていないと職場にいるのは中々辛いもの。

職場で孤立していたり、陰口を言われていれば、つまらないのは当たり前ですよね。

やっぱり仕事において人間関係って大切。それだけで仕事が楽しくなったり、つまらなくなったりします。

雰囲気が合わない

職場の雰囲気は、会社の社風、部署の雰囲気、上司の性格によって決まる傾向が強いですが、この職場の雰囲気が自分の性格に合わないことも、職場にいてつまらないと感じる一つの原因です。

性格的に合わない雰囲気に無理に合わせるってかなり疲れますしね。

特に体育会系の雰囲気、極端に和気あいあいとした雰囲気、皆が周りに干渉しない雰囲気、とにかく仕事が一番の雰囲気、堅すぎる雰囲気などは、合わないと感じる人も多いでしょう。

職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気自体が悪すぎるという場合も、職場にいても全然楽しくはないもの。

雰囲気は悪いのに自分だけは楽しく過ごせているなんて人は、雰囲気を悪くしている当の本人くらいでしょう。

厳しすぎる上司がいたり、機嫌の悪さを全面に出してくる上司がいたり、成果の競わせ方が極端だったり、会社の経営状態が悪すぎたりと、仕事でのミスを必要以上に責めるような環境だったりと、雰囲気が悪くなる原因は色々と考えられます。

職場がつまらない時の対処法

こういった理由が考えられる職場がつまらない原因ですが、少しでも改善をする為にはどういったことができるでしょうか。

自分からその職場で馴染んでいく意識を持つ

無理に周りに自分を合わせ続ける必要はありません。そんなことをしていれば、疲れるししんどいだけですからね。

ただ最初はある程度、その職場で馴染んでいく意識を持つようにすることは必要です。

最初からこの職場は自分に合わない、周りに自分の合う人はいないと決めつけてしまうと、時間が経てばよくなるはずのものも良くなってくれませんからね。

職場環境に理想を求めすぎない、ないものねだりをしない

職場というのはあくまで仕事をする為の一つのグループであるにすぎません。

好きな人、気の合う人ばかりと常に同じになることはできません。

にも関わらず、こんな職場がいいと理想を描いてないものねだりをしていては、いつまでも不満を感じ続けるだけ。

職場環境が自分の理想通りのものになることはほとんどないと割り切った上で、ある程度は受け入れることも必要です。

過去を美化しない

過去ってつい美化して今としまうんですよね。

色々と不満はあったはずなのにその不満を忘れ、良かったところだけに注目して前の方が良かったと決めつけてしまったりします。

実際私がそうでした。

当時は職場が変わって前の方が楽しかった、今はつまらないと決めつけてしまい嫌で仕方がなかったですが、今になって冷静に考えると、色々とひどいこともありました。

美化した過去と比較してしまうと、常に今がつまらないと感じるようになってしまいますから、やめた方がいいです。

周りの職場と比較しない

周りの職場と比較するのも避けたほうがいいですね。

いい職場のいい部分だけ見て比較して、自分がいる職場はだめだと決めつけてしまうだけで、何のメリットもありませんから。

今がつまらないと決めつけてしまってはいつまでたってもつまらないし、それどころか周りからも嫌悪感を抱かれるようになって余計に事態が悪化してしまいます。

職場がつまらないから転職、後悔はしない?

もちろん、職場によってはどうしようもない場合があるのは事実。

何をどうあがいたってつまらなく、それが精神的にかなりのストレスになってしまう場合もあるでしょう。

ただ、この理由で転職することはかなり慎重にならなくてはなりません。

会社生活を送っていれば、職場の環境は変わるものです。

この先、会社を変えなくたって良くなることもあれば、悪くなることもあるでしょう。それは仕方がないことです。

そして転職したところで、良くなるとも限りません。

給料をダウンしてまで転職してみると、さらにつまらない職場だったということもありえることで、そうなったら後悔すること間違いないでしょう。

ただ絶対に転職すべきではないというわけではありません。

たとえば、女性が男性しかいない職場でつまらないから女性の職場に転職するなんていうのはいいと思います。

つまらない原因が会社としての構造による問題なら、転職するしかありませんからね。

また、職場がつまらないこと以外にも、給料アップといった他の不満を解消できる転職もいいと思います。

転職にメリットがあることが確実にわかりますから。

自分がどういった原因でつまらないと感じているのか、それが一時的なものなのか永続的なものなのか、他に不満があるのかないのか、勢いで転職する前に改めて考えてみて下さい。

転職するならチェック

もし転職しようと考えたなら、ぜひ以下の転職サービスを使ってみてください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事