異動がきっかけで転職。けれど異動してすぐ退職は避けるべき?

ある程度大きい規模の会社で働いていると、突然異動を命じられてしまうことは少なくありません。

そしてその異動は本人の希望が一切考慮されない場合がほとんど。

しかも理由がその本人にとって前向きなものとは限らず、視野を広げて成長を促す場合だけではなく、人手不足の部署の強化など会社の都合によって行われる場合が多々あります。

ただ人によってはたまったものではありませんよね。

やりがいを感じている仕事から全く興味のない仕事に、これまで経験を積んできた仕事から全くこれまでの経験を活かせない仕事に異動させれば、不満を感じるのは当然のこと。

今後のキャリアを考えた上でも決して受け入れることではなく、転職を考える人は少なくないと思います。

関連記事
まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人数※1

200,244件以上

33,338件

50,000件以上
対象年代20代~30代20代~30代30代~40代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウト企業・ヘッドハンターからスカウト
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
適正年収診断
オファーの可能性診断
書類選考免除
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円300万円~700万円
 

※1 2020年9月

かなり多い異動がきっかけになった転職

給料が少ない、休みが少ない、残業が多いなど待遇による不満を理由に転職する人は多いですが、異動によって希望の仕事ができなくなったという理由で転職に踏み切る人も実は意外に多いです。

基本的に拒否することができない異動

会社から異動を命じられた場合、最初に職種を限定して採用されている人でなければ基本的に拒否することはできません。

拒否できるのは介護などで転勤を伴う異動ができないなど特別な事情がある場合のみ。

基本的には従業員がどの部署でどんな仕事を行うかの決定権は会社側が持っており、拒否権はありません。

にも関わらず頑なに拒否し続けてしまうと、業務命令違反となり懲戒処分の対象となりうる可能性があります。

まあ実際はほとんどの会社では解雇されるまでは行きませんし、異動を諦めさせることになる場合が多いです。

ただ評価を下げられ出世することができなくなったり、職場に居づらくなってしまう可能性があるのですべきではありません。

異動によってやりたいこととは全く違う仕事をせざるを得なくなる場合も

会社側が本人の希望とは関係なく異動を命じる上、しかも拒否することができない。

こうなれば当然人によっては、やりたいこととは全く違う仕事をせざるを得ない場合も多々でてきてしまいます。

前職場に近い部署に異動となればまだましかもしれませんが、職種も扱う商品・サービスも全く違う部署への異動となり、知識ゼロ、経験ゼロからスタートしなければいけなくなる場合もでてきてしまいます。

仕事内容が会社生活に及ぼす影響は甚大。そこに不満があると、たとえ待遇が良くても満足した会社生活は送れません。

それ故に異動をきっかけに転職に踏み切る人が多いというのも頷けます。

キャリアへの影響も大きい

まだ異動によってキャリアアップに繋がればいいんですが、そうとも限らないのが難点。

戻り前提の異動であれば違う部署を経験し、視野を広げることがキャリアアップに繋がる場合もありますし、人事や上司もそれを理由に異動させることがあります。

ただ単なる欠員補充の場合、キャリアアップに繋がらないどころか、そのまま戻ることなくやりたくない仕事をまた一から積み上げていかなくなることも多々ありえます。

そうなってしまった時の自分自身のキャリアの影響はかなり問題ですよね。

また戻り前提だとしても、最初から転職を視野にいれてその仕事でのスキルを磨いていきたいという人にとっても、異動はあまり快く受け入れることができるものではないでしょう。

他の部署を経験し視野を広げることによる経験は、あくまでその会社でキャリアアップしていくことに意味があること。

数年も希望の仕事ができないということがマイナスに働いてしまう場合も多いです。

自分の望むキャリアと違うなら転職に踏み切るのもあり

もちろん異動が長い目で見るとプラスに働くことはあります。

ただ人によってかなり悪影響を及ぼしてしまう可能性も大きいです。

だからこそ異動をきっかけに転職することだって間違ったことではありません。

もちろん反対意見を持つ人もいるでしょう。

どんな会社に行ったっていつかまだ異動させられる可能性がある、実際にやってみたら楽しいと思えるようになる、好きな仕事をやれる人なんてほんの一握り、出世したら結局仕事内容は変わる。

そんなことを言う人も少なくありません。

ただ自分はこれがやりたい、自分はこうなりたいという希望があり、それが不可能となってしまうのであれば、それを実現する為に行動することは何ら間違ったことではないはず。

せっかく転職というチャンスがあるにも関わらず、諦めてこの先我慢して働き続けるなんてもったいないです。

もちろん転職する上では仕事内容だけではなく、給料や休日等の労働条件もしっかり考慮しなくては転職に後悔することになるので注意しなくてはいけませんが、経験のある仕事で納得できる待遇で転職することを望むのは決して高望みではありません。

ぜひ自分の「キャリア」について考え、転職するかどうかを改めて考えてみると良いでしょう。

異動してすぐの退職はあり?なし?

異動が命じらたことがきっかけで転職を考える場合、一つ気になるのが異動してすぐに退職することになって大丈夫なのだろうかという点。

それについても触れていきたいと思います。

異動の内示はたいてい直前

一般的な異動では内示がでるのがかなり直前である場合がほとんど。

転勤を伴わない異動であれば、それ異動の2週間前から1ヶ月前であることが多いです。場合によっては1週間前なんてこともあります。

一方で転職しようと決めて転職活動を始めてから内定がでるのはだいたい2~3ヶ月。

望まない異動によって転職する場合、内示がでてから転職活動を行うことになるわけですから、転職できるのは異動後1~2ヶ月となってしまうわけです。

印象が悪い。ただ転職するつもりならそんなこと考える必要なし。

異動してたった1~2ヶ月で退職してしまうというのは、数年その職場で働いてきた人に比べるとはっきり言って印象は悪いです。

異動して最初の1、2ヶ月は仕事を教えて貰う為に誰かの時間を削っていることになるし、その職場でもろくに貢献できていませんから。

ただそれは仕方がないこと。

それによって自分の転職を先延ばしする必要なんてありませんし、すべきではありません。

退職する際には色々と言われるかもしれませんし、より慎重により誠意をもって対応して行く必要はでてきませんが、たとえ嫌われたって結局はその職場からはすぐいなくなるわけです。

それよりも異動後に無駄に働き続ける方がリスクは大。

希望の仕事から離れ全く違う仕事を続けていれば、いざ希望の仕事に転職しようと思った時にブランクを見られてしまいますし、やりたくもない仕事でモチベーションを保てないと職場にも迷惑がかかります。

転職を決意しているなら職場の人にどう思われるかは二の次。長い目で見て自分のベストな形を選んでください。

異動を退職理由にはしない

退職を申し出る際に退職理由を聞かれる可能性が大きいですが、その際に異動を退職理由として言うことは避けてください。

なぜならもしそれを言ってしまうと強い引き止めに合う可能性が高いからです。

例えば1年、2年で前の職場に戻すと言われ強く説得されることになります。

場合によってはすぐに前の部署に戻すなんてことを言われることもあります。

ただもしそうなったとして受け入れたとしても、あなたに対する評価は地に落ちます。

会社の命令を受け入れなかった人、退職をするつもりだった人と認識され、出世はできなくなるし職場での居心地が悪くなるだけ。

退職を申し出る場合は何を言われても退職するという決意を持った上で行い、会社に何かを望まずできるだけスムーズに退職できることだけを考えて下さい。

退職理由は嘘でもいいので、無難なものにしておきましょう。

転職したいならまずは転職活動から。転職先がなければ転職はできない。

何はともあれ転職したいならまずは転職活動から始めなくてはなりません。

転職先がなければ転職はできませんからね。

異動によって希望の仕事ができなくなったからと先走って退職しても、いざ転職活動を始めて希望通りの転職先が見つからなければ意味がありません。

悩んでいるくらいならとりあえず転職活動を始めてみましょう。

転職先が見つかれば、おのずと自分がどうすれば良いのかということも見えてきます。

転職活動では転職エージェントを使うのがおすすめ。

 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
(企業が直接スカウト)
非公開求人の件数※1

101,516件

17,172件
非公開
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代不可
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:9時30分~17時30分
担当エージェントによる
 

※1 2020年9月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事