給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

多くの人は、仕事を生活の為に行っている人のではないでしょうか。

給料は働く上で非常に大切なものとなります。

よく、給料が少ないことが原因で転職すると失敗するという意見も耳にしますが、私はそうは思いません。

しかし、転職をする際に給料ばかりを意識すると、後悔してしまうことにつながるのは確かです。

そこで、今回は給料が少ないという理由で転職する場合の注意点を紹介します。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

給料が少ないことは転職の大きな理由

給料が少ないことは、多くの人の転職理由になっています。

リクナビネクストが調査した退職理由ホンネランキングによれば、給料が低いことが4位になっていますし、厚生労働省の「雇用動向調査結果」によれば、転職理由の第1位で1割以上の人が収入が少ないことを辞めた理由としています。

もし、あなたが給料が低いと思って転職を考えているならば、それは何らおかしいことではありません。

やはり、お金は大事です。

生活水準をあげたい、将来の為に貯金をしたいなど、色々と考えるところはあると思います。

給料を上げる為に今の仕事を頑張って出世すればいいという考えもあるかもしれませんが、

出世には運も関係しますし、何よりその業界、会社によって給料は大きく変わることもあります。

給料を上げたいならば、転職することは最も簡単な方法であると言えます。

転職する際に注意しなくてはいけないこと

給料が少ないという理由で転職する場合、注意しなくてはいけないことも多いです。

求人情報を安易に信じてはいけない

求人情報を見ていると、最大月給50万だとか、魅力的に見える数字が書かれていることも多いです。

しかし、あまりこの数字を安易に捉えてはいけません。

ほとんどの場合、この最大の数字をもらうことはできません。

残業を最大限やって、各種手当もついている状態でようやくその数字になることが多いです。

気にしておきたいのは、基本給はどれくらいか、過去5年のボーナスはどれくらいか、住宅手当等の福利厚生はどうなっているか、退職金はあるのかなどを見なければいけません。

年収が書かれていれば、基本給、残業代、福利厚生といったものが全て含まれる為、それなりに貰える金額と近くはなりますが、その内訳がどうなっているかは知っておきたいです。

これらを転職前に知る為にもリクルートエージェントと言った転職エージェントの利用は必須です。転職エージェントは企業に連絡して聞くことが可能であり、求人情報には載っていない情報も入手することが可能です。

給料が高ければそれでいい?

給料が少ないことで転職する場合、つい給料だけを意識して企業選びをしがちです。

しかし、それでは転職後に後悔することも多いです。

給料は高くても残業がかなり多くて向いていなかったり休日出勤が多くて家族との時間が全く取れなくなってしまうという場合もあります。

仕事内容も、給料が高くなればその分きつくなることが多く、精神的に辛くなることがあります。

労働時間が長かったり、仕事がきついというのは、実際に経験してみると想像以上に辛いことです。

実際、平均年収がかなり高くても離職率が高い会社は数多く存在します。

自分がどういった働き方が向いているのか、そしてしっかりバランスを考えることは非常に大切なことです。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

退職金に要注意

退職金は目の前の給料には関係ないかもしれませんが、トータルで考えた時には大きな差を生みます。

退職金自体がない会社も多く存在します。

また退職金があるからといって、油断してはいけません。

基本的に、転職すれば貰える退職金は少なくなります。

例えば、大学卒業後、22歳で入社した会社を10年後に退職した場合を考えましょう。

最初の会社で退職金は10年間働いた分を貰えますが、自己都合の退職となる為、かなり低くなってしまいます。

次の会社では32歳から定年の60歳まで働いたとしても、勤続年数は28年にしかならず、新卒からずっと働いている人に比べたらかなり低くなってしまいます。

2社で働いた場合と、転職を1回もせずに定年まで働いた場合には金額に大きな違いが生まれるのです。

もちろん、退職金はそれぞれの会社によって金額も異なり、特にもらっている給料に大きく依存しますから、必ずしも退職金が減ってしまうわけではありませんが、トータルで損する可能性も高いということを忘れてはいけません。

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

将来はどうなっていくのか

給料を考える時、転職時にもらうことができる給料だけを気にしてはいけません。

例えば、20代で年収500万円貰えるとしましょう。20代にしては多い金額です。

しかし、もしそれが40代までずっと同じ年収であれば、決して高い数字とは言えなくなってしまいます。

もし、20代で300万円しか貰えなくても、40代では1000万円になる会社のほうが、トータルでは貰える金額が大きいです。

年齢による年収の上がり方は、会社によって大きく異なります。

必ず確認するようにしてください。

残業、ボーナスの割合が大きいのは危険

年収が高いといっても、そのうち残業やボーナスの割合が大きい場合は注意が必要です。

こういった会社は不景気になった場合に、給料が極端に下がってしまう可能性があるからです。

不景気になり、残業することが許されなくなったり、ボーナスが大きく減らされたとします。

基本給が高ければ、たとえ不景気になってもそこまで年収は下がりません。

しかし、基本給が低く、残業やボーナスが高い会社は年収がかなり下がることになります。

面接時に給料交渉をする

給料アップを狙うのであれば、面接時に給料交渉する必要があります。

転職では、自分の持っているスキルを武器に給料交渉することが許されています。

もちろん、特に未経験の場合などスキルもないのに給料をあげてくれなんて言うと、落とされてしまうだけですが、

自分のスキルに自信があるならば給料交渉することも考えてみてください。

これに関しても転職エージェントを利用すれば代理で行ってくれます。

転職で満足のいく年収アップはできる

年収アップすることができ、納得のいく転職ができた人はたくさんいますし、それほど困難なことではありません。

チャンスは十分あると考えてください。

ただ、本当に納得のいく転職をする為にも、注意するべき点は注意しておきましょう。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

関連:外資系企業の転職する際の注意点、特徴、年収や労働条件は?

関連:高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?