33歳で異業種、未経験職種に転職。今の仕事を変えるチャンスはある?

33歳にもなれば、仕事でのスキルもそれなりに身に付き、会社では中堅層、人によってはチームリーダー等を任せられる立場となります。

そして会社にとってみれば、非常に頼りになる貴重な人材でもあります。

ただ、そんな頼られる人材でも転職市場での評価となると話は別です。

特に未経験の仕事に転職するのは年齢が高すぎて厳しいと言われています。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

33歳で異業種、未経験職種へ転職はやっぱり厳しい?

33歳で異業種、未経験職種へ転職はやっぱり厳しい?

せっかく前の仕事で経験を積みスキルを身につけていたにも関わらず、その仕事とは全く違う異業種、未経験職種へ転職する。

残念ながら、これは転職市場で高い評価を得られるものではありません。

年齢が高くなるほど未経験であることはデメリットになる

未経験であるデメリットは、年齢が高くなるほど顕著になります。

20代であれば伸びしろに期待できるため、未経験であっても企業が積極的に採用してくれます。

しかし、30代や40代になると伸びしろよりも現状の経験を重視するのです。

実際、未経験職の求人には年齢制限を課されている場合が多く、30代は20代に比べると応募できる求人がかなり少ないのが現実です。

また、30代は20代に比べて高い人件費を支払わなくてはならない点も転職が厳しい原因です。

加えて、いくら経験がないとは言えど30代に対しては、20代の未経験者よりも高い年収を設定せざるを得ません。

企業側が「せっかく高い給料を払うなら経験豊富な即戦力を雇いたい」と考えるのは当たり前でしょう。

33歳ってどうなの?

では、実際のところ33歳で異業種や未経験職種へ転職するってどうなんでしょうか?

まず、異業種への転職はマイナス評価にはならず、むしろプラス評価になる場合があります。

確かに同業種で経験を培ってきた人の方が即戦力になってくれる可能性は高いでしょう。

しかし、異業種であっても職務経験があれば十分通用しますし、異業種の知識がその人特有の強みにもなります。

また同業種や同職種に限定してしまうと、好条件を提示しても希望している優秀な人材が集まらない可能性があります。

実際、30代どころか40代であっても異業種に転職しキャリアアップする人は多く、業種をまたいでのヘッドハンティングも盛んに行われています。

33歳で未経験は難易度が高い

未経験職種への転職については、20代に比べると難易度がかなり高くなります。

33歳ともなれば、経験も豊富でチームの頭になっていい年齢でしょう。

それに対して未経験者は、企業が期待している33歳と乖離が大きいのです。

しかし、絶対に無理というわけではありません。

あくまで20代に比べたら難しいだけで、売り手市場となっている現在の転職市場では33歳でも転職するチャンスは大いにあります。

求人票を見ても、35歳未満が条件となっている求人は多数ありますからね。

では、次の項目で実際に転職を経験したときの話を紹介します。

実際に転職活動をしてみて感じた転職への感想

実際に転職活動をしてみて感じた転職への感想

私は33歳の時、それまで働いてきた会社とは全く違う異業種、未経験職種への転職を決断しました。

大学を卒業後、新卒として入社して約10年ほど。

不満を抱えながらなんとか仕事を続けてきたものの、会社でのごたごたもあって将来性に不安を感じたことが転職を決断した理由です。

転職活動では、もともと違う職種への転職を希望していましたが、幅広く見る為に同業種、同職種でも転職活動を進めていたので、その経験を紹介します。

異業種への転職はそれほど問題ないが、職種未経験はやっぱり厳しい

転職活動では色々な企業に応募し、その書類選考率を並べると以下のようになりました。

  1. 同業種、同職種
  2. 異業種、同職種
  3. 同業種、異職種
  4. 異業種、異職種

1番と2番はそれほど差がなく2番と3番の差は歴然でした。

やはり、職種に対して未経験である点は33歳にもなると厳しいのが現実だと感じました。

しかし、職種未経験であっても転職前の職種からどれだけかけ離れているかによって差はあると思います。

近い職種であればあるほど、生かせるスキルなどが多いですからね。

未経験であってもスキル、実績はとても大事

経験者として転職するならスキルや実績は一番大切です。

私は未経験者ならスキルや実績より熱意が重要だろうと思っていました。

しかし、実際は全く関係ない職種に転職する場合であっても、それまで身につけたスキルや実績のアピールがとても大切だったのです。

前職での経験を如何に新しい仕事に繋げることができるのか、他の仕事を経験しているからこその強みは何なのか、じっくり考えてアピール内容を作ってください。

今の仕事からかけ離れた仕事を選ぶ場合は年収ダウンの覚悟が必要

年収に関しては、同職種への転職であれば異業種であってもアップの可能性は大です。

しかし、違う職種で以前の職種からかけ離れた仕事を選ぶ場合は、年収ダウンは覚悟しなくてはなりません。

高年収の会社は、30代という以前に未経験者は応募できませんし(経験者採用がほとんど)、面接に進み年収額を提示されても今までの年収より低い金額を提示される場合がほとんどでした。

ちなみに私は年収で150万円ほど下がりました。

ただ、3年経った現在はその年収を上回っている状態なので、未経験職へ転職する場合はその後の給料の伸びも考えるようにしてください。

転職期間は3ヶ月が一つの目安だが、長引くことも視野にいれるべき

転職活動は3ヶ月が一つの目安になっていますが、33歳で未経験の仕事に転職しようと思ったら3か月では終わりません。

だからといって焦りは厳禁です。満足行く会社を見つけるまでは転職してはいけません。

ちなみに私が転職活動にかけた期間は7ヶ月でした。

最初は同職種も視野に色々な会社に応募していたので、平均的な期間よりはかなりかかっています。

実際に転職して働いてみた感想

実際に転職して働いてみた感想

33歳で転職するとなれば、転職活動が上手くいくか不安なうえに、転職後に上手くいくかもかなり不安ですよね。

私もかなり不安を抱いていたので、実際に転職してみた感想を紹介していきます。

意外に仕事はすんなり進めることができる

私は全くの未経験の仕事に転職したものの、実際に仕事を始めてみると意外にすんなり進められました。

結局、仕事の進め方の基本は同じであり、それが最も大切な能力なのです。

職種特有のことや会社特有のことなど学ぶ必要がある点は多々あり、努力が必要ではあるものの意外になんとかなります。

下手なプライドは邪魔

下手なプライドは絶対に持たないでください。

33歳でも、その会社で新卒から働いている20代の人に比べると経験は下です。

そのため、色々な人から学ぶ姿勢を常に心がける必要があります。

どんどん知識を増やす必要がある時期にプライドで機会をつぶしてしまうのは無駄です。

また、下手なプライドは新たな人間関係の構築にも邪魔になるので持たないようにしてください。

30代は結果を出してなんぼ

いくら未経験であっても、30代を超えている人に求められるものは、数年後の結果ではなく一刻も早い結果です。

常に結果を出すことを意識しながら、甘えを持たないことが大切だと思います。

一時的な年収ダウンは時に受け入れることも大切

先ほども述べた通り、私の場合は転職直後に年収が150万円ほど下がったものの、3年たった現在は以前の職場にいた頃を上回っています。

未経験者なら、直後の年収ダウンは仕方がないので受け入れる必要があります。

大切なのは長期目線でどうなっていくかです。

33歳で未経験職種への転職を成功させるためのポイント

33歳で未経験職種への転職を成功させるためのポイント

あなたが33歳で未経験職種への転職を検討しているなら、成功させるためのポイントを押させる必要があります。

ここでは、未経験職種への転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

伸びている業界を狙う

急速に伸びている業界の企業は、事業を拡大するために積極的に様々な経歴の人材を採用します。

そのため、伸びている業界においては「他の業界での経験が事業拡大に生かせる」と判断される可能性が高いのです。

では、異業種を積極的に受け入れている業界はどこなのでしょうか。

転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリア株式会社が発表した「異業種転職」「異職種転職」の実態とその結果をご紹介します。

出典:パーソナルキャリア「転職サービス「doda」、「異業種転職・異職種転職」に関する分析結果を公開」

最も多く異業種を受け入れているのはIT業界です。

中でも、サービス業界からの人材を多く受け入れています。

【2020年度 「 IT/通信」 が 異業界から 転職を受け入れた業種 内訳と 割合 】

出典:パーソナルキャリア「転職サービス「doda」、「異業種転職・異職種転職」に関する分析結果を公開」

IT業界は、インターネットの急速な拡大に伴って多くの人材獲得を狙っています。

その背景から、異業種からの転職がしやすくなっているのです。

他にも、金融業界やメディカル業界でもサービス業やメーカーといった異業種を多く受け入れています。

【2020年度「金融」が転職を受け入れた業種内訳と割合】

出典:パーソナルキャリア「転職サービス「doda」、「異業種転職・異職種転職」に関する分析結果を公開」

【2020年度「メディカル」が転職を受け入れた業種内訳と割合】

出典:パーソナルキャリア「転職サービス「doda」、「異業種転職・異職種転職」に関する分析結果を公開」

このように、急速に成長している業界では人材が求められています。

そのため、同業種だけでなく異業種からの転職者も積極的に受け入れているのです。

異業種ならではのスキルや知識が活きてくるケースも多いので、売り手市場の今なら異業種への転職は十分に可能でしょう。

転職エージェントを利用する

33歳で異業種、未経験職種への転職活動を始めると、自分一人ではなかなか良い求人を見つけるのは難しいでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば優良求人に出会える確率を格段に上げられます。

なぜなら、転職エージェントを利用すれば専任のアドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれるからです。

非公開求人の紹介もしてくれるので、優良求人に出会える可能性が格段にアップします。

また、転職エージェントを利用すれば次のようなサービスを受けられます。

  • 履歴書・ESの添削
  • 面接対策・模擬面接
  • 悩み相談

これだけのサービスが受けられるのに利用料金は完全無料です。

転職エージェントはサービス内容が充実していて、仕事をしながらであってもかなり転職活動を進めやすいでしょう。

ぜひ、この機会に転職エージェントを利用して活動を始めてみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)