33歳で異業種、未経験職種に転職。今の仕事を変えるチャンスはある?

33歳にもなれば、仕事でのスキルもそれなりに身に付き、会社では中堅層、人によってはチームリーダー等を任せられる立場となります。

そして会社にとってみれば、非常に頼りになる貴重な人材でもあります。

ただそんな頼られる人材も、転職市場では話は別。

特に未経験の仕事に転職するのは年齢が高すぎて厳しいと言われています。

33歳で異業種、未経験職種へ転職はやっぱり厳しい?

せっかく前の仕事で経験を積みスキルを身につけていたにも関わらず、その仕事とは全く違う異業種、未経験職種へ転職する。

残念ながらこれは転職市場では高い評価を得られるものではないというのが事実です。

年齢が高くなるほど未経験であることはデメリットになる

未経験であるデメリットは特に年齢が高くなるほどに顕著になります。

20代であれば前の仕事での経験やスキルは浅い反面この先の伸びしろに期待できる為、未経験であっても企業が積極的に採用してくれるのですが、30代、40代と年齢が高くなるほど伸びしろよりも現状の経験を重視するようになっていくのです。

実際、未経験職の求人には年齢制限を課されている場合が多く、30代の時点で応募できる求人は20代に比べるとかなり少ないのが現実です。

また30代は20代に比べて高い人件費を支払わなくてはならないというのも転職が厳しくなる原因です。

いくら経験ないとは言え30代に対して新卒並みの年収にすることはできず、20代の未経験者よりも高い年収を設定せざるを得なくなります。

どうせ高い給料を払うなら経験豊富な即戦力を雇いたい。そう考えるのはまあ当たり前のことでしょう。

33歳ってどうなの?

では実際のところ、33歳で異業種、未経験職種へ転職するってどうなんでしょうか?

まず異業種への転職ですが、実はそれほどマイナス評価にはなりません。それどころかプラス評価になる場合すらあります。

確かに同業種で経験を培ってきた人の方が即戦力になってくれる可能性は高いのですが、異業種であっても職種の経験があれば十分通用するし、異業種の知識がその人特有の強みになりうる為です。

また同業種、同職種に限定してしまうと好条件を提示していても希望している優秀な人材が中々集まらないというのも一つの理由です。

実際30代どころか40代であっても異業種に転職しキャリアアップする人は多いし、業種をまたいでのヘッドハンティングも盛んに行われています。

次に未経験職種への転職についてですが、20代に比べると難易度はかなり増すことは覚悟しなければいけません。

33歳ともなれば経験も豊富でチームの頭になっていい年齢。企業もそうあることを期待します。

職種未経験者は企業が期待している33歳と残念ながら乖離が大きいのです。

しかし無理かというとそんなことはありません。

厳しいというのはあくまで20代に比べた場合についてであり、売り手市場となっている現在の転職市場では33歳であっても転職するチャンスは大いに残されています。

求人票を見ていても35歳未満であることが条件となっている求人も多数ありますからね。

ざっと33歳の異業種、未経験職種に転職することに関して紹介してきましたが、ここで実際に転職を経験した人の話を紹介していくことにします。

実際に転職活動をしてみて感じた転職への感想

私は33歳の時、それまで働いてきた会社とは全く違う異業種、未経験職種への転職を決断しました。

大学を卒業後、新卒として入社して約10年ほど。

不満を抱えながらなんとか仕事を続けてきましたが会社でのごたごたもあって将来性にひどく不安を生じたことが転職を決断した理由です。

転職活動ではもともと違う職種への転職を希望していましたが、幅広く見る為に同業種、同職種でも転職活動を進めていたので、その経験を紹介します。

異業種への転職はそれほど問題ないが、職種未経験はやっぱり厳しい

転職活動では色々な企業に応募しましたが、そのうちの書類選考率を並べると以下のようになりました。

  1. 同業種、同職種
  2. 異業種、同職種
  3. 同業種、異職種
  4. 異業種、異職種

まあ当然の結果と言えますね。

ただ1番と2番にはそれほど差がありませんが、2番と3番の差は歴然。

やはり職種に対して未経験であるということは33歳にもなるとやはり厳しいのが現実なんだなと感じました。

ただ職種未経験であっても、転職前の職種からどれだけかけ離れているかによってもかなり差はあると思います。

近い職種であればあるほど、生かせることは大きいですからね。

未経験であってもスキル、実績はとても大事

経験者として転職するならスキルや実績は一番大切。ただ未経験者ならそれよりも熱意といったことが重要だろうと思っていました。

ただ実際は全く関係ない職種に転職する場合であっても、それまで身につけたスキル、そしてあげた実績をアピールすることは本当に大切。

前職での経験を如何に新しい仕事に繋げることができるのか、他の仕事を経験しているからこその強みは何なのか、じっくり考えてアピール内容を作ってください。

未経験だけど頑張ります、やる気がありますでは33歳を雇ってくれません。

今の仕事からかけ離れた仕事を選ぶ場合は年収ダウンの覚悟が必要

年収に関しては、同職種への転職であれば異業種であってもアップの可能性は大。十分狙えます。

しかし違う職種、しかも以前の職種からかけ離れた仕事を選ぶ場合は年収がダウンすることは覚悟しなくてはなりませんね。

高年収の会社はそもそも30代以上に未経験者が応募することができないし(経験者採用がほとんど)、面接に進み年収額を提示されてもだいたいそれまでの年収より下がった金額を提示される場合がほとんどでした。

まあ10年以上働いてそれなりに昇給もしてきましたから、未経験の仕事に転職しても同じ通りとはさすがに行きませんよね。

ただ中には未経験者でもやたら高年収を謳ってくる求人もありますが、これらは要注意。

だいたいブラック企業か、達成困難な歩合給である場合がほとんどですから。

ちなみに私は年収で150万円ほど下がりました。

ただ3年たった現在はすでにその年収を上回っている状態。未経験職へ転職する場合、その後の給料の伸びもしっかり考えるようにおすすめします。

転職期間は3ヶ月が一つの目安だが、長引くことも視野にいれるべき

転職活動は3ヶ月が一つの目安となる期間になっていますが、33歳で未経験の仕事に転職しようと思ったらもう少し長い時間かかることを視野にいれておいた方が良いと思います。

焦りは厳禁。満足行く会社を見つけるまでは転職してはいけません。

ちなみに私が転職活動にかけた期間は7ヶ月。

最初は同職種も視野に色々な会社に応募していたので、平均的な期間よりはかなりかかっています。

途中内定を貰った会社もあったんですが、色々と考えてみて納得できなかったので断ったものもありました。

実際に転職して働いてみた感想

33歳で転職するともなれば、転職活動が上手くいくかも不安ですが、転職後に上手くいくかもかなり不安ですよね。私もかなり不安を抱いていました。

そこで実際に転職してみた感想を紹介していきます。

意外に仕事はすんなり進めることができる

私は全くの未経験の仕事に転職したわけですが、実際に仕事を始めてみると意外に仕事はすんなり進めることができました。

結局仕事の進め方の基本は同じであり、それが最も大切な能力。

職種特有のこと、会社特有のことなど学ばなくてはならないことはもちろん多く努力することが必要ですが、思いのほかなんとかなるものです。

下手なプライドは邪魔

下手なプライドは絶対に持たないでください。

33歳でもその会社で新卒から働いている20代の人に比べると経験は下。

色々な人から色々なことを学ぶことを常に心がけることが大切です。

どんどん知識を増やしていかなくてはいけない時期にプライドで機会をつぶしてしまうのはとても無駄なことです。

また下手なプライドは新たな人間関係を築いていくことに対しても邪魔になりますね。

30代は結果をだしてなんぼ

いくら未経験であっても30代を超えている人に求められているのは数年後に結果がだせるようになることではなく、一刻も早く結果をだせるようになること。

常に結果を出すことを意識しながら甘えを持たないことが大切だと思います。

一時的な年収ダウンは時に受け入れることも大切

先ほども述べましたが、私の場合は転職直後に年収が150万円ほど下がりましたが3年たった現在は以前の職場にいた頃よりも上回っています。

未経験者なら直後の年収ダウンは仕方がないこと。受け入れることも必要です。

大切なのは長期目線でどうなっていくかです。

転職したいと考えているならまずは転職活動から

まあ何はともあれ、もし転職したいと思っているならまずは転職活動から始めてください。

もしかしたら上手くいかないかも、決まらないかも、年収が大幅に下がってしまうかも。そんなことは実際にやってみないと答えはわかりません。

転職するかどうかを決めるのは転職活動を始めた後。

実際に始めてみればどんな転職をするのかという方向性も定まるし、転職するかどうかの答えもでるはずです。

現在は転職支援サービスが充実していて仕事をしながらであってもかなり転職活動を進めやすい状態。

ぜひこの機会に転職活動を始めてみましょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。