会社はホワイト企業なのに職場がブラック、大手で働いている人は特に注意

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

会社はホワイト企業なのに職場がブラック、大手で働いている人は特に注意

就職市場、転職市場でも当然人気があり、上場している大手企業だとかなり倍率も高いホワイト企業。

そんな会社が羨ましいと思っている人、そんな会社に転職したいと思っている人も少なくはないと思います。

ただ一般的にはホワイト企業だと言われている会社であっても、実はその中にはブラック職場と呼ばれる部署が一部ありえることをご存知でしょうか。

せっかくホワイト企業に入社できたのに、周りはみんな楽しく会社生活を送っているのに、自分の職場だけは明らかに雰囲気も働き方も違う。実はそんなこともありうるのです。

関連記事

 

会社はホワイト企業、でもそれは全体がそうとは限らない

入社3年以内の離職率は3%未満。平均残業時間は20時間程度。有給消化率は90%以上。

年間休日数も125日以上あって、残業管理もしっかり行われている。

よく言われているホワイト企業の特徴です。

もしこんな会社で働けるなら、ぜひ働きたいと思う人も少なくないと思います。

ただこれらの数字はあくまで平均的なもの。

実はその会社で働いている人の中には、こんな数字と全く違った働き方を強いられている人、ホワイト企業どころかブラック企業と言ってもおかしくないような働き方を強いられている人というのも一部いる場合があります。

もちろん多いわけではありません。一部だからこそ、あまり表面的にはならずに会社全体としてはホワイト企業であるという認識を持たれることになっています。

ホワイト企業の中のブラック職場とは

ではホワイト企業の中のブラック職場では、具体的にどのような働き方を強いられる場合があるのでしょうか。

いくつか、私が実際に聞いた話を元にその特徴を紹介します。

平均残業時間が長い上にサービス残業もある

会社全体の平均残業時間は15~20時間。だいたい1日30分から1時間程度。

ただとある部署では平均残業時間が毎年40時間超え。他の部署にあるノー残業デーがその部署にはなく、いつも遅くまで電気がついているみたいです。

この残業時間はほんの一部で、サービス残業を含めるとさらに増えます。

会社全体で残業時間に上限を設けられており上司に許可される残業時間は制限されてしまうものの、仕事量が多く終わらない為、結局サービス残業でやらざるを得なくなっているというのです。

もちろん会社としてサービス残業はNG。パソコンのログオン時間の確認、IDによる退社時間の管理等によって目を光らせています。

その為、こっそり書類を持ち帰ったり、USBでデータを持ち帰ったりと、持ち帰り残業をしているんだとか。

パワハラが当たり前

ホワイト企業だからと言ってパワハラが全くないと言ったら大間違い。

確かにホワイト企業であれば、会社としてパワハラを無くそうと教育を行ったり、相談窓口を設置しているところも多いですが、それで会社全体で全くなくなるかというとそんなわけではないんですよね。

部署によっては体育会系の雰囲気で、当然のようにパワハラが行われてしまっている場合もあるんだとか。

たまたま一人ひどい上司がいるだけなら、他の人からの指摘によって改善される可能性はあるかもしれません。

ただ部署全体がそれが当たり前だと雰囲気になってしまっていて、誰も指摘しないし、当の本人もそれをパワハラなんて全く思っていない為、中々改善されることがありません。

同じ会社で色々な部署で働いてきた派遣社員の人が、一つの部署が特別やばかったなんてことを言っていました。

休日出勤も多く、休みが不規則

残業が多いだけならまだしも、休日出勤がとてつもなく多いなんて部署もあります。

中には会社休日のうち、半分以上が休日出勤するなんて人もいるみたいです。

子供の学校行事にも出席できず、いつ出勤になるかわからないので中々プライベートでの計画もたてれない。正月すら出勤なんてことも。

これではせっかく土日祝休みで、年間休日数が多くても意味はありません。

管理職になるとかなり悲惨

管理職になるとさらに悲惨。

残業時間に制限がなくなる為、とんでもない労働時間になるとともに休日も全然なしなんてことも。

責任も増えてやることも増えるのに、残業代が無くなる分、給料が減ってしまう人も少なくありません。

実際私が話を聞いた人の部署では、管理職にはなりたくないという人も一定数いるみたいですが、まあそれも仕方ないですよね。

うつ病による休職者が多い

こんな働き方を強いられることになるブラック職場。

当然社員のストレスは高くなり、体や心を壊す人は他の部署に比べて高い傾向になるのでしょう。

実際、毎年うつ病によって休職する人がでる職場もあるみたいです。

せっかくホワイト企業に入ったのに精神的に追い込まれてうつ病になってしまうというのは何ともやりきれません。

ブラック職場はなぜ改善されないのか

会社として労働管理をしっかり行い、社員にとって働きやすい環境を整えてくれているはずのホワイト企業。

今回紹介したようなブラック職場があった場合、普通に考えれば会社として改善に取り組んでくれてもいい気もします。

ただ実際のところ、なかなかブラック職場は改善されません。

人手不足で残業が多いとわかっていても、他部署も人が余っているなんて言わない為、なかなか人員を増やすことができない。

大変だとわかっていても会社の利益や役員の方針を優先してしまう体質。

表面上はホワイト企業としながら、どこかの部署が大変な目に合っているのを必要悪としてみなし目をつぶってしまう場合は多いでしょう。

またその職場の上層部も問題を隠す傾向にあります。

問題が表にでてしまうと面倒な対応に追われたり、仕事が回らなくなってしまうのを恐れていたり、自分の出世に響くことを恐れていることを隠しているなんて場合もあるでしょう。

部下がサービス残業していること、パワハラに近いことが行われていること、それを理由に休職した人がでたこと。

そういったことを隠し、職場としては問題がないように見せかけているわけです。

ブラック職場で働くことの危険性

こういったブラック職場で働くことには高い危険性があります。

表面上はホワイト企業となっている為、中々転職することには踏ん切りがつかなかったり、周りに相談しても共感を得られることは少なくもったいないと言われるだけ。

本人としてももったいないと思ってしまったり、転職したところでさらに悪化するだけと思い込んでしまう場合も多いです。

また大手だと異動の可能性も多少はある為、淡い期待を持たされていることが転職を躊躇する要因にもなっています。

その結果、逃げ場を失いただストレスを溜め続け、追い込まれ続けて心を壊してしまうことになる人というのは少なくありません。

異動ができないなら転職も視野に入れておくことは必要

ブラック職場だからと言ってせっかく入ったホワイト企業なら、簡単に転職を決断することなんてできないのは当たり前です。

ただ今のまま働き続けていてはいつか体を壊してしまうかもしれませんし、何より幸せと感じることはできないはず。

そもそもあなたがブラック職場で働いている時点でホワイト企業で働くことによる恩恵は受けていません。

ですから今一度、本当に今のまま働き続けるのかどうなのかは考えてみて下さい。

異動の可能性があるならまだいいです。

ただ周りを見て異動している人はごくわずかであるならば、淡い期待はやめてこの先ずっとこの職場で働くということを前提にこの先どうすべきなのか考えてみてください。

まずは転職エージェントと話をしてみては?

すぐに転職するかどうかなんて決めることができないのは当たり前。

ですからまずは転職エージェントと話してみることをおすすめします。

カウンセリング、そして求人の紹介から、自分はどうすべきか、どうするのが良いのかという答えも見えてくるはずです。

ぜひこの機会に活用してみて下さい。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ