上司に認めてもらうことのメリットは多い!その方法を徹底解説。

あなたは上司に自分の実力を認めてもらえていますか?

または認めてもらっていると感じていますか?

上司に実力を認めてもらえている方もいれば、全然認めてもらえずモヤモヤした気持ちで働き続けている方もいるでしょう。

そして、認めてもらえない方の中には、「別に上司に良く思われても意味がない」と考える方が存在します。

しかし、どんなに嫌いな上司であっても、やはり実力を認めてもらうことのメリットはあります。

日々の仕事もしやすくなり、今よりストレスのない社会人生活が送れるようになるでしょう。

では、職場でどのように立ち振る舞えば上司に認めてもらえるのでしょうか?

本記事では、上司に認められるための方法と認められたときのメリットについて解説します。

また、「なぜ人は認められたいと思うのか?」という気持ちについて心理学的観点から深堀していきます。

今、上司に認められず悩んでいる方はもちろん、上司に認められなくても良いと思っている方にも役立つ内容なので、ぜひ最後までお付き合いください。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

仕事で上司に認められる存在になりたい

仕事で上司に認められる存在になりたい

日々仕事をする中で、自分は上司に認められていないと感じた経験がある人は意外に多いでしょう。

周囲の同僚や後輩に比べて社内評価が上がらず、もどかしい思いをしている人にとっては辛いものです。

ここではまず、どのような状況の時に人は認められていないと感じるのかについて紹介していきます。

また、周囲の認められている人は「どのように承認欲求と向き合っているのか?」と疑問に思ったこともあるのではないでしょうか?

そうした認められたい気持ちと承認欲求との繋がりについてもお話していくので、上司からよく思われていないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

褒められることがない

認められないと感じる瞬間の1つ目は、褒められることがない時です。

人間は誰しも承認欲求を持っています。

それは、給料や役職といった形で評価されるのはもちろん、褒められるというシンプルな形であっても満たされます。

そのため、周りに比べて褒められることが少ないと、なかなかモチベーションが上がらず「好かれていないのでは?」と不満を抱いてしまいます。

仮に、あなたの給与が高かったり、良い役職に就いていたりしても、自分の働きを目の前で見ている上司が評価してくれないと自信をなくすのも無理はありません。

それどころか「自分にこの役職は見合っているのか?」など、会社全体が下した評価に疑問を抱く可能性だってあります。

成果に対する評価が低い

認められないと感じる瞬間の2つ目は、成果に対する評価が低い時です。

もし、あなたが遅刻や欠勤もせず真面目に業務をこないしているのに、低い評価しか受けていないなら認めてもらえてないと感じても無理はありません。

また、同じことをやっているのに同僚ばかり評価してもらえて、自分は全然褒めてもらえないといった経験がある方も少なくないでしょう。

褒められることもなく、売り上げや給与など数字としての見返りもない状態が続くと、自分の業務に不安を抱き劣等感を感じるようになってしまいます。

加えて、成果に対する評価が低いと昇給や昇進にも影響が出てしまいます。

中には、今の仕事を続ける自信をなくしてしまう方もいるでしょう。

承認欲求が満たされない

認められないと感じる瞬間の3つ目は、承認欲求が満たされない時です。

どんなに頑張っても認められず、承認欲求が満たされないと、褒められることだけに意識が向き対人関係の悪化に繋がる恐れがあります。

自分本位な働き方をして認められようとしたり、同期に勝ちたいと思って個人プレイに走ったりするケースもあるでしょう。

しかし、そのような行動が評価に繋がるケースはほとんどありません。

それどころか上司との距離が広がり、さらに評価が下がってしまう恐れがあります。

一方で上司との関係が上手くいっている人は、この承認欲求を上手く抑えて、周囲に見せないようにしているのです。

その結果、あなたの評価は上がらず、他の社員の評価だけが上がっていくという最悪の状況に陥ります。

上司に認められるメリット

上司に認められるメリット

あなたの憧れる上司なら、認めてもらえるだけで価値があるでしょう。

反対に、嫌いな上司なら認められても意味がないと感じる方がいます。

しかし、実際は嫌いな上司であっても、認められることは大きなメリットがあるものです。

そこで本項目では、上司に認められるメリットについて解説します。

責任感ある仕事を任せられる

上司に認められるメリット1つ目は、責任感ある仕事を任せられることです。

そもそも、仕事の割り振りは上司の仕事なので、当然上司はその業務に適した部下を割り当てます。

高度な作業を要する仕事は優秀な部下に割り振るため、あなたが上司から認められるようになれば、責任感ある仕事を任せてもられるようになるでしょう。

また、部下の評価を付けるのも上司の仕事です。

高い評価を付けてもらった人は、昇進する確率もグッとアップします。

昇進したり責任感ある仕事を任されたりすれば、そこでの経験があなたのさらなる成長へと導いてくれるでしょう。

加えて、仕事の進め方にも意見を言えるようになるので、今よりも快適に業務に取り掛かれるようになります。

自分のモチベーションも上がる

上司に認められるメリット2つ目は、自分のモチベーションが上がることです。

そもそも、人間は自分の感情に起因する「内発的動機(やりがいや興味)」を満たすと、モチベーションが上がると言われています。

上司に認められれば、仕事に対する意見を言えるようになるので、自分の行動で状況を変えられるようになります。

これは、自分の行動で状況を変えられるという「自己効力感」に繋がるのです。

また、試行錯誤して仕事を成功へと導く必要があるため、成果を上げられたときの達成感は、今までにないほど高いものとなるでしょう。

加えて、多様な仕事を自分の裁量で行えるようになるので、仕事に対するモチベーションを高く保てるようになります。

昇給のしやすさに繋がる

上司に認められるメリット3つ目は、昇給のしやすさに繋がることです。

前述の通り、あなたの評価をするのは上司であり、その上司の評価によって昇給や昇進が決まります。

つまり、上司に評価されれば昇給しやすくなるのは間違いありません。

仮に、あなたは上司を仕事のできない人と考えていても、会社からしてみれば上司の評価は絶対です。

仕事の出来や職場での立ち振る舞いを認められれば、上司からの推薦も得やすくなるでしょう。

昇進にも上司の評価が絡んでくるので、昇給や出世を志すなら、上司との良好な関係の構築は必須なのです。

上司に認められる条件とは

上司に認められる条件とは

なぜ、同じように仕事をしていても、上司に認められる人と認められない人に分かれるのでしょうか?

その理由が分かれば、上司に認められる存在になれる可能性が高くなります。

そこで本項目では、上司に認められている人の特徴を深堀していきます。

職場で気に入られている人は何をしている?

あなたからしてみれば、周囲と全く同じ働きをしているつもりでも、実は職場で気に入られる人は何かしらの行動を取っているものです。

それは、数字など目に見えて分かるような部分ではありません。

もし数字などで分かる結果に違いがあるなら、あなたも評価される人とされない人の違いに悩むはずはないでしょう。

つまり、職場で気にいられる人は、数字では分からない細かい気遣いをしているのです。

では、どのような心構えで仕事に取り組んでいるのか、具体的な例を挙げて解説していきます。

常に周囲に目を配って気配りをしている

職場で気に入られている人がしていること1つ目は、常に周囲に目を配って気配りをしていることです。

仕事は一人で進めるものではありません。

常に、周囲と連携を取って進めていくものなので、気にいられる人はいつも周囲の動向に注視しているのです。

そして、誰かが少しでも困っていたり、手が必要になったりしていると、さりげなくフォローします。

周囲の人も、些細な出来事でも記憶にはしっかり残るので、その人の評価が上がっていくのです。

地味な仕事でも最後までする

職場で気に入られている人がしていること2つ目は、地味な仕事でも最後まですることです。

上司に認められたいという気持ちが強いと、どうしても目立つ仕事だけ取り組もうとしてしまいます。

しかし、上司はどんなに地味な仕事であっても、それをこなしてくれる部下のことはしっかり見ています。

そして、そのような縁の下の力持ち的な存在は、会社にとって必要不可欠なので、上司は高く評価するのです。

また、人がやりたがらない仕事を率先してできるというだけでも、周囲からしてみれば尊敬に値するでしょう。

見られていなくても責任取って仕事をする

職場で気に入られている人がしていること3つ目は、見られていなくても責任取って仕事をすることです。

上司に認められたいと思っていると、どうしても人目がある時だけ頑張りがちになります。

しかし、人目がある時だけ頑張っていても、しっかり部下を見ている上司なら「この子は裏で手を抜いている」と分かっているものです。

それと同時に、見えないところでも頑張っている部下が誰なのかも分かっているので、それを踏まえて上司は評価を下します。

当然、見えないところでの頑張りなので、周囲の人が「なんであの人は評価されるの?」と疑問を抱くのも無理はありません。

注意点や気を付けるべきこと

注意点や気を付けるべきこと

上司に認めてもらおうと思うばかり、無駄な行動を取ってしまう方がいます。

中には、効果がないどころか逆効果になる行動をしてしまうケースもあるほどです。

では、上司に認めてもらうための行動として注意すべき点や気を付けるべき点はどこなのでしょうか?

手っ取り早く承認されたいと思っている人は注意

認められたいが故にあれもこれもと仕事に手を出すと、全て中途半端に終わり実力が身に付きません。

確かに、適度な承認欲求は成長意欲に繋がり大事です。

しかし、それが評価の邪魔をしているなら、状況に応じて捨てる必要があります。

反対に、誰も見ていない時や地味な仕事でも、自分のためになると考えて行うことで実力が付くものです。

上司に評価されたいなら、地道にコツコツと仕事をこなすように心掛けてください。

相手が誰だとしてもリスペクトをする

人間関係では、良くない評判ほどすぐに広がるものです。

そのため、上司には良い顔をして同期や部下には横柄な態度を取っていると、その評判はすぐに広がり気に入られたい上司にも伝わります。

そのような行動を繰り返していると、周囲の人は離れていくので、相手によって態度を変えず、誠実な態度を取るように心掛けてください。

当然、部下だからと適当な扱いをしたり、上司だからと過度に媚びを売ったりしても、その意思が相手に伝わってしまい評判を落とすので注意しましょう。

認められたいなら、自分軸を大切にすること

認められたいなら、自分軸を大切にすること

今回は、上司に認められないという悩みについて解説しました。

一生懸命仕事を頑張っているのに、それを認めてもらえないのは辛いでしょう。

中には、今の職場で働き続ける気力をなくす方もいるので、効果的な対処法を講じることは大切です。

細かい気配りをしたり、仕事に真摯に向き合う姿勢を見せたりしないと、上司からの評価は一向に上がりません。

そして、これらの問題点を一括で解決するには、承認欲求のコントロールが重要なのです。

承認欲求のコントロールが大事

もし、あなたが職場で良いポジションに付きたいのであれば、「成長したい」という意思をもって自分軸で働くことが大切です。

そうすれば、しっかり上司の評価が得られる働きができるようになり、自然に認められる存在へと成長できるようになります。

評価というのは自分が追い求めると離れていくものでもあるので、まずは今の仕事に誠実に向き合って、どうすれば良い仕事ができるのか考えるようにしてください。

それができれば、あなたの評価は自ずと上がっていくでしょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。