同期と差をつけて自身の評価を高めたいなら、ポイントを押さえて効率よく!

同じ苦楽を共にしている同期の存在は、悩みを相談し合うだけでなく、ライバルとして高め合ったりもできます。

しかし、長く働き続けていると、次第に同期との差が出てくるものです。

同期に対してリードしているなら、仕事へのモチベーションも上がり日々の仕事が楽しくなるでしょう。

反対に、同期に負けていたり同じくらいの差だったりすると、何とかして同期に差をつけて評価を高めたいと頭を悩ませるものです。

では、同期と差をつけて評価を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?

本記事では、評価を高めるために必要なポイントを紹介します。

また、入社前、入社1年目、入社3~4年目といったフェーズごとに見る評価を高めるポイントについても解説します。

評価を高めると様々なメリットが生まれるので、同期に差をつけたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみましょう。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

仕事で評価を高めることはあらゆる面において大切

仕事で評価を高めることはあらゆる面において大切

基本的に仕事内で評価をするのは上司であるため、上司の評価につながる行動をとることが大切です。

また、上司が評価をする際に、あなたの同期と比べられるケースはよくあります。

なぜなら、同じ時期に入社し同じように仕事を教わってきたため、比較対象になりやすいからです。

そのため、自身の能力が同期と比べて頭一つ抜き出ている部分をアピールできれば、あなたの評価を高める近道となります。

当然、高評価を得られれば、将来的に昇進や昇給にも繋がります。

では、どのようにして差をつければ良いのでしょうか?

やはり差をつけるためには、入社して早い段階から自分の能力をアピールすることが大切です。

特に、入社前、入社1年目、入社3~4年目の時期が、自分の行動次第で評価が分かれやすいポイントとされています。

次の項目では、これらのフェーズ別に評価を高めるポイントを紹介します。

フェーズごとに見る、同期に差をつけて効率よく上司からの評価を高めるポイント

フェーズごとに見る、同期に差をつけて効率よく上司からの評価を高めるポイント

同期に差をつけたいなら、闇雲に頑張っても意味がありません。

現状を把握して、今のあなたに見合った形でアピールしないと評価されないどころか、かえって評価を落とすことに繋がりかねないのです。

当然、あなたが働き始めて何年目なのかによってもアピールすべきポイントは変わってきます。

そこで続いては、フェーズごとに見る評価を高めるポイントを挙げてみたので、チェックしていきましょう。

入社前

まずは入社前に行う評価を高めるポイントです。

入社前と聞くと、評価に関係ないのではと考える方もいるでしょう。

しかし、入社前の段階でどれほど念入りに準備してきたかについては、働き始めた時に分かるものです。

そして、人間は第一印象がその後の評価になりやすいため、準備を怠ると後々取り戻すのは難しくなります。

入社前だからと手を抜かず、これから紹介するポイントを押さえて準備を進めるようにしてください。

会社全体に関する理解を深める

業務内容や組織の構造などを入社前から把握しておけば、入社後の研修で具体的なイメージを持ちながら研修を受けられます。

そうすれば、研修の時点から周囲よりも早く業務内容などを理解できるでしょう。

また、入社前に上司との面談の機会がある場合もあります。

その際に会社をよく理解し、やりたい仕事が明確であるとアピールできれば、上司に良い印象を与えられます。

第一印象が9割と言われるほど最初の印象は人を判断する際に重要なので、最初から会社への理解が深いことを見せて好印象を持ってもらうことは、同期と差をつけるのにかなり効果的と言えるでしょう。

業務に必要なスキルを習得する

入社前であっても、業務に必要なスキルが何なのか把握して、その習得に向けて準備を整える作業はできます。

例えば、パソコンやSNS、マーケティングスキルなど、これから就く職業に合わせたスキルを事前に習得しておけば、上司からの評価を高められるでしょう。

そして、入社時に同期よりも専門的なスキルを持っているとアピールできれば、評価につながり入社1年目からどんどん仕事を任せてもらえるようになります。

特に入社前であれば、新卒なら大学最後の年であるため自由に使える時間が多く、中途採用なら前職を退職してから入社までの空き時間を使うなどすれば、スキルを習得する時間は確保できるでしょう。

入社すると、毎日仕事のタスクに追われてスキルを磨く時間が確保しにくいと考えられるため、時間に余裕のある入社前の時期にスキルを習得しておくことがおすすめです。

入社1年目

入社前にしっかり準備して、スタートで同期と差をつけられたのなら、入社1年目で差をさらにつけるのは難しくないでしょう。

反対に、入社前に準備してこなかった方は、同期と同じスタートラインにいるので、入社1年目での働き方はとても重要な意味を持ちます。

続いては入社1年目にやるべき、同期と差をつけるポイントについて紹介します。

頼まれた仕事を丁寧かつ完璧にこなす

入社1年目は、まず基本的な作業を完璧に行えるようにすることが大切です。

その際はスピードも大切ですが、スピードを重視するあまりミスが多くなって信頼を失っては意味がありません。

まずは、与えられた仕事を細部まで完璧にこなす気持ちで取り組んで、確実に成果が出せるように頑張りましょう。

求めている以上の質でタスクが提出されれば、上司からの評価もどんどん上がり、他の同期にはまだ任せないタスクなどを任される機会は増えていきます。

言われたことを素直に吸収する

素直に、会社のルールや仕事内容を吸収することも評価への近道です。

大学で学んできた知識や、前職で培ったスキルなどを活用したい気持ちはもちろん理解できます。

しかし、会社によってルールや仕事のやり方が違うのも事実です。

自己流のやり方を貫きたいと思う気持ちがあったとしても、それを貫くと上司からかえって「扱いにくい」と思われて評価を下げる可能性があるので注意してください。

自分流の仕事に関しては、あなたが仕事で成果を出せるようになって、ある程度意見を言えるようになった時まで取っておくようにしましょう。

勉強熱心な姿勢を見せる

仕事への熱意ややる気は、上司か評価を下す際の重要な要素になります。

なので、仕事を早く覚えたいという意欲を見せるだけでも、同期に差をつけられるでしょう。

具体的なアピールとしては、教えてもらう際にメモを取って1度で覚えるように心がけたり、分からないことはすぐに質問して解決したりといった方法が有効です。

入社3~4年目

入社して3~4年が経過すると、次第に同期との差が表れ始めます。

あなたの同期が入社前や1年目から積極的に差をつける努力をしていたのなら、今から追いつくには相当な努力が必要です。

反対に、同期との差がそれほど開いていないなら、今からポイントを押さえるだけで差をつけられる可能性があります。

続いては入社3~4年目にやるべき、同期と差をつけるポイントについて見ていきましょう。

自発的に考えて動く

入社してから3~4年ほど経つと、ある程度仕事にも慣れ、仕事の裁量も増えてきます。

この時期になると、楽に仕事をこなす方法を覚えているので手を抜こうと思えばできてしまいます。

しかし、そのような時期だからこそ自分で考えて積極的に考えて動くことが大切なのです。

どうしても手を抜きたくなった時は、次のことを考えてみてください。

  • 自分のやっている仕事は最終的に誰のためになっているのか?
  • どう動いたら自分がもっと会社に貢献できるのか?
  • 今の自分の頑張りが将来どのように繋がっていくのか?

このように考えて仕事をこなすようになると、与えられたタスクだけを黙々とこなすのではなく、その先まで想像しながら仕事に取り組めるので、自分のやるべきことが見えてきます。

常に向上心を持つ

入社3~4年目になると仕事にも慣れ、新しく覚える作業が少なくなり中だるみしやすくなります。

これは、言い換えると自分に足りていないスキルを探して、勉強を続けられるかどうかで差がつきやすい時期でもあるわけです。

中だるみしている同期につられて適当に仕事をこなすのではなく、常に何が足りないのか模索して勉強を続けることで、仕事のスキルに差をつけられるようになります。

同期に差をつけて、自身の評価を高めるメリット

同期に差をつけて、自身の評価を高めるメリット

同期に差をつけられれば、自分に自信が持てるようになります。

そうなれば、毎日の仕事を楽しみながら進められるでしょう。

しかし、同期に差をつけてられるメリットはそれだけではありません。

そこでこの項目では、同期に差をつけて評価を高めるメリットについて解説します。

任せてもらえる仕事が増える

前の見出しで紹介した3つの時期に、上司に同期との差をアピールできれば、会社に認められて早い段階から大きな仕事を任せてもらえるようになります。

そして、大きな仕事を成功させれば、社内外双方からの評価が上がり、裁量を持って仕事ができる機会が増えるでしょう。

裁量でできる仕事が増えれば、自分のやりたいように作業を進められるため、やりやすいと感じる場面が増えてきます。

あなたのやり方でさらに良い結果をもたらすことができたのなら、右肩上がりで評価が高くなっていくでしょう。

出世や昇給につながる

仕事が評価されれば、その分出世や昇給に繋がります。

もし、あなたが次のように考えているなら、すぐに転職を検討するのではなく、今の職場で頑張ってみてください。

  • もっと会社を引っ張るポジションにつきたい
  • 今の給料に満足していない

特に、責任ある役職への出世を希望している場合は、早めに同期と差をつけた方が良いでしょう。

なぜなら、役職には限りがあるからです。

同期に先に役職のポジションを取られて出世できない事態が考えられるので、早い段階から同期と差をつけるように意識しておくのがおすすめです。

自分の仕事のモチベーションになる

評価されれば、自身の仕事のモチベーションに繋がります。

また、上司に認められて褒められると、自分の会社での存在意義を見出せるようになり、「仕事が楽しい」と感じられるようになるでしょう。

もし、今の職場で「モチベーションが上がらない」と悩んでいるなら、転職などを検討する前に上司からの評価を高める行動を取ってみてください。

頑張っても上司が評価してくれない。そんな時は転職も視野に入れよう!

頑張っても上司が評価してくれない。そんな時は転職も視野に入れよう!

今回は、同期と差をつけて上司からの評価を高める方法とそのメリットについて紹介しました。

紹介した方法を実践すれば、あなたの評価は高くなって同期と差をつけられる可能性があります。

しかし、残念ながら今回解説した方法が全ての人に役立つとは限りません。

もし、「どんなに仕事を頑張っても上司が評価してくれない」「努力が昇給や出世につながらない」と悩んでいるなら、それは職場の環境に恵まれていない可能性があります。

会社が正しく評価できなかったり、上司が努力している姿を見ようともしなかったりするなら、そのような会社は一刻も早く退職して転職した方が良いでしょう。

転職して環境を変えた結果、あなたの能力を発揮できる可能性は十分にあります。

転職を考えるなら転職エージェントの利用がおすすめ

自己分析や企業分析を怠って「とにかく給料を上げたい、出世したい」「評価してほしい」など目先の考えだけで転職先を選んでしまうと、結局は今と同じような職場環境になってしまう懸念があります。

会社とは長い期間付き合っていくものなので、今の状況だけで判断するのではなく、将来も見据えて選ぶことが重要です。

もし、あなたが今より自分に合った企業を選びたいと考えているなら、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントなら、担当のキャリアアドバイザーが利用者の経歴や希望条件を考慮したうえで、あなたに最適な企業を紹介してくれます。

もっと頑張っている人を評価してほしい」など自分の希望する社風を伝えれば、企業の内情を把握しているキャリアアドバイザーが、あなたにピッタリ合う業界や企業を紹介してくれるのです。

そして、応募する企業を決めたら履歴書などの書類を添削してくれたり、模擬面接など採用選考に必要な対策のサポートをしてくれたりします。

もちろん、面接での上手い言い回しや重要となるポイントなども教えてくれるので、自分1人で転職活動を行うよりも通過率が格段にアップすることは間違いありません。

また、内定後は入社後の給与や待遇、入社日のスケジュール調整などの交渉事も行ってくれるため、自分では言いにくい内容でも上手く交渉してもらえるのです。

再び合わない会社に入り転職を繰り返さないためにも、転職エージェントを利用して長いスパンで見て自分に合う会社を選ぶ方が良いでしょう。

ちなみに、これだけ充実したサービス内容にもかかわらず、大半の転職エージェントは利用料が無料です。

初めて転職を行う方も以前の転職でしっくりこなかったという方も、ぜひ一度利用してみてください。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。