新人を育てない職場、新人を育てる気がない上司にあたってしまうことが最悪な理由

会社に入社したばかりの新人は、仕事のやり方もわからなければ仕組みもわからない、知識だってないのですから最初は何もできなくて当然です。

だからこそ、職場の上司や先輩は新人にしっかり仕事を教え、育てていかなくてはなりません。

ただその当たり前ができていない職場は少なからずあるのが現実です。そしてその職場にあたってしまった人は非常に大きな悪影響を被ってしまいます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

新人は育てるのが当たり前、ただその当たり前を行わない上司や職場がある

新人をしっかり育てて一人前にする。これは会社の将来の為に重要なことです。

人事が行う教育には限界があります。基本的なビジネスマナー等の教育を行うことができても、実務に直結することはやはり各職場で行うしかありません。

そして新人として仕事についてわからない人が育つ為には、上司や先輩などの存在が必要不可欠です。

もちろんその本人のやる気や能力も影響しますが、新人という立場で孤軍奮闘してもどうしても限界があります。ですから職場として取り組んで行かなくてはなりません。

しかし、その当たり前ができていない職場は決して少なくありません。

部下に丸投げして一切の教育を放棄する上司、教えることに向いていない人に任せてしまう上司、教育計画なんて考えず雑務ばかりをさせる先輩、教育担当にならなかったら関係ないとわかっていても何もしない先輩。完全にひどい場合だとほったらかしにしてしまう人もいます。

新人を育てないことは会社にとってマイナスでしかありません。自分の職場内ですら新人が育てないと仕事の負荷が減りません。しかし、そんなことなんて気にせずに周りに押し付けたり、我関せずというスタンスを貫いたり、育てる責任を放棄する人がいるのです。

新人を育てない職場、新人を育てる気がない上司にあたるととにかく最悪

もし新人という立場で、そういった職場に入ってしまうのは本当に最悪です。

そのデメリットは、短期的なものではなく今後の会社生活に大きな悪影響を及ぼす可能性があるからです。

同期との差はどんどん開き、取り返しがつかないほど開いてしまう

教育計画を決め、それにそって仕事を教えながら経験を積ませていく。そんな職場に入ることができた人は当然成長は早いです。

しかし育てる気がない職場にいる人は、全然成長できません。

そしてその差はみるみる離されて行きます。スタートラインは一緒で、能力ややる気が一緒だったとしても環境のせいで1年も経つともはや全然違うことになるのです。

そしてそれは取返しがつかなくなってしまうことも少なくありません。

会社という組織では一度差がつき低く評価されてしまうと、高い評価だった人を逆転するのにはかなり困難となってしまうことが多いからです。

たった最初の1年、新人を育てない職場、育てる気がない上司にあたってしまったせいで、出世の道が絶たれてしまうかもしれないのです。

会社内で仕事ができないという烙印を押され、居心地が悪くなる

新人として入社して数年は同期や近い入社の人の比較されることが多いです。

そして比較され、結果だけを見て「仕事ができない人」という烙印を押されてしまいます。

育てる気がない上司だったなどの事情を考慮なんてされません。ただ結果だけを見て決めつけられてしまうのです。

そして会社での居心地は徐々に悪くなります。会社という組織では、仕事ができない人に対する周囲の扱いは厳しいのです。

何もできない、何も成長しない自分に対して悲しくなる

周りはどんどん色々な仕事を経験して、色々なことができるようになっている。

それに比べて自分はろくに経験もできず、ろくに成長もできず、かなり見劣ってしまっている。

その事実を目の当たりにした時、自分自身に対して悲しくなってしまう人は少なくないはずです。

年齢相応のスキル・経験がなく、転職するにも難しくなる

もしも3年もそういった環境で過ごすことになった場合は最悪です。

本来なら一人立ちして仕事をばりばりやっているはずが、ろくに経験できず、ろくにスキルも身についてないとなってしまうと、見切りをつけて転職しようにもそれが難しくなってしまうからです。

3年たつと転職市場では「経験」や「スキル」を重視されるようになります。いくらポテンシャルが高くても、年齢相応のものが身についていなければ良い転職ができなくなってしまうのです。

新人時代の環境は一生のキャリアに影響する

新人の時にどういった上司の下につくか、どういった職場でどういった仕事をするかは、一生のキャリアに影響します。

上司がどんな人か、職場にどんな人がいるかは自分ではコントロールすることができません。しかし、それが影響してしまうのです。

だからこそもしもそういった環境に身をおいてしまうことになった場合は、危機感を感じ、どうにかしないといけません。受け身でいつかはと期待して待っていると、取り返しがつかないことになってしまうかもしれないのです。

新人を育てない職場に入ってしまった場合

ではもしも新人を育てない職場に入ってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

まずはあなたは積極的にもっと仕事をやりたいことをアピールしなくてはなりません。そういった環境である以上、自分から仕事を取りにいかなければいつまでたっても変わらないからです。

具体的に「○○の仕事をさせて下さい」と言うのが良いでしょう。「何かありますか」と言うよりも、具体性を伴えば、その仕事をさせて貰える可能性も高くなります。

もし上司や直接指導してくれる人に言ってもどうにもならないなら、同じ職場にいる違う人に声をかけてみましょう。

我関せずというスタンスを取っている人でも、こちらから具体的なアクションをとれば何か行動に移してもらえる可能性があります。とにかくきっかけを作りましょう。

それでもだめなら転職です。そんな環境で長くい続けても明るい未来は見えません。

入社3年以内なら第二新卒として転職することができます。第二新卒の転職であれば、経験やスキルはそれほど重視されません。早いうちに、他の同年齢の人と差がつき身動きがとれなくなってしまう前に、さっさともっと自分が活躍できる環境においた方が、将来に繋がります。