転職は悩み過ぎないでまずは気楽に。深く考えると前に進めなくなる

転職を決めているのにどうしても悩んでしまうという場合、今の仕事に身が入らず、転職にも踏み切れないというどっちつかずの良くないサイクルに入る危険があります。

そうならないためにも、悩まず転職活動をするにはどうすべきかを解説します。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

転職で悩みすぎる原因とは?

転職で悩みすぎる原因とは?

これまでやってきた仕事から離れて転職をするというのは、人生において重要な転機です。

悩んでも仕方のないことですが、悩みすぎてしまう場合は、原因を分析しましょう。

自分に自信がない

転職というのはこれまでとは違った環境に身を置くことになるので、同業他社への転属でも自分に確固たる実力があると思えない限りはどうしても緊張してしまいます。

なぜ今の仕事から転職をしようと思ったかにもよりますが、あまり自分に自信が持てていない状況では、転職をしようにもやる気が起きない場合があります。

転職はこの仕事をしたいと強く思える時期や、このスキルで勝負したいと思ったときにするようにしましょう。

自分のスキルや能力を把握しきれていない

転職活動において大事なのが「自分に何ができるのか」を理解するということです。

新卒ではないので、転職先の企業が求めるのはこちらが培ってきた能力などであり、それを上手く伝えられないと転職活動が成功しない可能性があります。

自分の能力・スキルを把握しきれていないという方は、転職をしようにも二の足を踏んでしまうことがあるでしょう。

転職の目的がはっきりしない

今の仕事を辞めて別の仕事を探すにしても、転職をしてどうするのか、何が目的で転職をするのかははっきりと決めておく必要があります。

転職の目的を明確にしておかないと、動き出すきっかけを作れずに、ずるずると今の仕事を続けてしまう状況に陥る可能性もあります。

やりたい仕事なのか、年収アップが狙えるのか、休日が欲しいのか、自分で転職に求めることを明確にしておきましょう。

労働条件が悪くなる懸念がある

転職をすることを決めた場合の心配事に、労働条件が悪化するのではないのかということがあります。

これまでの仕事があまりにブラックで少しでも良い労働環境で働きたいという場合、募集要項だけで労働環境のすべてを把握することは非常に難しいものがあります。

「転職をしてもどうせ変わらないのでは」と考えてしまうと、なにをしても同じという諦めを持ってしまう上に、働く意欲も上がらなくなります。

「どうせやっても変わらない」という思考は何事においても気力を大きく下げてしまうものです。

新しい環境に飛び込む不安がある

これまでとはまるで違う環境に移ることに対して、不安な気持ちを抱くのは無理のないことです。

特に他業種への転職を決意しているという方は、これまで培った知識・スキル・常識がまるで通じなくなる業界に飛び込むことになります。

また、他業種への転職をするにしても、具体的にどの業種に転職するのか決めていない場合は、不安な感情ばかりが時間とともに膨らんでいきます。

中途採用であることはもちろん理解しなければいけないことですが、新しい同僚や仕事への興味が湧かないときに転職活動をしても上手くは行きません。

生活水準が下がる

転職をすると給料が下がる可能性はどうしてもあります。

どれくらい年収が下がるのかは転職先次第ですが、転職先でも管理職というのでない限りは、転職先の職場でも1から経験を積んでいくことになります。

年収が下がることで生活水準が下がってしまうのではという思考を持つと、転職への意欲がなくなるため、現状いくらの年収が必要なのかをはっきり決めておくといいでしょう。

転職は悩みすぎても良くない!?デメリット4つ

転職は悩みすぎても良くない!?デメリット4つ

人生における一大決心でもあるのが転職ですが、悩みすぎても良いことはありません。

悩み続けていると下記のようなデメリットが膨らんでしまうので気をつけていきましょう。

悩んでいると現職のパフォーマンスが下がるから

モチベーションというのは仕事をする上で非常に重要な動力源ですが、悩んでいたり落ち込んでいたりすると、モチベーションは低いままです。

モチベーションが低いままで仕事をすると今やっている仕事のパフォーマンスが落ち、今までしてこなかったミスにも繋がります。

そうなると、自分だけでなく周囲にも迷惑がかかり、良くない気分で退職することにもなりかねません。

転職活動をして初めて自分の市場価値が分かるから

転職について悩むことはあると思いますが、必要以上に悩んでしまうと自分の市場価値を理解する機会を逃してしまいます。

転職活動では、これまで働いてきた職場とは別の職場に移る上で「自分がどんな人間でどんなことができるのか」をアピールする必要があります。

これによって自分の市場価値は転職市場ではどういう風に見られるのかを客観的に把握することができ、自分のこれまでを再確認した上で改めてこれからのキャリア育成についても考えることができます。

転職までに時間がかかるから

転職をすることを決めたとしても、転職はすぐにできるわけじゃないことを理解しておく必要があります。

転職活動がすぐに終わる場合もありますが長引いてしまうことも十分にありえます。

悩み事や考え事をいつまでも続けていると、ただでさえ時間がかかる転職がさらに長くなってしまうのを覚えておきましょう。

時間が過ぎる

転職活動において、時間というのはとても貴重なものです。

求人の応募は常に新着が来るものですが、同時に常に募集が終了する求人もあります。

ああだこうだと迷っていると、巡り会えたかもしれない求人に応募するチャンスを逃してしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

転職活動は深く考えずに気楽に始めてみよう

転職活動は深く考えずに気楽に始めてみよう

今の職業から転職しようとすでに決めたのであれば深く考える必要はなく、とにかく行動をするのが重要です。

転職を決意した時点で今の職場への思い入れはなくなっているので、少しでも早く転職をするのが今の職場のためにもなると言えるでしょう。

転職サイトに登録

転職のしかたがわからないという方は、大半を無料で利用できる転職サイトに登録し、掲載されているさまざまな企業の求人をチェックするところから始めましょう。

地域・業種・年収などの指定ができる転職サイトもあるので、自分の希望に合った求人を広いエリアからチェックできます。

自分がこれまで働いてきた仕事とは別の職場や業種の求人を見るというのは精神面でも良い刺激になるのでおすすめです。

気になる求人にとりあえず応募

多種多様な求人に触れることから転職活動の意欲が湧いてきたという方は、気になった求人にとりあえず応募してみましょう。

求人に応募をして面接などを受けることを恐れる必要はありません。

自分の市場価値を確認したり、転職活動の場数を踏んだりするためのものだと考える事が大切です。

そして、気になる企業に応募をすることで、その企業がどのようなものなのかを体感的に掴むことが可能となります。

新着求人はチェックする

転職活動で重要なのは1つの求人ばかりに集中しすぎないということです。

求人というのは常に更新されるので、新しく来た求人も残さずチェックすることで、自分に合った求人というのがどれだけあるのかを把握できます。

新着求人を常に確認することによって、目当ての求人の面接に落ちたショックも忘れやすくなります。

自分の能力やスキルを洗い出す

転職活動を成功させるためには「能力・スキルの再把握」が非常に重要ということは解説しましたが、自覚していない能力・スキルも多く持っている可能性があります。

転職先の企業はこちらのことをまったく知らないので、転職活動の成功には自分のこれまでの経緯を1から思い出して詳細に分析し、いつでも自己紹介できるようにしておくことが必要です。

また、その過程で自覚していなかった新たな可能性も発見できることがあるので、自分の能力やスキルを改めて確認することは非常に重要です。

転職先に妥協はしない

転職活動では後悔を残さないようにしましょう。

最初から妥協をしていると、「どうせ〇〇な職場に転職する」といったやる気のなさに繋がってしまいます。

また、求人選択で妥協をすると、転職をする際の不安が大きくなり、精神が不安定になる危険があります。

転職に失敗したっていいと考える

人生における一大転機が転職ですが、かといって転職に人生全てを賭けるほど意気込む必要はありません。

あくまで長い人生においての大きめのイベントというだけのことですので「ダメで元々」「失敗してもいいじゃん」というような気持ちで転職活動に臨んでみてください。

面接に落ちても引きずり過ぎることなく、トライ・アンド・エラーを続けましょう

交渉は絶対にする

重要な要素なのに求人情報に載っていないといったケースもあります。

その場合は面接にて担当官に忘れずに質問し、残業・福祉・業務内容などの自分が転職先に求めている重要な要素を確認することが重要です。

また、転職において年収が下がるという事態をできるだけ防ぎたい場合は、面接などで給与交渉を忘れずに行いましょう

転職先で「こんなはずではなかった」という気持ちにならないためにも、転職においての交渉は徹底的に行う必要があります。

転職することをオープンにする

今の仕事を辞めるとなると、生活環境が大きく変わって収入も減る可能性があることために、周囲に隠したいという気持ちが生まれるものです。

しかし、転職活動というのは周りの目から隠れて行うには難しいものです。

まだ転職の意志をカミングアウトしていないという方は、周りに転職の意志を告げておくとスッキリした気持ちで転職することができます。

転職に悩みすぎるなら相談しながら進めてみよう

転職に悩みすぎるなら相談しながら進めてみよう

あまりに転職に悩むという方は、相談をしてみましょう。

家族や友人に相談する

転職に悩みすぎているという方は精神が不安定になってしまう心配があります。

そんな時、家族や友人の声を聞くと非常に心が落ち着きますし、親しい人からのこちらを理解した上でのアドバイスはとても参考になります。

友人や家族に転職の先輩がいれば、実用性の高い体験談やアドバイスをもらえることも見込めます。

加えて、転職活動を現職に就いたまま行うのであれば、仕事をしながらの求人への応募と面接をこなすことになり、心身への疲労は凄いことになります。

そんな場合はやはり家族や友人の支えがあると、力が湧いてくるものです。

転職エージェントを活用する

自力で転職活動をするというのは何処から手を付ければいいかわかりにくいものです。

そこで、無料で登録できる転職エージェントを利用するのが有効な手段になります。

転職エージェントはキャリアカウンセリングによって、こちらの希望する職種や将来の展望について詳細に話し合うことができます。

職務経歴書・履歴書の作成も面倒に思ったりしがちですが、キャリアカウンセリングによってこちらのキャリア・スキルを詳細に聞き出してくれるので、スムーズにまとめてくれます。

希望の年収・勤務先・残業代の有無から福祉についてまで事細かに要望をすることが可能です。

加えて、こちらの希望する条件に少しでも沿うように企業と交渉してくれて、面接までの日取りも向こうで交渉してくれます

自分に悩みがあったままでは、伝え方にブレがあったり、自信のなさが声や表情に出たりと転職成功が遠ざかります。

あまりに悩みすぎるのであれば、職場の先輩・上司・同僚にも相談して、現職を辞めるまでの心強い味方を作っておくのもいいでしょう。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)