転職のことを家族に伝えにくい…反対されることが不安で何も言わないのはやめよう

転職をするというのは自分にとってもそうそう忘れられない出来事ですが、身の回りの人たちにとっても大きな出来事となるでしょう。

転職をすることを決めたはいいけれど、周囲にどう伝えればいいのかと悩むこともあるでしょう。

そこでここでは「転職をすることにしたけれども家族にどう伝えれば良いのか?」について解説します。

転職で家族への伝え方に悩む方は多い。その理由とは?

転職で家族への伝え方に悩む方は多い。その理由とは?

家族に転職することを伝えるのに悩んでいるという方は、以下のような理由が考えられます。

 反対される可能性があるから

家族に転職のことを伝えるのか迷うのは「強く反対される」ということを恐れているのが大きな理由として考えられます。

これから転職をする、すでに転職をしたのどちらでもあっても、家族に自分の生活環境が激変したことを伝えるのは勇気が必要です。

向こうの反応次第では、絶縁されてしまう結果というのも考えられるので、家族に転職を伝えるのを怖く思うのは自然なことです。

転職により住まいが変わる、給料が今と違ってくるという場合は、特に理解を得るのが難しいかもと悩んでしまうことでしょう。

心配をかけたくないから

また、家族に転職のことを伝えるのに躊躇するのは、反対されるのが嫌なだけではなく、心配をかけてしまうのが怖いということもあります。

転職というのはまるで違う環境で仕事をし、これまでのキャリア・スキルが通用しないかも知れない場所に行くということです。

これから先がどうなるのか予想がしにくいので、家族が心配するのは仕方のないことと言えるでしょう。

生活が大きく変わるかもしれないから

一緒に生活するのが家族である以上、転職で環境や将来が大きく変わるのは自分だけではありません。

収入を頼っている相手が仕事を変えるとなると、生活の見直しが必要になることもあり、場合によっては引っ越しも検討しないといけません。

子供がいる場合は子供の進路をどうするかという重要な問題が出てきます。

自分の転職で家族にストレスを与えるかもしれないと思うと、伝えにくさが出てくるでしょう。

事後報告で転職したことを家族に伝えるとどうなる

事後報告で転職したことを家族に伝えるとどうなる

「家族に転職を伝えるのが怖い」という方は、家族に事後報告をするという手があります。

影で転職活動をしていると不自然さが強いので自然と家族にバレることもありますが、そのまま転職を達成した場合は家族にとっては完全に初耳な状態になります。

ただこの場合は下記のようなデメリットも出てくるので覚悟は必要でしょう。

家族の信頼を失う

転職が事後報告である場合、まず重要なのが家族に「自分たちに内緒でそんな重大な決断をしていた」と判断されることです。

家族からの信用を多少なりとも無くしてしまう危険があり、「どうして何も話してくれなかった」と怒られることもありえます。

何も話さないままでの転職は、相手にとってみると信用されていないような気分になることは覚悟しましょう。

旧職に戻れと言われる

生活環境が激変するような転職は、家族にとっても大きな衝撃です。

妻や子供、同居人にとっては自分・家族の生活環境そのものが根底からひっくり返ることも考えられるので「なんとしてでも元の職場に戻って欲しい」といった理由で反対することが考えられます。

これは「そう言っている本人も、無理なのはわかっている」というケースがあることを覚えておく必要があります。

事前に転職することを伝えても、事後に転職することを伝えても、どちらにせよ反対されるかもしれないのが転職というものなのを覚悟しましょう。

報告の必要性事態が薄いケースもある

ひっそりと転職を進めていても一切怒られず、報告をする必要があまりないシチュエーションも存在します。

自分と家族の関係があまり良好とは言えず、普段から会話がまったくない家庭にいるという方は、こっそり転職をしてもバレるリスクは非常に低いと言えるでしょう。

この場合には、無理に転職のことを報告すると関係が修復不可能なレベルにこじれてしまう危険があるので、沈黙を維持するというのも有用な作戦です。

たとえ転職が成功しても、蟠りが残るリスクを消せないのが転職の事後報告ということになります。

転職を家族に伝えた方が良い理由4つ

転職を家族に伝えた方が良い理由4つ

現職を辞めて転職する意志を決めたのであれば、家族に伝えるのが結果的には一番良いです。

スッキリする

家族に隠し事をしておくというのは大変なものですし、強い罪悪感を抱えることになります。

転職という重要なことを隠したまま、家族と日常を過ごすのは相手の顔を満足に見られなくなる危険があるのを覚えておきましょう。

家族に転職の意志を伝えれば、どんな結果になっても転職だけを考えれば良い状況になります。

家族の絆が深まる

仕事を辞めるかどうかというのはこれからの人生にも今の生活にも大きく関わる重大なイベントです。

家族としても、そのような大事なことは知っておきたいのがほとんどですので、大事なことはきちんと相談してもらって一緒に悩みたいものです。

また、転職についての相談や一緒にどこに転職するのかを悩むかによって、家族との絆がより深まることもできます。

後々バレてトラブルになるのを防げる

家族には家族の人生があり、こちらが今の仕事を続けるという前提で生活の見通しを立てています。

しかし、家族に内緒にした上で転職をしていると、生活環境や収入が激変することで家族の生活プランも大幅修正が余儀なくされる危険があります。

事前に「転職をするから色々と大きく変化するかも知れない」と家族に告げておくだけで、家族の心構えも大きく変えることができます。

サポートしてもらえる

「家族に転職のことを告げるかどうかで胃が痛い」という悩みは仕方のないものですが、忘れてはいけないのが家族は必ずしも悪者になるわけではありません

一緒に生活をしていくパートナーである家族は、転職に対して強く動揺してしまうことが考えられますが、それが終わったあとはこちらの転職活動をサポートしてくれる可能性が高いです。

現職を辞める理由をきちんと伝えておき、こちらの意志をわかってもらえるように辛抱強く接することで、家族はとても心強い転職活動の味方になります。

より強い覚悟が生まれる 

転職を決めた上で立ちはだかる次のハードルが「実際に転職活動をする」というものです。

転職活動は自分の市場価値をダイレクトに把握せざるを得なくなるものであり、新しい環境に移るという覚悟も決めないといけません。

家族に転職をすることをきちんと伝えることで、自分は絶対に転職をするのだという覚悟を決めることができます。

転職は家族への伝え方が大切

転職は家族への伝え方が大切

家族に転職の意志を伝えても反対されたり関係が壊れたりしないようにするにはどのようにすれば良いのかも紹介します。

将来のビジョンに触れる

家族が気になるのは「転職をしてこれからどうするのか」ということです。

そのため、転職をする意志を告げる時には忘れずに「転職をしてこれからどうするのか」を付け加えましょう。

家族に「人生について何も考えていない」と判断されるのは非常によくないことですので、人生プランを詳細に伝えましょう。

収入面について話す

転職によって収入が大幅に変動することによる不安は、人生そのものに関わる非常に重要なものです。

家族の生活そのものの根幹に関わるため、収入が転職によってどうなるのかをきちんと話しましょう。

場合によっては家族も働いたり、副業をする必要が出たりすることも考えられますので「収入が上がる」・「収入が下がる」・「収入が一旦下がるけど元に戻る」のどれでも必ず収入面はハッキリさせましょう。

丁寧に分かりやすく伝える

家族に仕事関係の話、特に転職関係は非情に言いにくいものですが、だからといって雑な説明をしてしまうのも厳禁です。

しっかりとハッキリゆっくり丁寧に「どうして転職をするのか」「転職をしたらどうなるのか」「転職をしてどうするのか」を事細かく伝えましょう。

一回の説明では理解できない可能性が十分にあるので、家族が納得してくれるまで何度でも説明しましょう。

決定事項ではなく相談という感覚で話す

何事においても、急に人生の一大事を告げられると、動揺してしまい冷静ではいられないものです。

いきなり「転職をすると決めたし絶対にそれは変わらない」ということを告げるのでは、あまりに急過ぎるといえます。

そこで、決定事項になってから告げるのではなく、まずは相談という形で話をしましょう。

「転職を考えているのだけれどもどう思う?」などの形で相談してから段階を追って転職をする意志を伝えるだけでも相手の受け取り方は大きく違うものになります。

普段から家族の負担を引き受ける

転職の意志をきちんと受け入れてもらえるには伝え方もですが日頃の行いも極めて大切です。

家族が大変そうなことにはなるべく寄り添うようにし、できるだけ手伝うようにすることで家族にも「この人は自分のことを受け入れようとしている」と評価されるのが重要です。

そういう評価を事前に勝ち取っておくと、転職する意志を伝えた場合にも「今度はこちらが支えよう」と家族に思われやすくなります。

転職の伝え方を工夫しても反対された時の対処法3つ

転職の伝え方を工夫しても反対された時の対処法3つ

どれだけ対策を立てていても、転職のことを伝えて猛反対されるということはありますので、その場合の対処法も身につけましょう。

家族の気持ちを全て吐き出させる

落ち着いて話を話しを聞いてもらうには相手の動揺が鎮まるのを待つ必要があります

転職の意志を告げてもこちらの話を聞いてもらえない状態である場合、相手の言いたいことを一通り言わせて、なにを言われてもじっと耐えましょう。

変に反論をすると泥沼にハマってしまう危険があるので、まずは相手の言いたいことをありったけ吐き出してもらいましょう。

冷却期間を置く

相手との関係がそう簡単には修復できなくなった場合は、思い切ってしばらく別々に暮らすという手段もあります。

距離を置くことで相手にも冷静に考える時間が発生し、自分の中の怒りを消化できる可能性があります。

じっくりと時間を置いてから、改めて転職について話し合うことで、お互いの気持ちに余裕が生まれます

自分の気持ちを冷静に伝える

相手がこちらの話を聞くことができる状態になったら、今度は自分の気持を少しずつ冷静に伝えましょう。

ここで絶対にやってはいけないことが、相手の言葉に怒って反論してしまうことです。

感情の押し付け合いになると、お互いの感情を理解して受け入れるのが非情に難しく、遠くなってしまいます。

相手に何を言われようとも、絶対に怒らないようにして、冷静な対話を心がけるようにしましょう。

こちらが誠意を見せることで、相手も「転職の事実を受け入れて応援しよう」と考えやすくなります。

転職に家族のサポートもあるとかなり楽になる

転職に家族のサポートもあるとかなり楽になる

転職というのはこれからの人生に大きく関わる一大事です。

そんな転職活動には家族のサポートがあった方が、心身の負担を軽くすることができます

働きながらの転職活動をする場合は、現職の業務内容をこなしながら時間の合間に求人応募をして面接を受けて合否の結果を待つことになります。

肉体的にも精神的にも疲労しきった状態では、家族の支えが大きな助けになります。

事前に転職の意志を家族に伝え、理解を得ておいた方が転職活動がスムーズに進む可能性は高くなるのを覚えておきましょう。

もしも家族の理解を得られない場合や、家族には絶対に転職のことを隠さないと行けない場合は、家族に隠れながらの転職活動になるため、難易度と負担が上昇します。

転職エージェントに登録

その場合は、無料で登録できる転職エージェントを利用をするのが有効です。

転職エージェントはキャリアについてを始めとした様々な相談に乗ってもらうことができます。

作るのが難しく、時間もかかる職務経歴書・履歴書の作成をエージェントが行ってくれますし、転職エージェントがこちらに適した求人を紹介し、給与の交渉などや面接の日程も担当してくれます。

転職エージェント独占求人もあるなど、家族のサポートを得られる方でも心強い存在になるのが転職エージェントなので、気軽に登録するのがおすすめです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)