プロパー社員、生え抜き社員とは?中途入社は出世で差別される?

よくプロパー社員や生え抜き社員という言葉を使う会社も少なくありません。

ただ、会社によって使われ方が若干違っています。

そこで、今回はプロパー社員、生え抜き社員の意味や出世における差別について紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

プロパー社員、生え抜き社員とは

会社生活で聞くプロパー社員や派遣社員、たたき上げ社員、まずは意味や使われ方から確認していきましょう。

プロパー社員

プロパー社員の使われ方は会社によって若干違います。

プロパーとは英語で「本来の」「元々の」という意味があります。

プロパー社員とは本来の社員ということで、ようするに「正社員」に対して使われることが最も多いです。

場合によっては、プロパー社員を直接雇用している人として、契約社員に対しても使用する場合があります。

会社内には様々な人がいると思います。

派遣会社に雇用されている派遣社員や、関連会社などの社員で、仕事の関係でその会社で働いている出向社員、仕事を請け負っている会社に雇用されている請負社員など。

プロパーはこういったその会社に直接雇用されていない社員と区別する為に使われることが多いです。

少ない使われ方ですが、プロパー社員を中途入社ではなく、新卒で入社した社員にのみ使う場合もあります。

生え抜き社員

生え抜き社員とは、新卒で入社してずっといる社員のことで、中途採用で途中入社した社員は生え抜き社員ではありません。

そのため、中途採用の人に比べると、その会社で良い意味でも悪い意味でも染まっていることが多い傾向があり、会社特有の仕事のやり方をしっかり身に着けてる一方で、その会社しか経験していないため、視野が狭くなりがちです。

たたき上げ社員

一方でたたき上げ社員は「生え抜き社員」と称される人よりも昇進している場合が多いようで、一つの職場で平社員からトップやそれに準じた立場まで上り詰めた人のことを指します。

そのため、社長の息子が入社して先代にその座を譲られた場合や、役職が確定したうえで転職してきた場合はたたき上げ社員には該当しません。

出世は生え抜き社員が有利?中途入社は差別される?

生え抜き社員がその会社に長くいる分、その会社特有の仕事の進め方に慣れている一方、中途採用者は、スキルや経験重視で入社していることが多く、高いスキルを身に着けている場合があります。

どちらのほうが仕事ができるということはなく、生え抜き社員でも優秀な人もいればだめ社員もいますし、中途採用者でも必ずしも優秀な人であるとは限りません。

しかし、仕事ができるからといって出世ができるというわけではないのがサラリーマンの辛いところ。

よく言われるのが、中途採用者は生え抜き社員に比べて出世に関しては差別されるということ。

その実態はどうなっているのでしょうか。

大手企業大企業は生え抜き社員が有利になることが多い

会社によって、生え抜き社員と中途採用者の出世に対する考え方は異なります。

中には全く関係ないという会社も多いでしょう。

しかし、やはり日系大手企業の場合は生え抜き社員が有利になる場合のほうが多いです。

そのため、これらの会社だと中途と新卒で給料テーブルは同じであるが役職への昇進スピードが違くなります。

ベンチャー企業・外資系企業外資系企業は中途採用者も出世しやすい

大企業は生え抜き社員が有利になることが多い傾向がありますが、企業規模や特徴によっては中途採用者でも出世しやすいところもあります。

例えば新興系のベンチャーや外資系企業の場合、中途か新卒かで処遇に差がつけられることはありません。

むしろこれらの企業の場合、中途採用者は他社を経験している分、比較の材料を持っていたり、その会社にはない新しい考え方を持っている場合があるため、あえて中途採用者を一定の割合で出世させることもあります。

また、単純に能力の高さで評価する中で、高いスキルをもち優秀な人材のみを採用している中途採用者の方が出世が早くなる場合があります。

実態は口コミでチェックが必要

今回は企業の枠組みで大まかに、中途社員が優遇されるのか否かについて解説してきましたが、反例はもちろんあります。

そのため、転職を検討する際はOpenworkなどの口コミアプリで中途社員がどのような扱いを受けているのか、という点について十分リサーチしましょう。

生え抜き社員やプロパー社員が出世に有利すぎることで起きる弊害

実際に生え抜き社員が出世に有利すぎると実際にどのような弊害が起きるのでしょうか。

中途社員の士気低下

中途社員の士気低下が問題になるケースが多いです。

これらの企業の場合、実際に多くの数字を獲得している人は中途社員です。

しかし、中途社員ではなく新卒社員が出世しているため、中途社員の士気は低下し早期離脱者も多くなります。

バックグランドによる対立

中途社員か新卒社員かで処遇がひどすぎるとそこで対立が起こる可能性もあります。

対立が起こった場合、仕事が円滑にいかなかったり職場内の雰囲気が悪くなり、「新卒の仕事ができない課長」と中途社員から噂されたりすることもあるでしょう。

競争力の低下

新卒のみ出世している企業では、基本的に役員クラスまで新卒社員のみで構成されている傾向があります。

そのため、他社の状況を知らないケースが多く競争力の低下を招く危険性が高いです。

実際に日立製作所では長年役員は新卒社員で構成されていましたが、現在では競争力を向上させるために中途社員も積極的に受け入れて、多様なバックグラウンドを持つ人材を確保しようとしています。

使えない生え抜き社員やプロパー社員が職場にいるデメリット

次に使えない社員が職場にいるデメリットについて見ていきましょう。

一人当たりの業務量が増える

当たり前ですが、使えない生え抜き社員がいる場合一人当たりの業務量が増えます。

なぜなら、そのような社員がいる場合その人に任せることのできない仕事がすべて他の人に回ってくるためです。

そのため、こういった職場の場合不満は多いでしょう。

その人が原因となり部署内で問題が多発する

使えない社員が出世している場合はその人のマネジメント不足が起因して、部下は問題の対処に追われるケースもあります。

例えば、使えない社員が研修担当であった場合、部下の人は大切な部分を教えられていなかったりすることからその部下も問題を引き起こしたりすることもあるでしょう。

また、上司が客先で引き起こした問題などについても他の社員が対処していく必要があるため、使えない生え抜きやプロパー社員がいる場合は問題の対処に追われる可能性が極めて高いです。

出世できないから転職しないは間違い

結局のところ、出世できるかどうかは、会社にもよるし、その人の能力にもよります。

出世欲がないなら転職はしなくてもよいでしょう。

ただ、出世欲があるのにプロパー差別に悩まされている人や、生え抜き社員やプロパー社員が幅を利かせて悩んでいる人は転職について考えるのもアリだと思います。

転職エージェントは相談しても親身になって聞いてくれる人が多いため非常におすすめです。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)