転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

在職しながら転職活動をする場合、あらかじめ退職日と入社日を決めておく必要があります。

内定時にはもちろん決めなくてはいけませんが、選考が進んだ場合には面接で入社可能日を聞かれることがあります。

では入社日および退職日はどのように決めればいいでしょうか。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

今の会社の退職日、転職先の入社日はどう決める?

退職日、入社日はあらかじめ決めておかなければ、面接時にあたふたしてしまったり、内定をもらった後にばたばたしてしまう可能性があります。

転職活動をはじめる時点で、決めておかなくてはなりません。

転職前にチェック。退職日を決める為に考えておくこと。

まず行わなくてはいけないのが、今の会社で退職までどれほどの期間が必要になるかです。

退職を伝えるてから退職まで必要な日数は?

退職を会社に伝えてから、退職までの期間は就業規則にのっています。

基本的には1ヶ月前に伝えることが必要であることが多いです。

労働基準法では、14日前までに伝えればよいとされており、就業規則が1ヶ月前とされていても優先されるのは労働基準法です。

ただ、法律上で決められているからといって就業規則に反すると、かなりの批判を受けることになり、円満退職することができなくなってしまいます。

退職すれば関係なくなるとはいえ、できれば問題なく退職できることがベストです。

有給休暇取得をどうするか

多くの人は有給休暇がかなりの日数残った状態で退職を迎えることになります。

できれば退職日を伸ばして、1ヶ月の引継ぎ期間、2ヶ月の有給休暇という形にしたいですが、内定後の合計3ヶ月を転職先に待ってもらうことは難しいです。

そのため、全ての有給休暇を消化することは厳しいでしょう。

ただ、退職直前の5日間程度ならとることは可能でしょう。

就業規則で1ヶ月となっている場合、その1ヶ月内で有給休暇をとることはなんら問題ありません。

引継ぎをスムーズに行い、休むことができる体制を作りましょう。

ボーナスはどうする?

できればボーナスを貰ってから退職したいと思うのも当然です。

ただ、転職活動ではいつ内定を貰うことができるかわからない為、うまくタイミングをあわせることができません。

ですから、1度のボーナスをあきらめることも必要になります。

ただ、1度のボーナスが貰えなくても、その分早く転職先の会社に入社すると、ボーナス査定期間の在職期間が長くなる為、ボーナスを貰ってから入社するよりも多少は多くなるでしょう。

面接時に入社可能日を聞かれたら

面接では、入社可能日を聞かれることもあります。

その時は、内定いただいてから1ヶ月後と答えるのがいいでしょう。

それ以上の場合では不利になることも考えられるためです。

中途採用ではすぐに働き始めてほしいことが多いため、同じレベルの人であれば、入社可能日が早い人のほうが有利です。

かといって、在職中にも関わらずすぐに入社可能と答えてしまうと、ビジネスマナー面を疑われてしまう為、1ヶ月が適度とされています。

ただ、就業規則上では2ヶ月であるとか、その他特別な事情があるのであれば、そのことを伝え、可能なかぎり早く入社できるようにしますと答えることが無難です。

内定後に正式に入社日を決める

内定を貰った場合、正式に入社日を決めることになります。

もし、面接で入社可能日を伝えていないのであれば、有給休暇取得等も含めて、少し多めの日数を伝えてもいいでしょう。

場合によっては、2ヶ月後でも可能となり、1ヶ月の休みをとることができる場合もあります。

ただできるだけ早く入社してほしいと言われることも多いので、その時にはできるだけ従ったほうがいいです。

もし、退職日と入社日の折り合いがつかない場合、大切にすべきは入社日です。

とは言え入社日に関しては内定後に多少調整することは可能です。リクルートエージェントといった転職エージェントを利用していれば、エージェントが代理で交渉もしてくれます。

できるだけ円満退職、でも大切なのは将来

退職日と入社日の折り合いがつかない場合、円満退職を諦める必要があるかもしれません。

これから働くのは転職先の会社です。

転職前の会社の印象が悪くなっても大きな問題はありませんが、転職先の会社の印象が悪くなることだけは避けたほうがいいです。

もちろん円満退職することがベストですが、どちらが大切なのかは明らかです。

過去ではなく将来を大切にしましょう。

ただ、正直にその状況を話せば、普通の会社、普通の上司であれば納得してもらえるはずですので、そこまでの心配はいりません。

目先の利益にこだわらないこと

いつ退職して、いつ転職するのがいいか。

有給休暇やボーナスを考えたら今は転職できない。

そういったことを考えていては、いつまでたっても転職することができません。

有給休暇やボーナスはあくまで目先の利益。

将来を考えたら、大切なものはそこではありません。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。