契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

契約社員として働く以上、当然そのリスクは知っておく必要があります。

そのリスクとして今回紹介するのはクビ、雇い止めの実態です。

自分はそれなりにちゃんと仕事もしているし、人間関係も悪くはないから心配ないだろうなんて思っていても、それは突然襲い掛かってくるかもしれません。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

まずクビになるのは契約社員

残念なことに、会社の経営状態が悪くなったり、体制が変わったりした時に真っ先にクビをきられるの契約社員や派遣社員といった有期雇用労働者です。

正社員として雇用している場合、会社側は相当な理由がない限りクビにすることはできません。多少仕事ができないだとか、体制が変わっただとか、会社の経営が下向きになって人が余ってきたなんてことで解雇すると、それは不当解雇となってしまいます。

実はこれは契約社員などの有期雇用労働者も同様であり、そういった理由で解雇することは基本的にできません。

しかし、会社には有期雇用者を雇い止めをするという方法があります。

派遣社員や契約社員として雇用される際、契約期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月といったようにあからじめ決められます。そしてその契約を更新していくことで長期間働いていくことになります。

もし何らかの辞めてもらいたい理由が発生した時、会社は解雇するのではなく、単に次の契約を結ばないという選択によって雇用関係を打ち切ることが可能になるのです。

そもそも、企業が有期労働者を雇用する大きな理由は需要の変動に対応するためです。当然需要が減ったら働くことができなくなるのは当然のことと言えば当然のことなのです。

雇い止めは合法か

契約社員に対して、会社側が契約更新をせずに辞めさせる雇い止めですが、労働者にとってはかなりデメリットも多く生活にも直接影響を及ぼす為、厚生労働省が雇い止めに関する基準を決めています。

その基準というのは、

  • 契約時に更新の有無を載せる
  • 更新の判断基準を明示する
  • 雇い止めする場合は30日前までに予告する(3回以上更新されている場合、もしくは1年以上継続して雇用されている場合のみ)
  • 雇い止めの理由を明示する
  • 労働期間の配慮(必要以上に短い期間を定めるようなことはしない)

といったものです。

これを満たしていなければ、雇い止めが不当であると対抗することができます。

しかし、逆を言えば会社がこういった基準をしっかり守っている限りは雇い止めすることは何ら問題ないことになります。

実際は上記のこと以外にも労働者が更新に対して期待を抱くような状況にあるかなども影響する為、判断としては難しい部分がありますが、たいていは争うこともできずに仕方がなく受け入れざるをえない場合が多いです。

いつまでも今の生活は続かない

1年くらい働いていると、ついいつまでもこの生活が続くのではないかという錯覚に陥ってしまいます。

しかし、今回紹介したように、突然雇い止めにある可能性もあることを忘れてはいけません。

運よく契約社員から無期雇用の正社員に登用されればいいのですが、そうでなければいつか職を失う日がきて、再度転職活動をしなくてはいけなくなります。

長く働きたいなら早めに正社員を目指そう

契約社員から正社員に登用される可能性は著しく低いのが実態です。

最初の求人には正社員登用有りなんてうたっていても、それは名ばかりの制度で実際は正社員になんかするつもりがないという会社もよくあります。

また、もし実際に正社員登用した実績がある会社であっても、相当成果をだしたり、運が良くなければ、正社員にはなれません。

淡い期待をしたり、とりあえず今は仕事があるからと安心していると、徐々に歳をとり、契約社員の仕事すら見つかりにくくなります。

ですから、今の状況に甘えず、いつかはなんていう風に先延ばしせず、早めに正社員を目指して転職活動を始めてください。

転職活動では転職サイト、転職エージェントは上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?



このページの先頭へ